看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の勤務先別 企業(医務室・託児所)

看護師転職・求人の勤務先別 企業(医務室・託児所)

看護師転職・求人 働き方 企業(医務室・託児所) ある日のタイムスケジュール

看護師といえば、病院で患者さんの看護をするというのが一番多いと思いますが、一般企業などで働いている看護師の方もいます。

病院と違い、その企業の社員となって働くわけなので、病気の治療などをする病院とは働き方そのものが大きく違ってきます。

今回は、とある一般企業で働く看護師の一日のタイムスケジュールをお伝えしていきます。

6時30分 起床・朝食
勤務開始が8時なのでこの時間に起床します。一人暮らしなので自分で朝食を作ります。

7時 準備
スーツで勤務しているのでスーツに着替えて身だしなみを整えます。

7時20分 出発
私が普段勤務しているのは、地元では大きい会社の工場です。車でその工場に通勤します。

7時45分 到着
工場の駐車場に着いたらすぐに向上の事務室に向かいます。勤務開始の時間まではそこでゆっくりしています。

8時 勤務開始
勤務開始時間には全体で体操をしてから朝礼が始まります。朝礼を終えたら、お仕事開始です。まず最初にやることは、前日に体調不良を訴えていた社員の健康状態の確認と入力です。仕事内容は全てデータ入力が必要なため、パソコンは手放せません。

10時 医務室
午前中はデスクワークが終わった後、工場で怪我をした人や、体調が悪くなってしまった人のために、医務室で待機します。手が空いている間は、健康増進プログラムを作成したり、雑務をこなします。

私がいる工場では、腰を悪くする人がかなり多いため、腰痛に関する知識は人一倍勉強しています。簡単なマッサージをすることもありますね。

医務室にこなくとも、工場内で怪我や事故等があった場合はすぐに現場に駆け付けます。大きな怪我があることはほとんどありませんが、些細な出来事でも事故や怪我に関することであれば、すぐに駆け付けられるようにします。

また、県内に同じ会社の別の工場があり、そこに駆けつけたり、勤務することがあります。
2つの工場を私一人が担当しているので行ったりきたりで忙しいこともあります。

12時
12時から休憩に入ります。食堂があるのでそこで昼食を食べます。病院時代よりも食堂のご飯が美味しい気がします。食事を取った後は医務室に戻ってゆっくりしています。

13時
午後は総務部の事務所に戻ってデスクワークを手伝います。ここでの作業は看護師と関係がないものなので、完全にこの会社の社員といった感じです。

15時
医務室に帰って続きをします。他には、健康診断の結果をもとに、改善点をあげて社員に個別に伝えたりすることもあります。
あとは、時間が空くと現場に行って工場長や現場の責任者と話します。
過去の事例を元に、同じような怪我があったときにどうするかの対応などを話し合います。
他にも、腰に負担のかかる作業をどう改善していったらよいか、特定の化学薬品が体に与える影響などを現場の人と話し合います。

17時
医務室にやってくる人がいなければここで業務は終了です。工場の定期健康診断を1年に1回、1ヵ月かけてやることがあるので、その時期は毎日残業になります。普段はほとんど残業はありません。
仕事が終わったら日誌を書いて提出してから工場を出ます。

18時 帰宅
病院と違い常に患者さんと接しているわけではないので体力的にはだいぶ余裕があります。帰宅する前に買い物やDVDをレンタルしに行くこともしばしばあります。

19時 夕食
一人暮らしですができる限り自炊をしています。社員が健康になるような仕事をしているのに自分が不健康だと説得力がないですからね。

20時
寝るまでの時間は自宅でゆっくりします。病院で看護師をしていたときよりも体力的に余裕がある分、体がなまらないようにウォーキングを日課にしています。

23時 就寝
睡眠時間は転職する前からたくさんとるようにしています。睡眠時間と集中力との関係を日々社員に伝えているので、自分の睡眠時間も忘れずにとります。

以上になります。病院の看護師の勤務とはだいぶ違うことがわかってもらえたかと思います。看護業務も仕事のうちですが、なにより社員の健康を守る、推進するようなリーダーシップも求められます。
デスクワークが多いので体力的には楽ですが、考えることが多いのでそこは大変なところです。

看護師転職・求人 働き方 企業(医務室・託児所) 転職・求人先と仕事内容

一般企業で働く看護師のことを、「産業看護師」と呼びます。病院ではなく一般企業の一員として働く看護師の転職先には、種類があります。

まず1つ目は、比較的大きな会社の社員として、医務室勤務することです。その場合の仕事内容は、社員の健康管理や病気やケガの応急処置、そして、社員の健康増進のための取り組みをおこなうことになります。
会社の社員として働く場合は、看護業務以外のその会社の業務をこなすこともあるため、看護業務との兼任という場合もあります。
ただ医務室にいればいいというわけではないので、体力だけでなく頭を使って考える仕事もとても多くなります。

普通の企業であれば怪我や病気の治療を毎日するといったことはほとんどないため、社員の健康に関する取り組みが主な仕事になります。他にもその企業独自の仕事内容や、プログラムに基づいた仕事をこなしていく必要があります。

社員としての勤務と、パートタイムとしての勤務があるので、転職の際はそこも確認しておきましょう。

2つ目は、企業の託児所で働くパターンです。最近は育児を支援するような取り組みをおこなっている企業も多く、会社で独自に託児所を設けているところがあります。
そこの託児所勤務として、子供の健康を見守っていく形になります。この場合は、怪我や病気に関してだけでなく、保育員としての仕事内容も求められることになります。大規模な託児所がある企業はほとんどなく、大抵は小さな託児所ということになり、必然的に看護師は一人です。

相手が子供のため、責任はとても重いです。子供が好きな人や、小児科での兼務経験があると重宝されるでしょう。

どちらも残業がほとんどなく、休みも土日祝日なことが多いです。夜勤もありません。残業や夜勤がない分、給与は看護師平均より少ないです。
ただし、給与面に関してはその企業の賃金がベースとなるため、中には凄く給与の良い求人もあります。

企業で働く看護師の全体的な求人数は少ないです。というのも、企業が看護業務を必要としていて雇うということは、それだけ大きな組織であるということなので、募集をかけるのはほとんどが大きな企業だけです。
小さい企業は雇う余裕がないというのが実情なのかもしれません。

1つの求人に応募が殺到することもあるようなので、大学病院での勤務経験があると有利になります。さらに、面接の際は産業カウンセラーや認定産業看護師(日本産業衛生学会による認定資格)などの、看護師以外の資格も持っていると有利になるでしょう。

看護師転職・求人 働き方 企業(医務室・託児所) 現役看護師からの転職・求人アドバイス

企業(医務室・託児所)への転職に成功した私から、転職に関するアドバイスをお伝えしていこうと思います。

私は現在、地元では有名な大きな企業の工場で、産業看護師として働いています。転職のきっかけになったのは、以前働いていた病院での過酷な勤務状況です。

私の働いていた総合病院では、人手不足が慢性化しており、体力的にとてもきつかったです。それだけなら別に構わなかったのですが、残業がとても多く、自分の時間が全くとれませんでした。
朝7時に出勤しても、帰るのは夜中というのも珍しくないほどです。

結果として仕事になかなか集中できなくなり、職場での人間関係も悪化してしまいました。

それでも自分の経験を積むために5年くらいは勤務したのですが、さすがに限界だと思い、産業看護師という道を選びました。

一般企業の看護師を対象とした求人はとても少ないと聞いていたので、合格率を上げるために産業カウンセラーの資格をとり、転職サイトで非公開求人をくまなく探しました。

するとあるとき、地元にある大きな会社の看護師募集が目に付いたのです。

ここしかないと思いすぐに応募してみることにして、無事に合格することができました。

一般企業での勤務経験がなかったため、最初はわからないことだらけですが、看護師時代の根性と知識でなんとか乗り切れた感じです。看護業務よりも、社員の健康状態の向上を目指す取り組みを作成したりするのに苦労しました。

今では仕事にも慣れ、日々充実した毎日を過ごしています。私が勤めている会社は残業も月に数回で、体よりも頭を使う仕事が多いので、仕事が終わった後の時間も有意義に過ごせています。

もし企業(医務室・託児所)での看護師勤務を目指すのであれば、追加で資格を取ったりするとより有利になるのでオススメします。
社員の健康を守るという意味では、病院勤務とは違った意味での責任が求められるので、独学で勉強していくくらいの気概があると尚良いですね。

転職の際は前職での経験を元に、アピールポイントを作っておくのもいいです。病院勤務の経験は企業で勤務することになっても役に立ちますよ。

最近世間では健康ブームなので、企業でも看護師を募集している人が増えてきています。転職サイトをくまなく探せば、きっと良い求人が見つかりますよ。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング