看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 リハビリテーション科

看護師転職・求人の診療科目別 リハビリテーション科

看護師転職・求人 診療科目別 リハビリテーション科 ある日のタイムスケジュール

看護師の方が転職をするにあたってひとつの候補となってくるのがリハビリテーション科です。
ただ、転職する以上はやはりどのようなタイムスケジュールになるのかをざっくりとでも知っておきたいところです。
ここでは、実際にリハビリテーション科で働いている看護師の方のタイムスケジュールを一例として挙げてみたいと思います。
まずは、日勤のタイムスケジュールについてです。

6時30分 起床
朝食はしっかりと食べておきます。

7時30分 出勤
出勤です。まずは電子カルテをチェックして、担当患者さんの医療処置など今日の仕事を確認していきます。

8時30分 申し送り
夜勤担当の方から担当患者さんの夜間の様子についての申し送りを受けます。これによって、日中特に対応が必要な患者さんを把握していきます。カンファレンスが終わったら、朝食を食べ終えていない患者さんの食事介助に向かいます。口腔ケアは、リハビリの一環として毎食後おこなっていきます。

9時00分 バイタルチェックやナースコール対応、自主リハビリの見守りなど
患者さんのベッド周りを整えて、バイタルチェックに回ります。その後は必要に応じてトイレ介助をしたり、点滴をしたりします。もちろん、ナースコールの対応もしていきます。患者さんには自主的なリハビリメニューが出されていますので、それを褒めたり励ましたりしながら見守るのも仕事です。

11時30分 昼食準備や経管栄養の準備
患者さんの昼食の準備や経管栄養の準備をおこなっていきます。

12時00分 休憩
交代で1時間、お昼の休憩を取ります。呼ばれることはほとんどないので、午後に向けてしっかりと休んでおきます。

13時00分 昼食介助や口腔ケア、トイレ介助など
昼食を食べ終えていない患者さんの食事介助に入ります。食後には口腔ケアもおこないます。全員のケアを毎食後おこなっていくのは結構大変です。

13時35分 担当患者さんのカンファレンス
看護師、ドクター、セラピストから構成されるリハビリチームのカンファレンスは、担当する患者さん1人につき1ヵ月に1回おこないます。リーダーが前日からまとめておいた検討事項をここで確認することになります。時間は20分までで、カンファレンスは1日で多くても3件までになります。

14時45分 トイレ介助や自主リハビリの見守りなど
カンファレンスが終わったら患者さんのトイレ介助や自主リハビリの見守りなどをおこなっていきます。複数人の患者さんを担当することになるのですが、基本的に見守り自体は1人あたり10分くらいです。

15時00分 看護師のカンファレンス
看護師のカンファレンスでは、プライマリーで担当している複数人の患者さんのケアについて困っていることなどを相談します。20分と決まっているので、途中でも時間が来たら切り上げます。

16時00分 記録や申し送り、経管栄養の準備、自主リハビリの見守りなど
書き漏らしがないよう看護記録を書き上げます。担当患者さんの状態などについての申し送りもして、経管栄養を準備したり、自主リハビリを見守ったりします。

17時30分 勤務時間終了
17時30分で勤務終了なのですが、すぐに帰宅できるわけではありません。やはり残って、書き残していた記録を書き上げたり、翌日のカンファレンス用の資料をまとめたりすることも多いです。

19時00分 病院を出る
残業を終えて、ようやく病院を出られます。

20時00分 帰宅
看護師にしてはなかなか早い帰宅だと思います。

次は、夜勤の場合のタイムスケジュールを見てみましょう。

16時00分 出勤
出勤します。まずは電子カルテをチェックして、担当患者さんの医療処置など今日の仕事を確認しておきます。

17時00分 申し送り
日勤の看護師の方から申し送りと受け、病室を回て自分の目で患者さんの状態を把握していきます。

17時10分 夕食準備
夕食の準備をします。基本的にはリハビリの一環として、全員で食堂で食事をします。そのため、食堂に患者さんを誘導するといったこともおこなっていきます。

18時10分 夕食介助や服薬介助、口腔ケア
患者さんの食事介助に入って、食後には口腔ケアをおこないます。将来的に病院を出た後でも自分で歯磨きができるように促していきます。

19時00分 着替え介助、トイレ介助
朝晩で寝間着と日中着に着替えてもらうのもリハビリの一環です。もちろん、自分でできない部分は介助しますが、できるだけ自分で着ていただけるように促します。

21時00分 服薬介助、点滴施行
服薬介助をしたり、点滴をしたりします。消灯時間は23時と遅めなので、比較的遅い時間まで患者さんとコミュニケーションを取ることになります。

24時00分 仮眠
夜勤の担当者は交代で1時間半ずつ仮眠を取っていきます。

1時00分 巡回やナースコール対応
夜間の定時巡回は1時から2時間おきにおこなっていきます。もちろん、夜間でもトイレに行きたいといったナースコールに対応していくことになります。まれに、一晩で何度もトイレに行きたいとコールする患者さんもいらっしゃいます。ナースコール対応の合間に記録を書いていきます。

5時00分 着替えやトイレ介助
早起きの患者さんは、朝の5時頃から起き出してきます。ナースコールを受けて着替えやトイレの介助に回ります。

6時30分 朝食準備
朝食の準備をして、サポートしながら患者さんには食堂へ移動していただきます。

7時30分 朝食介助や服薬介助、口腔ケア
朝食を食べ終えていない患者さんの食事介助に入り、食後には口腔ケアをおこなっていきます。もちろん、服薬介助もおこなっていきます。

8時30分 申し送り
患者さんの夜間の様子を日勤の看護師の方へ申し送りします。

9時00分 勤務終了
勤務終了ですが、やはり残業があります。そのまま残って、書き残していた記録を書き上げていきます。

10時00分 病院を出る
だいたい10時には業務を完全に終えて、病院を出ることができます。

看護師転職・求人 診療科目別 リハビリテーション科 転職・求人先と仕事内容

リハビリを必要としている患者さんというのはどんどん多くなっています。
そのため、リハビリテーション科というのもどんどん増えています。
回復期リハビリテーション病棟も増加していますので、求人は比較的豊富といえるでしょう。
リハビリテーション科においては、やはり入院している患者さんの「しているADL」「できるADL」「できないADL」を把握した上で、他のスタッフと情報提供や情報共有をおこない、その患者さんに適した対応をしていくことになります。
基本的には患者さんのリハビリの時間に合わせてバイタルチェックをおこなっていき、患者さんがリハビリをしている間に記録や他の業務をこなしていくことになります。
リハビリ時間は結構長いので、タイミングを逃してしまうと患者さんと顔をまったく合わせないということも出てきます。
時間管理も大切な仕事といえるでしょう。
また、患者の起き上がり動作から食事や排泄など日常生活に関わるすべてを見守り、介助をしていきます。
もちろん、ひとりひとりに合わせた見守りや介助が求められます。
このときに患者の現在のADLをきちんと把握しておくことが大前提になってきます。
特に、脳血管疾患を発症して間もない患者さんには注意が必要です。
患者さん自身が自分の状態や環境を理解していないこともありますので、看護師が患者さんのひとつひとつの反応や動作を見ながらADL状況や必要な援助を確認していくことになります。
リハビリにおいてはやはりチーム医療で幅広いサポートをおこなっていくことになります。
そのため、毎日のようにカンファレンスがおこなわれます。
そのカンファレンス内容をもとに、適切なケアをおこなっていきます。
看護師は特に患者さんとコミュニケーションを取る時間が長いので、場合によっては長時間患者さんの話を聞くこともあります。

看護師転職・求人 診療科目別 リハビリテーション科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

リハビリテーション科への転職におけるアドバイスということなのですが、はっきり言ってリハビリテーション科というのは看護師の転職先としてはそこまで人気が高いところではありません。
そのため、転職自体はそこまで難しくないかと思います。
看護師には体力が必要と言われますが、リハビリテーション科は特に体力が求められるものと思っておいたほうがいいでしょう。
もちろん、体力だけではなく、患者さんと接する時間が長いからこそコミュニケーションスキルも求められます。
他にもいろいろなスキルが求められるのですが、リハビリテーション科では日常生活の援助をおこなう介護技術が求められます。
食事や排泄、入浴介助、歩行など日常生活のありとあらゆる援助をおこなうことになりますので、介護技術が求められるのです。
さらに、患者さんやその家族の本音を聞き出すコミュニケーションスキルも必要です。
患者さんやその家族と日頃から信頼関係を築いておくようにしましょう。
患者さんもその家族も最初から常に本音を語ってくれるわけではありません。
本音を引き出すことによって、より最適なケアというものを提案することができるのです。
特に、高齢の患者さんにとってリハビリというのはつらいものです。
体力を消耗しますので、やりたくない気持ちが勝ってしまうことも多々あります。
そういう患者さんをいかにその気にさせるかというのも看護師の腕の見せ所です。
患者さんとしっかりと支えつつ、そのモチベーションを高めるようなコミュニケーションができるといいですね。
患者さんがリハビリを頑張るようになると、日々ADLが拡大していきます。
そういうときにこそ、患者さんの転倒や転落に気を付けておきましょう。
あとは、チーム医療だからこそいろんな部署の声を聞き、その調整をおこなっていくというスキルも必要です。
やりがいのある仕事なので、是非転職を成功させてください。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング