看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 消化器科

看護師転職・求人の診療科目別 消化器科

看護師転職・求人 診療科目別 消化器科 ある日のタイムスケジュール

看護師として、消化器科に転職した人のある日のタイムスケジュールをお伝えしていきます。

消化器科とは、食道・胃から小腸・大腸へとつながる消化管と、肝臓・胆臓・膵臓の領域を診る科目です。軽めの胃潰瘍からガンまで、かなり病気の幅は広く、様々な知識が必要です。また、ガン患者が多いのも特徴の一つだと言えます。

それでは、消化器科への転職に成功した看護師の一日のタイムスケジュールを見ていきましょう。

6時20分 起床・朝食
私が勤務しているのは総合病院の消化器科です。内科と外科に分かれていますが、私は内科の担当です。朝はこの時間に起きて、顔を洗って目を覚まします。

7時 準備
朝食はコンビニのパンなどで済ませます。前日までに買っておきます。朝食を食べたらすぐに準備をします。化粧も薄めですがしていきます。

7時20分 出発
車通勤なので、車に乗って30分くらいの道のりを運転します。少し遠いと感じますが、車の運転はそんなに苦になりません。

7時50分 到着
従業員専用の駐車場に着いたらすぐに更衣室(ロッカー)に向かいます。ナース服に着替えて化粧をして、気合を入れたら準備完了です。

8時10分 ナースステーション到着
着いたら情報収集です。消化器内科は常に忙しいので早めに情報収集をします。

8時30分 申し送り
朝礼をやって、夜勤の人からの引継ぎを受けます。消化器科は患者さんの数も多いですし、軽症の人もいれば末期に近いガン患者さんもいるので、かなり細かく、漏れのないように引継ぎを受けます。

その後、すぐに業務に入ります。消化器内科は看護師としての基本的な業務が多く、基本的には病棟をまわって患者さんの様子をチェックしていくのがメインの仕事になります。

ただ、内科なので放射線療法や化学療法の補助もします。消化器科ならではの仕事というと内視鏡検査、治療の補助があることですかね。
担当する患者さんと病気の種類が多い分、気を遣うところが多いのも事実ですが、内科でじっくり患者さんと向き合えるのはとても良いことだと感じています。

朝一でも医師から指示を受けて処置に入ることが多いのでそこは大変です。指示が多いと通常の業務が終わりません。仕事が始まった瞬間に今日は残業かなとなることもあります。

10時
消化器科は胃や腸に疾患がある患者さんが多いので、途中でいきなり容態が急変して、吐血してしまったり、意識を失ってしまう患者さんもいます。さらに、ガンの患者さんも多いので急に痛みがきてナースコールが頻繁になることもあります。最初はこの目まぐるしい状況になかなかついていけませんでしたが、今では想定外のことが起きても冷静に対処できるようになっています。

11時
入院患者さんの食事や流動食、服薬の準備をしていきます。ガン患者さんが多く、麻薬を用意するので薬の取り扱いには特に気を遣います。絶対に間違えないように、確実に患者さんに飲んでもらいます。

12時
休憩がとれるときは休憩室でお弁当を食べてコーヒーを飲んでゆっくりします。化粧なおしもします。汗で崩れているので。仮眠室もありますが日勤の場合は使わないですね。

13時
午後はまずはミーティングをして午後の業務、手術のために外科へ送りだす患者さんの確認、放射線療法を担当する看護師の割り当てなどをおこないます。

化学療法と放射線療法の看護は、どちらも専門的な知識が必要なので、看護師としてのスキルが上がったような気がします。副作用があるので、それの説明、そして副作用が出た場合のケアも看護師の仕事です。また、消化器科は内視鏡による治療や検査が多く、内視鏡治療や検査があるときは、事前にやり方、注意点の説明をして、患者さんに納得して治療や検査に臨んでもらいます。

日勤は検査が多いので日勤の方がどちらかというと忙しいです。

16時 デスクワーク
日によって違いますが、業務が終わりに近づいて余裕があるときはパソコンに座ってカルテや治療のデータを入力します。医師からの指示で忙しくしているときはそういう余裕はありません。その場合、パソコン作業は残業中にやることになります。

16時45分 申し送り
朝とは逆に、夜勤の人に昼間の内容を引き継ぎます。これはどこの科目でも同じですね。しっかり引き継がないと医療事故にも繋がってしまいます。それが終わったら夜勤の人と一緒に夕食の準備や点滴の交換、介護の仕事に入ります。終業前でも仕事が尽きることはなく、忙しく動いていきます。

17時30分 業務終了
この時間で業務は終わりです。仕事が残っているときは残業しますし、大丈夫そうならこの時間で帰れます。私は残業して稼ぎたい派なので、仕事があれば積極的に残ります。消化器科はどちらかというと残業は多い方だと思います。

20時 帰宅
残業や後処理などでなんだかんだこの時間くらいに帰宅することが多いです。帰ったらまずはご飯を食べて、シャワーを浴びて、少しでも疲れをとるようにしています。

24時 就寝
この時間にはベッドに入ります。消化器科の仕事にも慣れてきたので、疲れが次の日まで残るということはあんまりないですね。できるだけたくさん寝ます。

以上になります。消化器科は常に忙しく、そのうえミスも許されない科目です。大変な分やりがいがありますし、看護師の腕はどんどん上がっていくのでその過程が楽しい科目だと思っています。

看護師転職・求人 診療科目別 消化器科 転職・求人先と仕事内容

消化器科の看護師として転職するのであれば、総合病院かクリニックか、ということになります。

消化器科は医療の中でも基本的な分野ですので、消化器科がない総合病院はまずありません。大抵の場合内科と外科に分かれていて、食道、胃
、胆道、肝臓、脾臓、大腸に関する疾患を治療していきます。外科であれば手術をする前提ですので、手術に関する知識や入れ替わりの早い患者さんに対応するだけの知識とスピードが求められます。内科であれば、じっくりと治療していくためのコミュニケーション能力や、急変に対応するための対応力が求められます。また、消化器内科特有の処置として、胃婁、ドレーン管理、ストーマ、内視鏡があり、それらの知識が身に付くのも消化器科で働く利点の一つです。

ガン患者さんが多いのも特徴の一つで、ガン治療の看護がしたいという人もオススメできる科目になります。
扱う疾患の種類が多く、消化器系のガン全てに加えて、胆石、急性膵炎、
食道・胃静脈瘤、腸閉塞、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎などが主な病気になります。どの病気も進行具合に応じて看護や治療の形を変えなければいけないので、看護師として覚えることはたくさんあるでしょう。その分自分の実力を上げるにはもってこいの科目だと言えます。
内視鏡治療と検査の補助ができるというのも消化器科の特徴です。

クリニック等の小さめの病院の場合、消化器「内科」であることが多く、外科的な治療をおこなうところは少ないです。軽い症状の患者さんが多いので業務内容は総合病院に比べると少ないでしょう。ハードな現場を避けたい人は小さめのクリニックを選ぶことをオススメします。クリニックの場合土日が休みのところもあります。

消化器科の看護師の給料は平均的で、病院の規模が大きくなると、給料も高くなる傾向にあります。
総合病院の場合は夜勤や当直もあることがほとんどなので転職の際はチェックしてみましょう。

看護師転職・求人 診療科目別 消化器科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

実際に転職に成功し、消化器科で看護師として働いている私から、転職活動のアドバイスをお伝えしていきます。

転職する前は、総合病院の口腔外科で働いていました。充実した毎日を送れていましたが、そのまま勤務を続けて数年経った後、別の科目や病院も経験してみたいと思うようになりました。

その後、転職サイトで求人を見つけ、前とは別の総合病院に転職することになったのです。運よく前よりも条件面で良いところが見つかったのです。求人サイトの力ってけっこう凄いですね。

そして、内容に関わらずきつくてもいいので看護師としてのスキルを総合的に磨いていける現場、消化器科を希望しました。
なんとか私の希望を聞いてもらうことができ、今は消化器科で実際に働いています。

消化器科はハードですし、急変して苦しむ患者さんも多いです。ただ、冷静に対処することで患者さんの力になることができますし、チームで動くので看護師をやっているという実感は前よりも強いです。
消化器科はガンの患者さんも多く、全員を救えるわけではないので悲しくなることもありますが、少しでも良くなってもらうためにも、できることをやっています。祖父がガンで亡くした経験があるので、ガンで死ぬ人を少しでも減らしたいという思いもあります。

仕事内容以外にも、残業が多かったりと体はきつくてヘトヘトになることもありますが、その分手当などを含めて転職前よりもだいぶ給料が上がりました。今のところ結婚の予定はないですし、看護師をやっているならたくさん稼ぎたいという気持ちもあります。

消化器科への転職を希望している人へのアドバイスとしては、まずは内科と外科のどちらに行くかを選んだ方がいいのかなと思います。内科であればクリニックとか小さな病院を選べば仕事内容はそこまでハードではないですし、外科であれば手術に関連する知識、検査で看護師のスキルアップが目指せます。総合病院ではどちらも担当する看護師もいるみたいですね。

総合病院になると、科目の希望が100%通るというわけではありませんが、もしスキルアップしたいという強い思いがあるなら、私は消化器科はオススメできますよ。転職して身に付けた知識は他のところに行っても必ず役に立つと思っています。精神的にも強くなりますし、実力もつきます。転職活動の際はその熱意を伝えてみて下さいね。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

当サイトの一押し!

こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング