看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人の診療科目別 神経内科

看護師転職・求人の診療科目別 神経内科

看護師転職・求人 診療科目別 神経内科 ある日のタイムスケジュール

看護師として、神経内科への転職に成功した人の、ある日のタイムスケジュールをお伝えしていきます。

神経内科とは、脳や神経に異常がある患者さんで、且つ手術が適応外の患者さんを治療する科目になります。長期入院でリハビリを必要とする患者さんが多いことから、小規模の神経内科専門の病院は少なく、中規模以上の病院が多いです。小規模のところは他の科を合わさっているところがほとんどです。

今回は、総合病院の神経内科に勤務する看護師の一日を紹介していきます。

6時20分 起床
朝起きて顔を洗って一日がスタートします。一人暮らしなので朝食は軽め、もしくはとらないことが多いですね。しばらくボーッとして目を覚ましていきます。

7時 朝食、準備
化粧をして身だしなみを整えて、準備完了です。

7時15分 出発
病院までは車で30分。朝は混んでいるので安全運転で出発です。

7時45分 到着
病院の駐車場に着いたらバッグを持って入口に向かいます。ロッカーに行ったらナース服に着替えて気合を入れます。

8時15分 朝礼
ナースステーションに着いたら朝礼をして業務の確認をしたら、夜勤の看護師からの申し送りの時間です。入院患者さんの症状、リハビリの進行具合などを聞き取ります。今日の業務についても指示があるのでしっかり覚えておきます。

8時30分
私がいる病院は、神経内科の中でも回復期・慢性期の患者さんが多く、脳梗塞や脳出血で緊急で運ばれて来る患者さんは少ないです。救急救命から来る患者さんもいます。

神経内科の疾患は主にパーキンソン病などの大脳基底核疾患、脊髄小脳変性症などの小脳性疾患、アルツハイマー病などの認知性疾患、脳梗塞などの脳血管障害、脊髄空洞症などの脊髄性疾患、多発性硬化症などの免疫性脱髄性疾患、ヘルペス脳炎などの炎症性疾患、ギラン・バレー症候群などの末梢神経疾患、重症筋無力症のような神経・筋接合部障害、筋ジストロフィーなどの筋肉疾患などの難病と呼ばれる患者さんが多くいて、入院日数も長い患者さんが多いです。

朝はまず病棟を周ってバイタルサインのチェックや点滴、採血、などをおこないます。ここらへんは前の科目でもやっていましたし、どこの科目でも同じだと思います。急変の可能性がある患者さんが多いので、少しの変化も見逃さず、早期発見で悪化を食い止めます。

11時
この時間からは昼食の準備と配膳、薬の準備と点滴交換などをやっていきます。神経内科は麻痺などの影響で、自分ではうまく食べられない患者さんも多いので食事の補助や介護に追われます。

11時30分
看護師の中で交代で1時間の休憩をとっていきます。昼食は病院の食堂で食べます。今いる病院の食堂はけっこう味がいいんです。たくさん食べて体力を補給します。

13時
全員が休憩を取り終えたところでミーティングをおこないます。作業の進捗、午後の仕事についての確認作業ですね。

14時
神経内科では、基本的な看護業務に加えて、リハビリの補助の仕事が多くなります。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のスタッフと連携してリハビリを手伝うことがあります。また、患者さんにリハビリのやる気を出してもらうのも看護師の大事な仕事です。

その他、介護に関係する業務が多く、保清表というものを作成して介助が必要な患者さんの身体ケアを行います。シャワーや入浴介助、全身清拭、陰部洗浄をやっていきます。病院によっては、看護助手の人やパートタイムの看護師さんが全てやってしまうところもあるようですが、私のところは看護師も手が空いた人から入っていく感じでした。これも神経内科の特徴の一つですね。

17時 申し送り
夜勤の看護師が出勤してくるので業務内容を引き継ぎます。今日やったことから患者さんの変化まで事細かに引継ぎをします。神経内科ではリハビリの状況も引継ぎ内容に含まれます。

17時30分 業務終了
残業がない日はこの時間で業務は終わりです。片付けをして着替えて帰ることができます。残業はそれなりにありますが、前の職場ほどではありません。神経内科でも忙しいところは残業が多いところもあるみたいですね。

18時30分 帰宅
日勤で残業がない日はけっこう貴重なので、すぐに帰って家での時間を作るようにします。まずは夕食を作るところからですね。

19時 夕食とリラックスタイム
夕食を食べたら後は自由に過ごしています。次の日が休みでない限りは一人で過ごすことが多いです。できる限り仕事のことは忘れてリラックスして過ごします。

24時 就寝
次の日に備えて寝ます。神経内科は介護業務が多くて体力を使うので疲れてぐっすり寝られます。

以上になります。神経内科はある程度病気の内容が固定されている分、知識は入れやすいと思いますが、患者さんと接する時間は長いので気を遣います。患者さんと二人三脚で一緒に治療していけるのはやりがいを感じられるところですね。

看護師転職・求人 診療科目別 神経内科 転職・求人先と仕事内容

神経内科の看護師の転職先としては、総合病院、クリニックなどの小規模な病院があります。
ただ、神経内科専門の病院は中規模以上の施設が多く、クリニック等になると他の科と合わさっているところが多いです。

神経内科の中でも、急性期と回復期、慢性期の病院があり、それぞれ症状の重さが異なります。転職の際はそこもチェックしてみるといいでしょう。
神経内科のレベルの高い医療を経験したい人は急性期を、リハビリ看護やチーム医療に興味のある人は回復期や慢性期を選ぶと良いでしょう。
そして、急性期に興味のある人はtPA静注療法を行っているかどうかをチェックしておくといいですね。tPA静注療法は脳梗塞を内科的治療で治すという最先端の治療法ですが、副作用があるので脳外科の緊急手術を24時間いつでも行えるような病院でないと行うことができません。
tPA静注療法を行っている病院は、脳卒中発症直後の患者さんが救急搬送されてきますので、救命救急と連携して超急性期の看護を経験することができるかもしれません。

神経内科の通常業務は、バイタルサインのチェックや点滴、採血、医師の診療の補助、日常生活援助など基本的には他の診療科と大きな違いはありません。

ただ、神経内科の場合は、疾患のために食事や排泄、歩行などの日常生活が思うように送れない患者さんが多いですので、食事介助や排泄介助、移動介助などの仕事の割合は、ほかの診療科に比べるとやや多めになります。

また、リハビリに関係する業務が多いのも特徴の一つで、病院の中にあるリハビリ施設で医師や看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士などが協力してチーム医療を実践しながら、リハビリをやっていきます。
看護、介護、リハビリと、総合的に看護業務をこなしていくので、どちらかというと忙しい科目になります。ただ、手術はおこなわないのでそこは人によっては良い点かもしれませんね。

一人の患者さんと接する時間が長いのも特徴で、大抵が長期間の入院になるため、じっくりゆっくりと接していかなければなりません。麻痺などの後遺症が残るケースもあるので、精神面のケアも看護師の仕事です。

給料は一般的な看護師と同じくらいの水準で、大きな病院になるほど平均的な給与水準は高くなる傾向にあります。
残業は他の科目に比べると少ないようですが、入院施設がある病院では夜勤、交代勤務があるので転職の際はよくチェックしておきましょう。

看護師転職・求人 診療科目別 神経内科 現役看護師からの転職・求人アドバイス

ここからは、転職に成功し、神経内科で看護師として働いている私からのアドバイスを伝えていきます。

転職先の科目で迷っているのであれば、どんなふうに患者さんと向き合いたいのかを考えた方がいいかもしれません。

私の場合はどちらかというと、長い期間患者さんと接してじっくり治療を進めていくような現場がいいと考えていました。以前は救急救命にいたのですが、患者さんの入れ替わりが頻繁でしたし、常に忙しく動いていたので、患者さんと向き合うというより、命と向き合うといった側面が強かったです。

私はじっくり看護できるような現場が良いなと考えていたので、神経内科に行けたのはとても良かったと感じています。残業も少し減って、給料も少し上がったので、転職は成功ですね。

仕事内容は入院患者さんの身の回りの世話から始まり、リハビリの手伝いや精神的なケアもおこないます。看護もこなしつつ、介護業務もこなさなければいけません。チームで一人の患者さんを最大限世話していく感じですね。
介護があまり苦ではない人ならそこら辺はすぐ慣れると思います。

リハビリの方は前の職場では全く関わらなかったので最初は戸惑いましたが、患者さんが少しでも良くなっていく工程を見られるのはいいですね。最初は悲観的だった患者さんの考えが前向きになって、リハビリで症状も改善していくので、私はそこにやりがいを感じることができています。

ですので、転職の際はどんな仕事がしたいか、どういうふうに患者さんと接していきたいかを考えてみるといいでしょう。そうすることで視野が広がりますし、転職に失敗するということも少なくなるでしょう。条件面のチェックは当然ですが、広い視点で将来の自分を想像してみると転職先のイメージも描きやすいと思います。

神経内科は体力も使いますし大変なこともありますが、その分やりがいがあると思っています。自分が納得して働けるような、良い転職先の求人を探してみて下さいね。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態



こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング