看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の勤務先別 福祉施設

看護師転職・求人の勤務先別 福祉施設

看護師転職・求人 働き方 福祉施設 ある日のタイムスケジュール

看護師として福祉施設への転職に成功した人の一日のタイムスケジュールを紹介します。

福祉施設と介護施設は似ているので間違いやすいですが、福祉施設は介護施設の種類の一つで、厳密にはデイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人介護支援センターの総称です。身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、尚かつ居宅においてこれを受けることが困難な要介護者に対し、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行う施設のことを言います。一般的にはまとめて介護施設、福祉施設と呼ぶことが多いようです。

もっと言うと、介護レベルが高い介護施設のことを福祉施設と呼んでいるので、他の介護施設に比べると介護レベルが高く、長期での入居が前提の人が入居しています。

福祉施設は、看護師ではなく介護士が働くというイメージがあるかと思いますが、福祉施設でも看護師資格を持つ人は必要です。
法律上どの施設にも必ず一人以上はいますし、医師がいる福祉施設もあります。

また、福祉施設は24時間体制が基本ですが、看護師が働く場合、夜勤がないことも多いです。

今回は、福祉施設に転職した人のタイムスケジュールを一例として紹介します。

6時30分 起床・朝食
この時間に起きて朝食の準備をします。起きる時間は転職する前の病院で働いていたときと変わりありません。

7時
朝食を食べたら簡単に化粧をして、身だしなみを整えて仕事の準備をします。仕事道具のほとんどは置いてあるので、準備はそんなに必要ありません。

7時15分 出発
家から車で20分くらいの場所にある介護老人福祉施設です。

7時40分 到着
老人ホームの駐車場に到着したら、すぐに職員の更衣室に向かいます。挨拶をしたらロッカーに行き、職員専用の服に着替えます。勤めている福祉施設専用のナース服です。

8時 勤務開始
勤務開始時に、介護士のリーダーの人から、夜の様子や入居者の健康状態について引継ぎをされます。私が働いている施設は、ほとんど寝たきりの人から、元気に歩き回れる人まで、いろいろな人がいるので一人一人の状態を細かく把握しておかなければいけません。これを元に今日の予定を自分で作成します。

9時
デスクワークを終えたら、本日の看護業務に取り掛かります。まずは入居者の方へ朝の声掛けと、バイタルチェックで入居者の健康状態をチェックします。
喋れない人や寝たきりの人、糖尿病の人から心臓に持病がある人までいろいろな人がいるので、その人の現状に合わせた声かけをします。
例えば心臓に持病を持った人には血圧や痛みの箇所には注意します。
福祉施設では、看護師が医師の代わりをするくらいの気持ちでやっています。

10時
この時間から入浴や陰部洗浄する入居者がいるので、介護士の方と連携をとりながら、入浴の様子などもチェックします。
寝たきりの人や認知症の人、歩けない人がいるので、なかなか大変な仕事の一つです。
基本は介護スタッフの仕事ですが、私の施設では看護師も一緒にやることになっています。

11時
食事の準備と配膳をしていきます。ここでの仕事は主に服薬の管理になります。服薬の管理に関しては朝と夕食時もやります。看護師がいない時間には指示を出しておく感じです。

12時 昼食見守り
入居者の人と一緒に食事を取りながら、昼食時の見守り仕事をします。食事介助は介護職員の仕事になりますが、手伝うこともあるので、自分の食事は手早く食べてしまいます。
食べ終わった後は、入居者の食の進み具合や、異常はないか一人一人声をかけていきます。認知症の患者さんは食が進まない場合が多く、病気からくるものかわかりづらく判断に困ったりします。

13時 休憩
手が空いたスタッフから休憩に入っていきます。休憩のときは休憩室でスタッフと雑談しながらゆっくり過ごしています。

14時
ここからは午後の仕事になります。午前にやりきれなかった健康チェックをしつつ、介護の補助をすることが多いです。医師がきて診察をしてくれるときにそのサポートをしたり、やることは日によっていろいろ、そしてたくさんあります。
医師と一緒に入居者の最後を看取るといったこともあります。

15時
デスクワークで看護記録を入力していきます。数人の看護師で入居者全員のデータを入力していくのでけっこう大変です。福祉施設は看護師の人数が少ないので、やることが多く大変ですが責任がある分やりがいを感じます。健康に関して、病気に関して、些細なことでも全て入力します。
データ入力の最中でもなにかあればすぐに対応に向かいます。

16時
夜勤の人への申し送りや伝達事項を伝えます。夜は看護師がいないため、薬や病気に関する指示を出すのも重要な仕事です。これは施設によるかもしれませんが、夜中に呼び出されたり、指示を聞かれることもあります。

17時 終業
この時間で仕事は終了となります。残業は病院時代と比べるとだいぶ少ないです。それでも週に何回かは仕事が終わらずに残業があります。

18時 残業開始
残業があるときは、15分休憩をしてから残業に入ります。基本的にはそのときそのときの仕事をこなしていく感じになります。落ち着いたら帰れます。
残業がない日はすぐに帰って夕食の準備をします。一人暮らしですが健康のため自炊することが多いです。

20時 自由時間
残業は遅くともこの時間くらいに終わるので、大抵この時間からは自由時間になります。読書をしたりドラマを見たり、リラックスして過ごします。

23時 就寝
睡眠時間はできる限りとるようにしています。次の日が仕事のときはお酒も控えめです。転職前はお酒の飲み過ぎで後悔することが何度かありました。自分の体調管理も看護師の大切な仕事です。

以上になります。福祉施設は介護施設の中でも、入居者にたいして看護師の数が少ないと言われています。大抵の人は長期入所で、施設で最期を迎える人も多いです。
忙しく、大変なこともありますが、誰かの最期に寄り添えるって幸せなことだと思います。

看護師転職・求人 働き方 福祉施設 転職・求人先と仕事内容

介護老人福祉施設には、看護師だけでなく医師の配置も義務付けられています。ただ、医師は非常勤でも問題ないというルールがあるため、常に医師がいるという福祉施設は珍しいです。

医師がいる施設の方が安心できるという人は、福祉施設でも医師が常駐、もしくはいる時間が多い施設を転職先として選びましょう。

上記のように、医師がいないことの多い福祉施設では、看護師が医師の代わりに最初の判断をしなければいけません。すぐに医師が必要なのか、それとも自分だけで大丈夫なのか。判断力が求められる職場でもあります。

そのため、仕事内容は日々の健康チェックに加えて、非常時の判断も任せられます。
福祉施設では終末医療と呼ばれる、施設で介護を受けながら最期を迎える入居者も多いため、精神的な面でもケアしていく必要があります。

病院のように急患がどんどん運ばれてくるといった状況はないので、落ち着いて対応していくことができますが、介護老人福祉施設は看護師の数が少ないので判断の正確性が大切なわけです。

とはいえ全て一人でこなすわけではなく、スタッフは周りにいる状況ですので、看護師経験があれば十分に役立てることができるでしょう。

このように、介護老人福祉施設であれば仕事内容そのものは施設によって差があるといったことはありません。
ただし、入居者それぞれの病気の種類が違うため、幅広い知識が必要です。介護レベルの高い認知症のケアや、寝たきり状態、その他持病がある人まで、種類は様々です。

知っておかなければいけない知識も多いため大変ですが、裏を返せば看護師としての大きなスキルアップに繋がります。
スキルアップしつつも入居者に長く寄り添いたい、そんな人に向いている転職先だと言えます。

看護師転職・求人 働き方 福祉施設 現役看護師からの転職・求人アドバイス

福祉施設への転職に成功した私から、転職に関するアドバイスをお伝えしていこうと思います。

看護師として、総合病院で4年勤務した後の転職になります。

総合病院では耳鼻咽喉科で勤務していました。当時の病院勤務にとくに不満はありませんでした。仕事はきつかったですが看護師という仕事にやりがいを感じていたからです。

残業もほぼ毎日といった感じでしたが、どちらかというと残業はしたい方だったので苦ではありませんでした。

ただ、数年経って仕事に慣れてきたときに、専門的な知識よりも、より総合的に、いろいろな患者さんの看護をしてみたいと思ったのです。

総合病院ではその科独特のルールや専門的な内容が仕事の主でしたし、患者さんの入れ替わりもあったので、付きっ切りで看護するという感覚はあまりありませんでした。

転職サイトをいろいろと見て周り、辿り着いたのが福祉施設での仕事です。
介護が必要な人や、施設で最期を迎える人、いろいろな患者さんに長く接することができるということで、すぐに転職を決めました。

結果として転職してよかったと思っています。普段は医師がいないため、プレッシャーを感じることもありますが、重要な判断を任されることもあり、日々集中して働けています。

最期をここで迎えられて良かった。そんなふうに思ってもらえるよう、毎日全力を尽くしています。

私からできる転職のアドバイスになりますが、福祉施設への転職を目指すのであれば、面接のときに前職の経験をアピールすること、いろいろな知識を身に着けておくことを意識して下さい。

とはいえ、看護師としての基本の仕事は病院や他の施設と変わらないので、あまり特別に考えずにまずは飛び込んでみるくらいの気持ちでいいと思います。

あとは、夜勤がない施設がほとんどなので、夜勤が嫌だという人にもオススメできる転職先です。
施設の特徴などは求人サイトでも調べられると思うので、よく調べてから転職すれば、後悔することもないですよ。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

当サイトの一押し!

こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング