看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 産婦人科

看護師転職・求人の診療科目別 産婦人科

看護師転職・求人 診療科目別 産婦人科 ある日のタイムスケジュール

看護師として、産婦人科に転職した人のある日のタイムスケジュールをお伝えしていきます。

産婦人科は、妊娠、出産に関する医療行為を扱う科目になります。看護師が分娩することはありませんが、母子共に健康な状態で退院してもらうためにある科目です。

それでは、産婦人科に転職した人のタイムスケジュールを見ていきましょう。

6時30分 起床・朝食
私が勤務しているのは総合病院の産婦人科です。夜勤もありますが、日勤の日はこの時間に目を覚まして、すぐに朝食を食べます。時間がないのですぐに食べられるパンとかが多いですね。

7時 準備
着替えて身だしなみを整えたら、あとはカバンを持って出勤するだけです。とくに準備する物はありません。

7時20分 出発
車通勤なので、車に乗って15分くらいの道のりを運転します。前の職場よりも少しだけ近くなりました。

7時35分 到着
従業員専用の駐車場に着いたらすぐに更衣室(ロッカー)に向かいます。ナース服に着替えて再度身だしなみを整えます。服装が乱れていると怒られます。

8時 ナースステーション到着
着替えが終わったら、ナースステーションに向かいます。早めに行って同僚と話したり、仕事の準備を進めておきます。

8時30分 申し送り
朝礼をやって、夜勤の人からの引継ぎを受けます。ここからが勤務開始です。うちの病院はお産も診察もありますし、新生児も入院しているので引継ぎを受ける項目はたくさんあります。今日の分娩室の状況なんかもチェックします。

まず最初にやることは血液検査・血圧測定・尿検査などです。入院している患者さんは出産が近かったり、母体もしくは胎児になんらかの問題を抱えているので、毎日の健康チェックは欠かせません。看護師としての基本的な仕事ですね。

その他、朝一から診察補助に入ることもあります。要するに外来の患者さんの担当ですね。

9時 分娩
どの作業中であっても、分娩(出産)がある場合、分娩室に入ることがあります。私は助産師ではないので、お産を手伝うというよりは、補助に入る感じです。毎回分娩に立ち会うわけではないですが、やっぱり新しい命の誕生は神秘的だと感じます。

11時
入院患者さんのケアに入っていきます。さらに、お昼の食事と服薬の準備があるのでこの時間はけっこう忙しいです。その他に、母親の体調管理や栄養指導、授乳介助や沐浴、オムツ交換、栄養指導なんかもおこないます。
あとは、入院患者さんの精神的なケアも大切です。出産前は精神的に不安定になりがちですし、自分とお腹の子供、両方の心配をしてしまうので、しっかりと状況を説明して気持ちよく出産に臨んでもらいます。

11時30分
この時間から順番に休憩をとっていきます。休憩ではないグループの看護師で昼食の準備と配膳です。

自分が休憩のときは、病院の食堂で食べることになっています。仲が良い看護師の友達と一緒に食べることが多いですね。

13時 午後の勤務
午後の勤務も基本的にやることは変わりません。午後の仕事に入る前に進捗などを確認するミーティングをおこないます。その内容によって多少変化があります。

診察や処置に入ることもあるので、性病や子宮ガン健診、中絶手術の補助をすることもあります。
産婦人科は産科と婦人科がくっついているのでやることや覚えることの幅がけっこう広いです。最初は苦労しました。

16時
やることが一通り終わったら、少し落ち着ける時間帯です。とはいえ他の人の作業が忙しいとそっちを手伝うので落ち着けるというほどではありません。新しい患者さんの対応に追われることもあります。入院患者さんを担当しているときには、この時間から電子カルテ、日報の入力に入ります。

17時 申し送り
夜勤の看護師が出勤してくるので、申し送りに入ります。患者さんの様子、病気や胎児の状況など、伝えることがたくさんあります。精神的なことも引き継ぐようにしています。

17時30分 終業
この時間で勤務終了です。分娩室に入っているときは残業になりますが、どちらかというと残業は少ない方だと思います。忙しい日を除いては定時で帰ることができます。

18時30分 帰宅
勤務が終わったら更衣室に行って着替えてから病院を出ます。たまに同僚と話し込んでしまうこともありますが、基本的にはすぐに帰りますね。彼氏と同棲しているので家に帰って夕食の支度です。

19時 夕食
この時間に一緒に住んでいる彼氏が帰ってくるので、一緒に食事をします。残業が長い日なんかはちょっとずれこんでしまいます。あ

20時 自由時間
ここからが自由時間です。産婦人科の勉強をすることもあれば、ゆっくりテレビを見ることもあります。転職して残業が減ったので自由な時間が増えたのはとても嬉しいですね。

0〜1時 就寝
次の日に備えてこの時間に寝ます。

以上になります。産婦人科に転職してよかったのは、出産の手伝いができることと、女性の患者さんしかいないことですね。私は男性の患者さんがどうも苦手だったのでそこはよかったです。産婦人科の仕事はたくさんあるので、スキルアップにも良かったと考えています。あとは、前の病院より残業が減ったのも嬉しいポイントです。

看護師転職・求人 診療科目別 産婦人科 転職・求人先と仕事内容

産婦人科の看護師として働ける転職先には主に2つの種類があります。総合病院かクリニックです。

総合病院の方は規模が大きく、産婦人科といっても様々な病気を扱います。お産をやっていないというところもあるので転職を考える際は要チェックです。仕事内容としては血液検査、血圧測定、尿検査、エコー検査などの補助、薬の説明、服薬指導、母親の体調管理、栄養指導、母親の精神的なケア、授乳介助、沐浴、オムツ交換、分娩時の助産師のサポート、性病検査、ガン健診補助、手術補助などです。
女性特有の病気や症状を幅広く扱うため、知識が身に付きますし、スキルアップも可能です。

総合病院の場合は希望の科に配属されない可能性もありますが、産婦人科は人手不足のところが多いので、予め希望を伝えてみるといいでしょう。

クリニックや小さな病院の場合は、産科、婦人科、産婦人科に分かれていることが多く、仕事内容も異なります。
産科は妊娠と出産に特化していますし、婦人科は女性特有の病気や症状(月経不順や婦人科腫瘍・更年期)を診るところです。産婦人科はその両方になります。
病院による差がかなりあるので、転職を考える際は一度その病院について調べてからの方がいいでしょう。

また、クリニックの中には不妊治療を専門にやっているところもあります。産婦人科とは少し毛色が違いますが、看護師を募集しているところも多いため、転職の際の候補に入れてみるのもいいでしょう。
不妊治療の場合はお産がなく、診察や検査の補助がメインの仕事になるため、仕事内容は比較的緩やかです。ただ、その分患者さんの精神的ケアに比重がおかれているため、コミュニケーション能力に自信がある人にオススメです。

全ての施設に言えることですが、看護師は助産とはまた別なため、お産をやっている病院でも子供を取り上げることはできません。
助産師の資格がある、もしくは前の職場で産婦人科だった場合は、産婦人科への転職もうまくいきやすいでしょう。

看護師転職・求人 診療科目別 産婦人科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

ここからは、実際に産婦人科への転職に成功した私からの転職、求人のアドバイスについてお伝えしていきます。

私は現在、総合病院の産婦人科で働いています。以前は別の病院で看護師をしていて、そこから転職してきた形です。

以前働いていた病院はかなりハードで残業も多く、体を壊してしまいました。一度は看護師を辞めることも考えたのですが、少しでも誰かの役に立つ仕事がしたいと思い、もう一度看護師をやることを決意したのです。

転職してもまた前みたいに体を壊してしまわないか不安でしたが、転職サイトの担当の人が、残業が比較的少ないところを紹介してくれたのでよかったです。

男性の患者さんが少し苦手だった私は産婦人科に行きたいと希望を出したのですが、実際に転職して希望通りの科目に行けて本当に良かったです。

産婦人科は同じ女性が悩んでいることが多い場所で、話しを聞いてあげて、気持ちを楽にしてあげるのが看護師の仕事です。もちろん医療の現場ですので看護師としての処置もおこないます。
あとは分娩に立ち会えるというのは産婦人科ならではの経験です。今までになかった感覚を仕事で味わうことができます。お産はトラブルが多いので大変なこともありますが、やっぱり出産の現場は個人的に好きですね。

注射や点滴など、基本的な仕事内容は他の科目とそう変わらなかったので、以前の経験が活かせてよかったと思っています。

私からの転職アドバイスになりますが、もし産婦人科で働きたいと思うなら、総合病院よりもクリニックを狙ってみるのがオススメです。総合病院は希望の科に行けるかどうかわかりませんし、クリニックの方が体は楽です。

逆に、ガンガン働いてスキルアップしたいという人は、総合病院を受ける際に、産婦人科に行きたいという熱意を伝えてみるといいでしょう。
総合病院の産婦人科は、いろいろな症状を扱うので知識やスキルが身に付きますよ。

あとは、産婦人科の中でも、お産を扱うのか、婦人科のみなのか、など仕事内容がけっこう変わってきますので、そこは転職前によく調べておいた方が、後悔を防げますよ。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

当サイトの一押し!

こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング