看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較-

初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較-

初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較-

看護師の転職を成功させるためには、いくつかポイントがあります。これを見ているということは、今より良い職場を見つけたいということだと思いますので、転職を成功させるためにも、まずは成功の秘訣を知っておいて下さい。

まず、良い求人を見つけるためにも、自分が転職をしたい動機について明確にしておくことが大切です。

例えば、

・スキルアップ、キャリアアップしたい
・給料を上げたい
・人間関係の良好な職場を探したい
・時間外労働(残業)や夜勤をなくしたい
・子育て中のママさん歓迎の職場を探したい

など、一般的な例で言うとこんなところでしょうか。転職したい理由を明確にして、転職をしてどんなところで働きたいか、おおよそのビジョンを描いておくことが大切です。このビジョンがはっきりしていないと、結局どんな求人を探したらよいのかわからず、そうなると転職を成功させるのは難しくなってしまいます。
逆に、目的がはっきりしていればその望みが叶いそうな求人が見つかるまでじっくり探すことができるので、転職活動の効率が一気に上がるでしょう。

では、本題の看護師転職・求人の成功の秘訣になりますが、重要になるポイントは「情報収集と情報の見極め」です。単純なことですが、初めて転職するという人に一番に意識してほしいのはこの部分です。現役看護師であれば忙しいと思いますので、転職活動の時間をとるのもなかなか難しいという人もいるでしょう。そのせいか、情報収集よりもスピードを優先させるという人が多いいます。たしかに、スピードも大切です。ただ、情報収集の大切さと比較すると、転職を「成功」させたいのであれば、圧倒的に情報が大切となるのです。

それでは、「情報収集と情報の見極め」という成功の秘訣を、もう少し噛み砕いて説明していきます。

まず求人情報の見方について説明します。情報収集するうえで前提となる求人情報ですが、言葉の裏に隠された情報を拾っていくことが大切です。
最初に給与についてですが、給与欄には、「月給〇万円」という表記がされていることが多いですが、月給は基本的に「基本給」+「各種手当」という計算で書かれています。つまり、月給は基本給のことを指しているわけではないことを覚えておきましょう。手当が含まれているということは、記載の月給から手当の分を引かないと、賞与の額が計算できません。賞与の額を知るためにも、基本給を知っておく必要があるのです。これは求人票を見ただけではわからないので注意しましょう。また、賞与がない病院というのも中にはありますので、面接前、もしくは面接の際にしっかり確認しておくことがとても大切なのです。

次に、総合病院などで夜勤があり、シフト勤務の場合にチェックしておきたいのは、「各勤務時間帯が重なっているかどうか」です。30分くらい重なっている場合には、その時間が「申し送りの時間」にあたります。もし、勤務時間帯が重なっていない場合は、勤務終了後に申し送りの時間があることもあります。
その際、申し送りの時間は残業がつかない病院もありますので注意が必要です。ここも、今自分が働いている病院で当たり前のことが、転職先では当たり前ではない可能性もあるので、気になる場合は事前に確認をとっておくといいでしょう。

次は休日についてです。休日について何も書かれていない求人票はありえないので、基本的には「完全週休2日制」とか「週休2日制」と書かれていると思います。「完全週休2日制」は、「毎週必ず2日のお休みがあること」を指します。一方、「週休2日制」は、「週に2回のお休みがある週が、1ヶ月に1回以上あること」を指します。つまり、「週休2日制」は「月5日以上のお休み」しか保証されていません。給与が高いと思ったら、実は単に休みが少ないだけだったというパターンもあるのでしっかりチェックしましょう。また、「4週8休」などの表現を使っている病院もあります。「4週8休」は、一見「完全週休2日」と同じに思えますが、「4週間のトータルで8日休めます」という意味なんです。つまり、週の休みが1日のこともあれば、2日や3日の週もあります。その場合、不定期なお休みになるということなのでここもチェックすべきポイントです。単純に休みの記載を比較するのであれば完全週休2日制が一番いいわけですが、週の休みだけで比較するのではなく、「年間休日数」が書いてある場合、その日数で比較することを一番にオススメします。

最後に、病院の求人票には、「アピールポイント」や「特徴」が文章で記載されている場合があります。病院側も、他の病院に良い人材をとられないようにするため、大抵の場合良い情報が書いてあるわけですが、その点についても突っ込んで情報を読み取っていく必要があります。

例えば、「働くママさん歓迎」とか「ワーキングマザーが働きやすい職場です」と書いてある場合、それが本当なのか、というのをしっかり読み取っていきましょう。母親を応援するような文言がある場合なら、実際に母親として働いている看護師がどれくらいいるのか、託児所はあるのか、などを確認しておくと安心できます。「プライベートも充実」とか「残業が少ない」、と書いてある場合は、実際月の残業時間の平均はどれくらいなのか、しっかり聞いておく必要があります。面接前、もしくは面接時に確認しておかないと、実際に働いてみたら書かれているほどではなかった、という失敗をしてしまう可能性があります。

上記のように、求人の見方を知って、求人は「正しい情報」で比較していくようにしましょう。

次に、転職先の病院の特徴について知っておくことがとても大切です。転職しようと思っている病院についての知識はあって損することはありません。具体的には、「救急指定の病院なのか」、「病床数と看護師の数」、「診療科目」、「教育体制」、「看護理念」、「福利厚生」などの点です。これらの情報は、ホームページなどで公開していることもありますし、問い合わせることで面接する前であっても、教えてもらえます。
救急指定の病院かどうかわかれば、夜勤が忙しいかどうかわかりますし、病床数と看護師の数を見れば看護師一人あたりの仕事量も予想がつきます。診療科目がわかれば自分の興味のある科目を希望できますし、教育体制が整っていれば将来性のある病院だと言えますよね。看護理念を知っておけばモチベーションアップ、そして面接時の対策になりますし、福利厚生を知ればその職場の働きやすさがわかります。

このように、病院の特徴、情報を知ることで、転職時の参考になるのはもちろん、他の病院との比較もしやすいです。求人の情報、病院の情報の両面が、転職を成功させるための秘訣なので、情報を見極めて、正しい選択に役立てて下さい。
また、この情報をたくさん得るためにオススメなのが、「看護師専門の転職・求人サイト」を利用することです。当サイトでも紹介している看護師専門の転職・求人サイトでは、アドバイザーと呼ばれるスタッフが、非公開求人を紹介してくれたり、自分の代わりに病院側に問い合わせたりしてくれます。普通の転職活動では得ることのできない情報を知ることができるので、転職活動において大いに役に立つことでしょう。

現役看護師からの転職・求人アドバイス

ここらは、実際に転職活動をし、転職に成功した私からの転職に関するアドバイスをお伝えしていきます。

私は、看護学校を卒業してからずっと同じ病院で働いていました。3年間働いてそれなりに実力もついてきたなと感じた頃、もう少し条件の良い病院への転職を考え始めたのです。とはいえ、条件の良い転職先を見つけて、合格して転職を決めてから退職を決めたかったので、働きながら少しずつ転職活動をしていこうと思っていました。ですが、就職したときは学校の求人からでしたし、転職活動をしたことがなかったので、どういうふうに探していけばいいかわかりませんでした。

そこで、まずは普通の求人誌と求人サイトで病院を探してみることにしました。病院の求人は思っていたよりもたくさんありましたが、どれも条件がバラバラでしたし、どの病院が良い求人で、どの病院が悪い病院なのかという判断ができなかったのです。

それでも、しばらくの間はいろいろなサイトをまわったりして求人票を見ていたのですが、正直決められる状況になかったのが本音です。そんなとき、転職支援サービスを受けられる看護師専門の転職・求人サイトを見つけました。それがどんなものかはよくわかっていなかったのですが、とりあえず登録だけでもしておこうと思い、登録してみました。

さっそくそのサイトで転職活動を始めたところ、転職支援サービスがとても便利に活用できることがわかりました。私が何よりも良いなと思ったのは、スタッフのサポートが受けられて、良い求人を探してくれる点です。転職について右も左もわからない私は、疑問点を全てぶつけてみることにしました。とくに、休日や残業については求人票からはわからない部分があったので、そこを聞けたのが大きかったですね。
さらに、私が希望している地域の求人の状況や給料の相場など、自分の知らない情報をたくさん教えてもらうことができました。

そうしていろいろな情報を得たうえで求人を見比べて、今の病院に無事に転職を決めることができたんです。今働いているところは休日や残業は前働いていた病院とさほど変わりはないのですが、基本給が前よりも高いので、ボーナスの額が高く、結果として年収がかなりアップする結果になりました。そういう意味で、転職は成功だと思いますし、とても満足のいく転職ができました。

このことから、転職成功の秘訣は、なにより「情報」だなと感じています。正しい情報を知る力と、情報を得る力があれば、転職してから後悔することもなくなると思いますし、なにより自信を持って転職に踏み切れます。私の場合は転職支援サービスをうまく活用して求人を探すことができたので、転職活動に自信がないという人や、初めて転職するという人は、転職支援サービスを利用して正しい情報をたくさん集めることをオススメします。良い情報をたくさん集めれば、それがそのまま良い転職に繋がりますよ。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

当サイトの一押し!

こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング