看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人を成功させる秘訣とは?

看護師転職・求人を成功させる秘訣とは?

看護師転職・求人を成功させる秘訣とは?

看護師の転職を成功させる秘訣とは、良い求人を見つけることに他なりません。それでは、その良い求人を見つける秘訣はどんなところにあるのでしょうか。様々な要素を元に見ていきましょう。

まずは、看護師の求人を探す「場所」についてです。良い求人がある場所で転職活動をすることで、転職を成功させる確率も高まります。
求人を探す場所はいろいろありますよね。主には、ナースバンク、ハローワーク、求人サイト、看護師専門の転職・求人サイトなどがあります。それぞれの特徴を紹介していきます。

・ナースバンク
ナースバンクは、公益社団法人である日本看護協会が運営している看護師専用の職業紹介所です。日本看護協会が運営しているため看護師なら安心して利用可能です。看護師資格を持った相談員が常駐しているため、無料で相談することができます。とくに地方の求人に強いという特徴があり、地方の求人を探すのならオススメできる求人探しの場所だと言えます。ただ、転職活動自体をサポートしてくれるわけではないので、あくまでも転職先を探すのは自分自身になります。

・ハローワーク
ハローワーク(公共職業安定所)とは、職業紹介事業を行う機関で、国が運営している施設になります。全国にあるので、地方在住であっても出向いて求人を探しやすいという特徴があります。無料で求人情報をチェックできますし、相談員に相談することもできます。医療関係の求人も扱っています。ただし、看護師の転職を支援する施設ではないため、看護師の求人に絞ると求人はそう多くはありません。また、実際に行って探さなければいけないので近くにない場合は移動の手間がかかります。

・求人サイト
ネット上に数多く存在する求人サイトです。リクルートが運営する大手サイトなんかが有名ですね。正社員・アルバイト・パート、その他勤務地、休日、給料など、条件を絞り込んでネット上で検索できるので非常に便利です。ネット上で細かく探せるというのが最大の利点で、家にいながら転職サイトを探せます。ただ、普通の求人サイトは看護師専門サイトではないため、医療関係の求人の数は少ないです。

・看護師専門の転職・求人サイト
こちらも他の求人サイトと同じように、主にネットで求人を探すためのサイトです。通常の求人サイトと同じようにたくさんのサイトがあり、それぞれに医療系の求人情報を掲載しています。ポイントは、看護師求人の専門サイトであることと、登録が必要になる点です。看護師を対象にした専門的なサイトなので、医療系の求人のみを扱っているため、求人を探しやすいですし、条件の検索もしやすいです。普通の求人サイトだと、関係のない求人の中から探していくため手間がかかります。なにより医療系の求人の数が段違いに多いです。そして、サイトに登録することで「非公開求人」と呼ばれる通常では掲載されない求人を閲覧することができます。また、アドバイザーと呼ばれるスタッフが良い求人があったら紹介してくれるサービスもあるので、転職・求人を成功させたいなら是非利用したいサイトです。

以上のように、看護師の転職情報、求人情報を探せる場所は複数あるので、それぞれをうまく活用していくことが転職成功の秘訣だと言えます。必要であれば複数のサイトや場所を利用することで、求人の幅を広げることも可能です。

次は時期についてです。企業は1年の始まりが4月とされています。新卒で入社する場合は4月からですよね。病院も同じで、4月から入ってくれる人の募集がかかりやすいのが12月〜2月です。
転職の求人であってもその時期に募集が集まりやすいので、求人を探す際もその時期が有利です。求人が多ければ多いほど、有利な条件の募集を探しやすいですからね。

あとは、夏のボーナスが貰える5〜6月や、冬のボーナス後にあたる10月〜11月も求人が増える時期だと言われています。転職を成功させるためにもできる限り求人数が多い時期を狙っていきましょう。

次は、休日や夜勤の有無、についてです。転職というとどうしても給与に目がいきがちですが、プライベートの時間を重視したいという人は、休日や夜勤についてもしっかりとチェックしておく必要があります。

休日なら、週休2日制と完全週休2日制は全然意味が違います。週休2日制は週に2日休みという意味ではなく、週に5日以上の休みがあるという意味になりますので、必ずチェックしておきましょう。完全週休2日制の場合は、文字通り週に2回休みがありますよという意味です。

夜勤に関しては、給与の欄が夜勤ありの場合と夜勤なしの場合で分かれている場合は、選べるもしくは配属先によって変わるということになります。単純に夜勤あり、なし、で記載されている場合にはどういう時間でどういう働き方になるのかというのは事前に確認しておく必要があります。看護師専門の求人サイトであれば面接前に確認が可能です。
休日や夜勤に関して細かく確認しておくことも、転職を成功させるための秘訣ですね。

最後に、給与に関してです。転職する際に給与を全く見ないという人はいないかと思いますが、単純な表記ではわからない部分を見極めるというのは、転職を成功させるうえで大切なことです。
例えば、求人情報には月給の記載があると思いますが、月給は「基本給+各種手当」を載せるのが普通です。つまり、月給が高い=基本給が高いというわけではありません。月給の記載が他の病院と比べて高い場合、その分残業や夜勤、変則勤務などが多い可能性があるので、担当者に確認してみる必要があります。

ボーナスの金額は基本給に応じて決まるため、月給は少なくても、月給に占める基本給の割合が多い場合は必然的にボーナスの金額は多くなりますので、年収が高くなります。
賞与に関する記載がない場合はボーナスがないこともありますのでそこも確認が必要になるでしょう。

上記のように、単純な記載ではわからない部分というのがあるため、転職を成功させるためには、その見えない部分をしっかりと確認することが大切になるでしょう。
そういう部分は看護師専門の求人サイトだと、受ける前にスタッフ経由で聞いてもらうことも可能なので是非利用してみましょう。

現役看護師からの転職・求人アドバイス

実際に転職をした私の体験談も含めた、転職・求人を成功さえるコツ、アドバイスをお伝えしていきます。

私は働いている病院に不満があり、転職したいという願望を抱えていたまま仕事をしていました。結果として3年近く不満を抱えていたまま仕事をしていたことになるので、その時間が少しもったいなかったかなと今では考えています。

実際に看護師として働いている人であればわかるかもしれませんが、看護師として働いている中で、新しい転職先を探すというのは簡単なことではありません。というのも、看護師として仕事をしていると「転職先を探す時間的余裕がない」という事情に直面するからです。また、何度も何度も転職をするのはキャリアを形成するうえでマイナスになると考えられることから、「転職するなら確実に成功させたい」という気持ちが、なかなか簡単には転職に踏み切れないとブレーキをかけてしまうんです。

看護師は不規則な生活で、休みも限られていますので、自由に転職活動をすることはできません。平日の昼間に時間をたくさん使って転職活動するのは難しいですし、無理して転職して失敗はしたくないですからね。

そんなこんなで私の場合はなかなか転職に踏み切れずにいたんです。

とはいえ、今の病院は労働時間が長い割に給料が低く、その不満を解消するために、少しずつ転職活動をしていくことにしました。

あるとき、「看護師専門の転職・求人サイト」を見つけ、そこで今働いている病院の求人を見つけたんです。

そのサイトの何が良かったかというと、登録しておけば、求人の情報を自動的に送ってくれたり、連絡をくれたりするところです。サイトを毎日毎日チェックする余裕はなかったので、良い求人が新しく入ってきたときに連絡をもらえれば、見落とす心配がないと思ったのです。

そうして私は看護師専門の転職・求人サイトに登録して、すぐに良い条件の転職先を見つけることができたのです。

そしてもう一つ、とても良かった点は、条件面で代わりに交渉してもらえる点です。求人情報だけでは、やっぱり内部の事情はわかりませんし、給料に関しても本当に正確に記載している病院は少ないです。そういうボヤけた部分を、求人サイトのスタッフに問い合わせることで、はっきりしてもらえるところはとても助かりました。
転職しても不満点が解消されなかったらあまり意味がなくなってしまいますからね。

あとは職場の雰囲気についてです。条件面は求人票を見ればわかりますが、職場の雰囲気まではなかなかわからないですよね。人によって合う合わないがありますし、病院内の部署、病棟によって違いがあります。
だからといって私は妥協したくなかったので、求人サイトに問い合わせて病院から回答をもらったのと、あとは面接の前に一度希望している病院に行ってみました。その結果、大丈夫という確信がもてたので、今の職場に決めた形です。

ですので、これから転職しようと考えている人は、まず自分が次の職場で改善してほしい点、つまり今の職場での不満点ですね。そこを明確にすることが第一段階です。
全てが揃った職場というのはなかなかないものですが、譲れないポイントがわかれば、マッチする求人は探しやすいです。看護師専門の求人サイトならそのポイントを伝えておくだけでいいですし、なければ他のサイト等も含めて探していくのがベストです。自分がここだけは譲れないという不満点の解消が見込めるような職場、病院に転職することが転職を成功させるための秘訣だと思います。

私の場合はまず給料をアップさせることを目標に設定し、第2のポイントとして残業を含めた労働時間を減らすことを掲げました。
給料の方は単純な月給だけでなく、月の労働時間にたいして基本給はいくらくらいなのかというのを面接前に確認してから転職に踏み切れたのです。

そうすることで、結果として前の病院よりも残業が少ないのに、基本給が上がってボーナスの額も上げることができたのです。さらに今働いているところは看護師同士の人間関係も良好なのでとても満足しています。

このように、条件を決めてじっくり転職活動に臨めば、きっと自分が望んでいる職場を見つけることができますよ。よければ参考にしてみて下さいね。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

当サイトの一押し!

こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング