看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 循環器科

看護師転職・求人の診療科目別 循環器科

看護師転職・求人 診療科目別 循環器科 ある日のタイムスケジュール

看護師として、循環器科に転職した人のある日のタイムスケジュールをお伝えしていきます。

循環器科は、血管の病気や心臓循環器疾患である心筋梗塞、狭心症、心不全などの重い病気の治療を行います。高血圧や糖尿病などとも深く関わりのある科目ですので、生活改善指導なども大切になる科目です。生命維持に重要な役割を担っている心臓循環器の疾患を扱う診療科ですので、生死に関わる重症の患者も多く、年齢層は高めの患者さんが多いです。

それでは、循環器科への転職に成功した看護師の一日のタイムスケジュールを見ていきましょう。

6時30分 起床・朝食
私が勤務しているのは総合病院の循環器科。その中でも内科の看護師をしています。朝はこの時間に起きてすぐに朝食の準備をします。

7時 準備
朝食といっても一人暮らしなのでそんなに凝ったものは作らず、卵かけご飯とサラダとか、そんな感じです。

7時20分 出発
地方に住んでいるので移動は基本的に車です。通勤ももちろん車です。だいたい病院までは30分くらいかかります。

7時50分 到着
従業員専用の駐車場に着いたらすぐに更衣室(ロッカー)に向かいます。ナース服に着替えて化粧をして、筆記用具を準備して準備完了です。

8時05分 ナースステーション到着
既に夜勤の人たちが働いているのでバタバタしていますが、まずは挨拶をして雑談を交えながら情報収集をしていきます。

8時20分 申し送り
朝礼をやって、夜勤の人からの引継ぎを受けます。患者さんの様子、容態、外科への引き渡しの予定、検査の予定など、今日の流れを含めてしっかり確認していきます。

8時35分 勤務開始
循環器科では、検査や手術に使うための機器(マシン)が多く、それらの使い方と毎日しっかり動作するかというチェックが大切になってきます。点滴の準備、服薬の準備と一緒に今日一日の処置がスムーズにできるように機器の点検なんかもします。

10時
10時くらいからは入院患者さんのところをまわっていきます。循環器系は容態が変化したらすぐに命に関わる患者さんが多いので、ほんの少しの変化やサインを見逃さないようにします。痛みがないままどんどん悪くなってしまうこともあるので、患者さんに言われなくても変化を感じとらなければいけません。

11時15分
食事の準備、薬の準備をします。糖質制限があったり、量や料理の種類が患者さんによって違うので、チームで協力して手際よく準備していきます。あとは昼食前に清拭に入る患者さんもいるので、看護助手の人と協力して介護に関する業務もこなしていきます。

12時前後
交代で休憩に入っていきます。忙しいときでも全員が休憩をとれるようにリーダーがうまく振り分けてくれます。私は朝食は食堂でとることが多いですね。一人で食べることもあれば同僚と一緒に食べることもあります。

13時
午後も基本的にやることは変わりません。ミーティングをしたら午前中の続きです。基本的な作業に加えて、心電図を読み取ったり、カテーテル検査や心エコー(超音波)検査の補助をしたりというのは循環器科特有ですね。最初は検査補助もうまくできませんでしたが今はもう慣れています。検査室まで運んでいくのも看護師の仕事です。

あとは、手術するかしないか微妙なラインの患者さんがいるので、できる限り内科で良くなってもらえるように全力を尽くします。

もちろん中には容態が急変してしまう患者さんもいます。循環器系はそういう患者さんが多いのも事実です。そうなったときに一番最初に気付いて少しでも早く対処するのも看護師の仕事です。
逆に、症状が劇的に改善する患者さんもいるので、そっちの方はやっていて嬉しいと感じる瞬間です。

16時
落ち着いた段階で看護記録を付けたら、あとは夜勤の人に申し送りするために再度患者さんのこと、今日あったことについてまとめておきます。引継ぎミスが命に関わることもあるので、内容に漏れがないようにします。

17時30分 勤務終了
申し送りをして、夜勤の人と一緒に業務をこなしているとアッという間にこの時間になっています。検査が多い日はやることが終わらないことも多いので、そのまま残業ということになります。循環器科に転職してからは残業はどちらかというと少なくなりました。

18時30分 帰宅
残業がない日はこの時間には家に帰っています。看護師は不規則な生活なので、その分仕事以外の時間はリラックスして体力回復に努めます。帰ったらまずは夕食を作ります。

21時
夕食を食べた後はゆっくりテレビを見たり、勉強をしたりですね。循環器科は奥が深くて勉強することはたくさんあります。あとはお風呂に入って寝る準備です。

24時 就寝
この時間にはベッドに入ります。残業が長い日やロング勤務の日は家に帰って寝るだけという生活です。

以上になります。循環器科は内科と外科によって多少仕事内容が違うものの、生活習慣から病気を治し、元気になって帰ってもらうのが目的なのは同じです。看護師が患者さんを回復に導けるかどうかの大切な部分を担っているのです。責任は重いですがその分やりがいがある科目だと感じています。

看護師転職・求人 診療科目別 循環器科 転職・求人先と仕事内容

循環器科への転職を考えるのであれば、総合病院などの大きい病院か、クリニックなどの小さな病院かになります。

総合病院などの場合には内科と外科に分かれており、それぞれ仕事内容が少し違います。
内科の場合には服薬、投薬治療で体の状態を改善し、それにくわえて看護師の指導で生活習慣も変えてもらいます。内科の看護師であれば一人一人の患者さんにしっかり向き合うということが大切になってきます。検査が多いのも特徴の一つで、心エコーやカテーテル検査があります。患者さんの様子を常に心電図でチェックするのも循環器系ならではですね。外科ほどではありませんが、素早い判断力は循環器系なら必須のスキルになります。キビキビ動くのが得意な人に向いていると言えます。

外科の場合は、内科では改善が見込めない手術が必要な患者さんを担当します。心臓に関する疾患が多いので、症状は必然的に重くなります。命の危険がある患者さんを担当することになるので責任は重大です。容態が急変する患者さんも多いので、素早い対応力、知識とスキルの両方が必要になるハードな現場です。
最近では循環器内科であってもカテーテルを用いた手術をすることが増えてきているので、内科と外科の垣根はなくなってきていると言えるでしょう。

転職を希望するのであれば、どちらであってもハードな現場であることは覚悟しておいた方がいいかもしれません。ただ、その分心臓疾患に関する知識もつきますし、循環器科にしかない検査、処置も多いので、自分のスキルアップに繋がることは間違いありません。

クリニックなどの小さな病院の場合、循環器内科と透析治療などをおこなっているところが多く、内科的な治療が主になります。他の科目のクリニックと比べると残業は多めです。小さな病院でも入院設備があるところが多いです。

循環器科は給与水準が他の科目に比べて若干高めの傾向にあるようです。また、残業や夜勤、休日に関しては病院、クリニックによってかなり差があるので、転職を希望するのであれば条件面の確認が重要になるでしょう。

看護師転職・求人 診療科目別 循環器科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

循環器科で看護師として働いている私から、転職活動のアドバイスをお伝えしていきます。私は転職して良かった。そう感じています。

私は元々、総合病院の救急救命で働いていました。やりがいがありましたし、毎日が勉強の日々でスキルもたくさん身に付きました。

ですが、給料があまり良くなく、同じ科目でも別の病院ならもっともらえるのになと、ちょっとした不満が溜まっていった感じです。人間関係も悪くはありませんでしたが、いろいろなところでストレスが溜まっていたのかもしれません。

そこで、転職して入ったのが今の病院の循環器科です。私は循環器の中でも内科がメインの担当になりましたが、仕事内容や待遇にとても満足しています。

循環器科はシビアな現場で、少しの遅れが大変な結果になってしまうので、判断力がとても大切な現場です。
最初は戸惑いましたが、やっていくうちに慣れましたし、ほとんど動くこともできなかった患者さんが完全に回復して帰っていくのを見るのは凄くやる気をもらえました。救急救命のときは大抵他の科目に行ってしまうので患者さんが治るまで一緒にいるということはあまりなかったからです。

給料も上がりましたし、残業も少なくなったので、私は転職して良かったと心から思っています。

循環器科への転職を希望している人へのアドバイスとしては、自分で判断してどんどん動いていける人が向いているのかなと思います。
総合病院だと完全に科目を選べるわけではないので、絶対に循環器系に行きたいということであれば、クリニックなどの専門病院を選択した方がいいと思います。小さな病院の方が残業が少ないというのもポイントですね。

あと、私は給与面をけっこう気にしていたので、後から不満を持たないためにも、条件は何回も確認するぐらいの気持ちは大切だと思います。どうせやるなら給料は高い方がいいですしね。
面接ではなかなか聞けませんが転職サイトならサイト経由で確認してもらうことも可能です。

良い転職をして、充実した看護師ライフを送って下さいね。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

当サイトの一押し!

こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング