看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の勤務先別 健診センター

看護師転職・求人の勤務先別 健診センター

看護師転職・求人 働き方 健診センター ある日のタイムスケジュール

看護師として健診センターへの転職に成功した人の一日のタイムスケジュールを紹介します。

健診センターとは、いわゆる人間ドッグのような、検査を目的とした施設です。独立した施設として運営しているようなところもあれば、総合病院の病棟としてやっているところもあります。

厳密には健診と検診は異なり、検診は特定の病気を発見するための施設です。
ただし、健診センターでも検診をおこなうことがあるため、区別しないのが一般的のようです。

今回は健診センターの看護師の一日をお伝えします。

7時 起床・朝食
この時間に起きて、少しぼーっとしてから目を覚まして朝食の準備をします。一人暮らしなので朝は手早く済ませます。

7時30分
準備開始です。私が勤めているのは人間ドッグの専門施設ですが、身だしなみはけっこう厳しいです。化粧は薄めで清潔感のあるメイクを心がけます。

8時出発
検診センターへの通勤は車です。従業員専用の駐車場が用意されているため、自家用車で通います。

8時45分 到着
駐車場に車を停めたらすぐにロッカーに向かいます。そんなに大きい施設ではないため、駐車場から歩いて1分くらいです。

9時 勤務開始
勤務時間になったらまずは朝礼で、重要事項などがあればメモしておきます。その後は検査器具の準備に入ります。

10時 オープン
この時間から患者さんを迎え入れます。病院のときは患者さんを迎えるといった感じでしたが、健診センターではお客さんといった感じです。
健康な人が来ることが多いです。転職したては受付をやることも多かったですが、今は採血から入ります。
健診センターでは、採血の仕事がメインで、これができないと話しになりません。前に勤めていた病院では採血は得意な方だったのですぐに慣れました。

11時
やってきた患者さんの問診と身体測定をおこないます。身体測定の項目は身長・体重・視力・聴力・血圧・肺活量測定になります。この身体測定は一日に何回もおこないます。
その他にも、尿検査の説明などもします。

12時 休憩
休憩の時間はみんな同じで12時からです。病院のときはシフト制で休憩をまわしましたが、私がいる健診センターではみんな同じ時間にとるのです。
大抵はコンビニで弁当を買ってきてそれを食べます。たまに同僚と外にランチに行くこともあります。

13時 午後の勤務開始
午後からは、午前の作業に加えて、眼底検査や心電図の測定もおこなっていきます。最初は機器の扱いに慣れませんでしたが、すぐに覚えることができました。手が空いたらすぐに採血に入ります。

14時
ここからはその日によって仕事内容が変わってきます。検査結果を伝えるための診察補助をすることもあれば、ずっと採血をしていることもあります。ルーティーンが多いので、毎日やっているとすぐに慣れます。
その他には、データをパソコンに入力するデスクワークをすることもあります。仕事はたくさんありますが、病院勤務のときに比べたら楽な方だと思います。

15時
私はまだ担当したことがありませんが、内視鏡検査で医師の補助と患者の介助をする業務もあります。
健診センターであっても、患者さんが倒れたり、意識を失ったりすることがたまにあるので、気を抜くことはありません。

16時
私が勤めている健診センターには、がん検診の部署があり、そこの仕事を手伝うこともあります。婦人科なので乳ガンや子宮ガンの検査です。
検査そのものは医師がしますが、検査の補助といった感じです。

17時
ここから終わりの時間までは、人が足りないところに行って仕事をする感じです。最初は一つの場所を担当していましたが、慣れてからはいろいろな仕事を任されるようになりました。
残業は基本的にありませんが、きてくれた患者さんの処置を終わらせなければいけないので急ぎます。

18時 終業
勤務終了です。最後に片付けと掃除をしてから帰ります。2週間に一度、大掃除と機器点検があるのでそのときは残業をすることがあります。その他の日に残業をすることはほとんどありません。

19時 帰宅
自宅に帰ったらすぐにシャワーを浴びて食事をします。残業がないので仕事が終わってから出かけることもありますが、疲れているので平日はあまり出掛けません。

20時 自由時間
健診センターに転職してからは、夜の時間をゆっくり過ごすことができるようになりました。病院で働いていたときは家に帰って寝るだけといった生活だったので大変でした。
給料は少し減ってしまいましたが、満足しています。

24時 就寝
夜はゆっくり過ごしたら、後は寝るだけです。土日が休みなので、休日も友人と合わせられますし、とても楽しく過ごせています。健診センターに転職してよかったです。

以上になります。健診センターは病院ほどハードではありませんが、それでも担当する患者さんの数が多いので、素早く処置をしていかなければいけません。
とくに採血は基本的な仕事なので、一番最初にやらされると思います。
大変なこともありますが、責任感を持って充実した毎日を送れています。

看護師転職・求人 働き方 健診センター 転職・求人先と仕事内容

健診センターへの転職というと、人間ドッグをやる場所といったイメージがあるかと思いますが、細かく分けるといろいろな施設があります。

・健診センター、クリニック
・がんセンター
・人間ドッグ専門施設
・病院の検査病棟
・企業内の健診センター
・献血ルーム
・MRI・CTの専門クリニック
・ホテル内の人間ドッグ施設

などです。
とくに、がんセンターなどの特定の病気の検査をする場所では、仕事内容が変わってくるので覚えておくといいでしょう。
特定の病気を検査するということは、その病気に関する知識とスキルが身に付きます。
企業やホテルなどの人間ドッグの場合は、常勤よりも単発で転職求人に掲載されることが多いようです。

基本的な仕事内容はどの施設も同じで、身体測定の補助や採血がメインの仕事になります。
とくに採血が遅い人は、ダメというわけではありませんが、面接で嫌がられる傾向にあります。

同じ患者さんを退院するまで看護する病院と違い、健診センターでは一期一会です。
患者さんはお客さんという感じになるため、患者さんとのふれあいよりも、接客する感覚が求められます。

また、健診センターの施設にもよりますが、遠方への出張健診がある場合があります。
バスなどで企業を周ったりするものです。その場合は出張や残業扱いになるので覚えておきましょう。

健診センターは土日祝日が休みのことが多いので、働く看護師の休日も大抵の場合「土日祝日」です。土日が休みというのは、看護師が働く場所としてはかなり珍しいです。土日休みがいい人は、健診センターの求人を積極的に探してみましょう。

ただ、給与は病院などの看護師と比べると若干低くなるようです。残業もほとんどないので、とにかく稼ぎたいという人には不向きになります。

近年の近年ブームや技術の進歩によって、健診センターでの求人は増えてきていますが、その他の施設と比べると、看護師の募集は少なめです。経験者を求められる場合も多いようです。一つの施設にいる看護師の数が少ないためですね。
健診センターで働きたいという人は、転職サイトをチェックして、募集を逃さないようにするといいでしょう。

看護師転職・求人 働き方 健診センター 現役看護師からの転職・求人アドバイス

健診センターへの転職に成功した私から、転職に関するアドバイスをお伝えしていこうと思います。

私は看護学校を卒業した後、総合病院を2回転職して、健診センターで働くことになりました。

総合病院では朝6時に起きて帰りは夜11時をすぎることもけっこうありましたし、外科に勤務していたのでとてもハードな毎日でした。

元々技術やスキルに関する向上心はある方でしたので、毎日いろいろな患者さんの来る総合病院は楽しかったですが、知らず知らずのうちに体が悲鳴をあげていました。

一度体調を崩し病院をやめ、復帰後に転職した病院でも、また体調を悪くしてしまいました。
看護師という仕事を続けたいなとは思っていたのですが、さすがに限界だと感じました。

体調を崩さない程度に働ける職場がないか探していたところ、見つけたのが健診センターの仕事です。
健診センターでは、残業も休日出勤もなく、夜勤もないので体の負担がだいぶ減ります。
その分プライベートな時間もたっぷりとることができます。

実際今まで働いた期間で残業があったのは月に一回程度です。

あとは、命に関わる患者さんはほぼいないので、精神的なプレッシャーが少ないです。

もちろんだからといって気を抜いていいわけではないですが、精神的に楽なのは、私にはとても嬉しかったです。
逆に体への負担が減った分、仕事に集中して取り組めている気がします。

ですので、看護師として仕事はしたいけど、きつすぎるのは難しいという人は、まず健診センターの募集を探してみて下さい。

そして、転職に関するアドバイスになりますが、採血の腕は磨いておいた方がいいです。
健診センターの仕事は採血だけではありませんが、私がいる施設では採血の腕がかなり重視されます。

病院での勤務経験があると有利なので、面接ではそこをアピールするといいでしょう。

もちろんそれだけではなく、基本的なマナー等も面接では見られたりするようです。健診センターはお客さんとして患者さんに接するので当然ですね。
あとはどこでも同じなのかもしれませんが、コミュニケーションスキルがあった方がいいというのは聞いたことがあります。

健診センターの仕事は求人数が病院に比べると少ないので、良い条件のところがあったら積極的に受けてみることをオススメしますよ。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

当サイトの一押し!

こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング