看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の勤務先別 介護施設

看護師転職・求人の勤務先別 介護施設

看護師転職・求人 働き方 介護施設 ある日のタイムスケジュール

看護師として介護施設への転職に成功した人の一日のタイムスケジュールを紹介します。

介護施設は、看護師ではなく介護士が働くというイメージがあるかと思いますが、介護施設でも看護師資格を持つ人は必要であり、重宝されています。介護施設には看護師を配置しなければいけないという法律があるためです。
転職の際は、介護施設も候補に含めることで検討の幅が広がるでしょう。

また、介護施設は24時間体制が基本ですが、看護師が働く場合、夜勤がないことも多いです。
医師がいない現場というのも特徴の一つで、医療の現場とは違いますが、その分看護師としての実力が試される職場でもあります。

今回は、介護施設に転職した人のタイムスケジュールを一例として紹介します。

6時30分 起床・朝食
朝8時からの勤務なので朝は早いです。この時間には起きて準備に入ります。実家から通っているので朝食は母が用意してくれます。

7時00分
ご高齢の方が多いので、化粧は薄めで清潔感に気をつけつつ身だしなみを整えます。

7時20分 出発
地方なので移動は車になります。私が勤める介護施設は、家から15分くらいのところにある老人ホームです。

7時45分 到着
老人ホームの駐車場に到着したら、すぐに職員の更衣室に向かいます。挨拶をしたらロッカーに行き、職員専用の服に着替えます。介護施設なので専用の仕事着があり、ナース服とは少し違う感じです。

8時 勤務開始
勤務開始時に、介護士のリーダーの人から、夜の様子や入居者の健康状態について引継ぎをされます。
これを元に今日の予定を自分で作成します。介護施設は病院と違い、看護師の人数が多くないため、スケジュールも自分の判断で作成していきます。

9時
デスクワークを終えたら、本日の看護業務に取り掛かります。まずは入居者の方へ朝の声掛けと、バイタルチェックで入居者の健康状態をチェックします。
「普段と違う」点を看護師の視点で早期発見し、早期治療に繋げるのが介護施設における役割になります。

朝食を食べているときの様子などを気にかけながら、その方の健康状態を管理していきます。
一人一人の持病を把握しているので、持病がある人はとくに注意深く観察します。

10時
この時間から入浴する入居者がいるので、介護士の方と連携をとりながら、入浴の様子などもチェックします。
介助が必要な場合は介護士と一緒に、入浴介助もします。

入浴は介護職員に任せるところもあるようですが、私がいる施設では看護師が手伝ったり、チェックしたりするのです。
普段から介護士の職員と仲が良いので連携はバッチリです。

11時
昼食の準備を手伝いつつ、薬の管理をします。いろいろな病気に対応した薬を用意するので、薬の種類を間違えないように気を遣いつつ、せわしなく準備していきます。

12時 昼食見守り
入居者の人と一緒に食事を取りながら、昼食時の見守り仕事をします。食事介助は介護職員の仕事になりますが、手伝うこともあるので、自分の食事は手早く食べてしまいます。
食べ終わった後は、入居者の食の進み具合や、異常はないか一人一人声をかけていきます。

13時 休憩
日によって時間にずれがありますが、手が空いたら休憩に入っていきます。休憩のときはいつも職員の人と雑談しながらゆっくり過ごしています。

14時
ここからは午後の仕事になります。午前にやりきれなかった健康チェックをしつつ、レクリエーションの補助などもします。ときには入居者の人と一緒にゲームをすることもあります。遊びの中で健康状態がわかるので、これも仕事の一つです。

15時
デスクワークで看護記録を入力していきます。数人の看護師で入居者全員のデータを入力していくのでけっこう大変です。健康に関して、病気に関して、些細なことでも全て入力します。
この間も、体調が悪くなった入居者がいたらすぐに対応に向かいます。

16時
この時間にミーティングがあるため、夜勤の人への申し送りや伝達事項を伝えます。夜は看護師がいないため、薬や病気に関する指示を出すのも重要な仕事なのです。
病院でもそうですが、介護施設でもミーティングでしっかりとスタッフ同士でコミュニケーションをとることが大切です。ここで引継ぎがうまくできないと、大事になりかねません。

17時 終業
この時間で仕事は終了となります。残業は病院時代と比べるとだいぶ少ないです。ただ、体調が急変した入居者を病院に連れていったりすることがあるので、そういうときは残業になってしまうことがあります。

18時 帰宅
家に帰ったら家事を手伝いつつ、自分の時間を過ごします。体力を使う仕事なので体は疲れていますが、何年もやっているので慣れてしまいました。

20時 ジム
体力をつけるために通い始めたジムですが、なんだかんだ1年以上通っています。
病院時代は仕事終わりにどこかに行く体力が残っていませんでしたが、今は多少余裕があるので通えています。

23時 就寝
次の日の仕事に支障をきたさないためにも、睡眠はたっぷりとります。体力仕事なので質のいい睡眠は必須ですね。

以上になります。介護施設の中でも老人ホームなので、アットホームな感じで楽しく働けています。
とくにご高齢の方と接するのが好きな人には、病院勤務よりもこちらのほうが向いているんじゃないかなと思います。

病院は病院で良いところがありますが、介護施設への転職もオススメできる転職先の一つですよ。

看護師転職・求人 働き方 介護施設 転職・求人先と仕事内容

介護施設にもいくつか種類があり、それによって看護師の仕事内容も変化します。
まずはそれぞれの違いについてお伝えします。

・介護老人福祉施設
要介護度や医療ニーズが比較的高く、看取り件数が多いです。比較的仕事内容が病院に近いです。

・介護老人保健施設
入居者の要介護度や医療ニーズが比較的低く、在宅復帰をサポートする施設です。看護師は健康管理とリハビリの補助がメインの仕事です。

・介護療養型医療施設
文字通り医療施設なので、医療が必要な入居者がほとんどです。
医療従事者の数が多いので、看護師の人数も多いです。

・有料老人ホームなど
入居者の要介護度や医療ニーズが低いです。看護師の仕事は健康管理がメインになります。

要介護度とは、対象者がどの程度の介護を受ける必要があるかを示す数値のことです。
施設の種類によってこの介護度に差があるため、転職の際はチェックしておいた方がいいでしょう。

要介護度は「要支援」と「要介護」に分かれていて、要支援よりも要介護の方がより介護を必要としている状態です。
さらに、要支援は1〜2、要介護は1〜5に細かく分類されていて、数字が大きい方がより介護を必要としているのです。

介護施設における看護師の仕事は、健康管理や医療補助がメインになりますが、介護施設であれば介護も仕事に含まれるため、しっかりと把握しておきましょう。

仕事内容としては入居者の健康チェックと日常で必要な医療行為、入居者の体調に異変があった場合の応急処置、病院に行くか救急車を呼ぶか等の判断、付き添いが基本的なもので共通しています。
介護レベルが高いところになると、介護の仕事の割合が増え、ホスピスなどの終末医療になると、医師と一緒に医療行為もおこなっていく形になります。

介護よりも支援レベルが高い施設の場合、一緒にレクリエーションなどをしながらより健康的に動けるような補助をしていく仕事が加わります。

転職の際は自分がどういうタイプの介護施設に行きたいか、それを考えることで希望の職場を探しやすいです。

また、病院での仕事から転職する場合、仕事内容が似ている部分も多いため経験を活かすこともできます。

看護師転職・求人 働き方 介護施設 現役看護師からの転職・求人アドバイス

介護施設への転職に成功した私から、転職に関するアドバイスをお伝えしていこうと思います。

私は元々病院で看護師の仕事をしていました。そこでの患者さんとの触れ合いの中で、介護の仕事にも魅力を感じていくようになりました。

看護師の仕事には介護も含まれるため、医療の補助よりも介護の補助の方にやりがいを感じることが多かったんです。

介護の仕事も大変なことはわかっていましたが、より患者さんと長く触れ合っていられる介護の仕事で転職したいと考えたのです。
病院でも患者さんとの触れ合いは大切ですが、働いていたのが外科だったのですぐ退院する患者さんが多かったのもありました。信頼関係を作る前に退院するか別の病棟に移ってしまいます。

そこで、看護師の経験も活かして、介護や健康管理などがメインでおこなえる、老人ホームでの仕事を選びました。

実際に転職してみると、医師がいない中少人数で健康管理をしていくことの難しさを実感しましたが、たしかにやりがいを感じることができたんです。

その他にも、夜勤がないというところや、スタッフと入居者との間での信頼感や一体感など、介護施設で働くことへの魅力はたくさんあります。

私から転職のアドバイスをするのであれば、まずは自分が少しでもやりがいを感じられそうな施設を選ぶことをオススメします。
看護師の仕事はどれも大変なものばかりですが、自分の中で少しでもやりがいを見つけられるものがあれば、転職は成功します。

ですので、一度働く前に施設を見に行ったりするのもいいですし、転職であれば転職サイトのスタッフに様子を聞いてみるのもいいですね。

あとは、転職であれば看護師で働いていたときの経験はどこでも役に立つので、そこをアピールしていくといいでしょう。
働きやすい、納得のいく職場を選んで転職を成功させて下さいね。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

当サイトの一押し!

こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング