看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較

現役看護師が伝えたい転職・求人の成功体験談

イラスト
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!
看護師転職・求人の秘訣を徹底比較 STEP1看護師転職・求人サイトを選ぶ→STEP2無料登録をする→STEP3非公開求人情報をゲット!

TOP > 看護師転職・求人サイトの非公開求人とは?

看護師転職・求人サイトの非公開求人とは?

看護師転職・求人サイトの非公開求人とは?

看護師が転職先を探す際の探し方として、「非公開求人」と呼ばれているものがあります。一昔前でしたら、どんな職種であっても、フリーペーパーやハローワークなどの公開求人が一般的でしたが、現在は非公開求人で転職を決める人が非常に多くなってきています。

その理由の一つとして、Web上で求人を探すという行為が一般的になってきたことがあげられます。Web上で、というのはいわゆる求人をネットで検索して、という行為を指すわけですが、ネットで求人を探す行為が広がったおかげで、企業としても様々な形で求人を出すようになってきました。その一つが非公開求人というわけです。

それではまず、公開求人と非公開求人の違いについて説明していきます。言葉だけを聞くと、公開求人は一般に公開されているもの。非公開求人は一般に公開されていない求人。という意味になりますよね。意味の説明としては間違っていないのですが、両者には採用までのプロセスに違いがあります。

公開求人は求人をおこなう企業側が直接的な窓口になり、広く人材を募集します。フリーペーパーや普通の求人サイトはただ単に掲載しているだけですので、応募したい人は企業に直接電話なり書類なりを送り、その後面接に進んでいくわけです。看護師なら病院に直接アプローチするやり方が公開求人なわけです。

非公開求人は、転職サイト等を運営している人材紹介事業者が求人を行う企業と応募者の間に入り、一次的な窓口となります。非公開求人を載せている求人サイトは、その分野を専門的に扱っている求人サイトが多く、サイトが求人の仲介をしてくれる形になります。看護師だったら看護師専門の転職・求人サイトがその例ですね。サイトに登録したり、サイトのスタッフに紹介されない限りはその求人情報を見ることすら許されないため、その求人は非公開求人になるわけです。

ではなぜ病院や企業は、わざわざ求人を非公開にして人材を募るのでしょうか。求人を出すということは、当然人手が足りていない、誰かが退職する、という理由があって募集するわけです。人手が足りているのにわざわざ人を募集する企業なんてありませんからね。ですので、当然たくさんの人が応募してきてくれた方がありがたいわけです。その中から仕事がデキる人を選べるわけですからね。

ただ、求人を公開して広く人材を募ることは、デメリットも存在します。それは、募集に人が殺到してししまう可能性があることです。日本は不景気が続いていますから、良い条件の求人があれば当然たくさんの応募があります。そうなると、企業としては全ての人を精査して、見極めるという手間が発生します。数人なら人材を見極めるのにそんなに労力はかかりませんが、それが数十人、数百人となると大変な労力になりますよね。
それに、たくさんの応募があればあるほど、断る手間というのも発生します。経験者のみを募集しているのに、未経験者が何十人も応募してきた場合、その一人一人に対応していかなければいけないわけです。例えば看護師の募集だったら、看護師資格を持っていない人が応募してきたとしてもその都度対応していけなければなりません。実際に、ある企業では公開求人に応募が殺到しすぎて電話と業務がパンクしてしまった例があるそうです。

一般的に、求人を非公開にする主な理由としては上記の通りですが、看護師を募集するにあたって、非公開求人が多い理由と非公開求人を探すメリットについて、もう少し掘り下げてお話ししていきます。

看護師専門の転職・求人サイトにおいて良い求人に非公開なものが多いのは、給与水準を高くしても、経験のある看護師が欲しいという病院が多いというのが理由の一つとしてあります。例えばスキルや経験のある看護師を給与を高くしても雇いたいという場合、それを一般公開してしまうと、誰にでも見られる環境にあるため、現在その病院で働いている看護師から不満が出てしまう場合があります。例えば自分の月給が25万円で、働いている病院の求人に28万円と書いてあったら、なぜ同じ病院なのに自分だけ給料が低いのかと不満に思ってしまいますよね。とくに、近くに病院がたくさんある場合、病院側は他の病院よりも給料を上げてでも良い人材が欲しいと考えるわけですが、今働いている人のことを考えると、周りにはあまり知られたくないというジレンマに陥るわけです。そのジレンマを解消するためのシステムが非公開求人なのです。

その他にも、ピンポイントで募集したい人材が決まっているときも非公開求人が利用されます。例えば、管理職の採用や、特定の科目、特定の経験を持った人のみを募集したい場合です。ピンポイントで必要な人が欲しいということは当然募集人数は1人か2人になりますし、その場合求人を公開にして応募が殺到してしまうと困るわけです。管理職を募集したい場合には、同じ病院で働いている人に該当者がいないということを公にするわけにはいきませんので、これもまた非公開、という形になるわけです。

このように、非公開求人は雇う側にも働く側にも数多くのメリットがあるわけですが、落とし穴も存在しています。それは、いわゆるブラック企業と呼ばれる企業もこの非公開求人を好む点です。例えば違法な残業が多い場合など、公開求人にして求人内容を全然違うものにしたらブラック企業であることが広まってしまうので困りますし、働いている側からこの求人内容は違うよとネットで拡散されたりしたら非常に困るわけです。応募する人を限定できる分、悪い企業にとっても非公開求人は使いやすいシステムになっているわけです。非公開求人というシステムが広がってしまった弊害ですね。

ただ、看護師の求人に関してはこのようなブラックな求人を出す病院は非常に少ないです。まず、非公開求人の場合、間に入る専門のスタッフが内部の事情も含めて精査してくれますし、求人内容が正しいかどうかの確認もしっかりとってくれます。もし変な企業を紹介してしまったら紹介した求人サイト側にも責任があるため、看護師専門のサイトにおいてそういった求人はかなり少ないと言えるでしょう。
また、医療関係の仕事は横の繋がりや世間からの信頼度がとても重要な職種ですから、変な求人、ブラック求人は少ない傾向にあるのです。
とはいえ、万が一にもそういった求人にあたってしまわないように、面接前に求人の内容や条件についてしっかりと確認をとっておくことが大切なので覚えておきましょう。

これで非公開求人については理解していただけたかと思います。看護師の転職の鍵を握るのは良い条件の非公開求人をいかに見つけるかが鍵になっています。転職の際は非公開求人を紹介してもらえる転職・求人サイトを利用してみて下さい。

現役看護師からの転職・求人アドバイス

ここからは、実際に看護師転職・求人サイトを利用して転職に成功した私から、経験談と転職に関するアドバイスをお伝えしていきます。もし同じように悩んでいる人がいたら参考にしてみて下さい。

私は、看護師として以前いた病院に7年間勤務していました。仕事はやりがいがありましたし、看護の仕事は嫌いではなかったため、今後もずっと続ける予定でいました。ただ、このままここで働いていていいんだろうという漠然とした不安と、結婚後はこの生活は続けられないだろうという不安と、2つの不安がずっと頭の中にあったのです。

看護師はハードな仕事ですが、結婚や出産を経験しても、ずっと同じ病院で働いているという人もたくさんいます。ただ私は元々体があまり強い方ではなかったので、他の場所や生活を経験するのもいいのかなと思い始めていました。

その後もしばらくは仕事を続け、結婚を機に看護師を辞めることも視野に入っていました。いわゆる寿退社というやつですね。結局、看護師を続けたい気持ちと、主婦としての生活を選びたい気持ちと、半々のまま病院を退職することに決めました。

そうして結婚、出産を経験し、専業主婦を続けているうちに、やっぱりまた看護師を続けたいという気持ちが再燃し、看護師への復帰を決めることになったのです。

その後はハローワークや求人サイトなどで病院の求人を探してみました。ブランクがあるとはいえまだまだやっていける自信はありました。それに、主婦業をおろそかにしたくはなかったのでパート勤務で探していたんです。ですが、条件が合うものはなかなかありませんでした。

求人サイトで大きい病院の募集はいくつか見つけたのですが、どちらかというと家の近くのクリニック等で働きたいと考えていたので、私の希望には該当しなかったのです。そこで、看護師専門の転職・求人サイトに登録してみることにしたのです。私にはブランクがあったのでそこまで高望みしてはいませんでしたが、最低限働きやすいような病院を選びたかったからです。

登録して一番良かったなと感じたのは、非公開求人をいろいろ紹介してもらえたことです。普通に転職活動をしていた中ではなかなか見つけられなかった求人や、こんなのもあるんだという医療施設まで、たくさんの転職先の候補になるような求人があったのです。ですが、最初はそれでもやはり条件に合うものがありませんでした。

ただ、諦めたくはなかったので、転職サイトのスタッフに自分の状況や希望を細かく伝えて、そのうえで良い求人を探してもらえるようお願いしました。そこのスタッフの人はとても親身になって話しを聞いてくれて、ブランクがある人へのアドバイスや、あまりハードではない職場を優先的に紹介してくれるということになったのです。

そうして数週間後には、条件に合う職場を紹介してもらうことができました。家の近くで、クリニックで夜勤もなく、職場の環境面、そして給料も私の希望は全てクリアしていた職場です。ちなみに今現在もそこで働いていますが、不満もなく楽しく働けています。

私の経験からお伝えしたいことは、少しでも良い条件で働きたいと思うのなら、非公開求人などで、できる限り広く募集されていない求人を探すことだと思います。やはり広く募集される良い求人は応募する人の数も多いですし、ライバルも多いです。そういう側面を考えると、新規で募集されたばかりの非公開求人や、あまり多くは集まらないであろう求人を狙っていくのが、転職成功の秘訣だと思いますよ。

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

看護師が転職・求人私だけのこだわり検索

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

求人地域

簡単登録時間

転職支援金

職種

雇用形態

施設形態

当サイトの一押し!

こだわり条件で選ぶ 総合人気ランキング 教育・研修制度 求人件数

ページトップへ戻る

TOP
看護師転職・求人サイト一覧(現役看護師の本音や実体験による口コミ・評価) 看護師転職・求人 働き方 看護師転職・求人の診療科目別
看護roo! ブレイブ 看護のしるし 常勤(正社員) 内科
看護のお仕事 日研メディカルケア看護師 看護師.biz 非常勤(パート・アルバイト) 消化器科
マイナビ看護師 MHP看護 看護師求人.com 派遣(契約社員) 呼吸器科
看護プロ 看護師求人ひろば 看護師求人BANK 夜勤専従 循環器科
ナースではたらこ イーアイデム看護師 看護師求人EX 復職(出産・育児・休職) 外科
医療ワーカー ナイチンゲール リスコ 整形外科
ナース人材バンク ナースライフ メディカルステーション 小児科
ナースフル ナイトナース キャプラ看護ナビ 看護師転職・求人の勤務先別 精神科
看護師プラネット 美容外科求人ガイド 求人ER看護師 病院 産婦人科
ナースパワー ナースエージェント エルユーエス クリニック 心療内科
なもナビメディカルケア みんなの看護師 Wメディカル 健診センター 救命救急
MEDFit キャリアカルテ ディースタッフ 介護施設 手術室(オペ室)
ナースJJ メディカルカフェ ツクイスタッフ 福祉施設 皮膚科
ナースジョブ ベネッセの看護師お仕事サポート TRINITY看護師 保育園 眼科
ベネッセMCM イーグルケア.net ナースアシスト 幼稚園 歯科
ナースバンクキャリア e看護師求人 ナースグレートバンク 企業(医務室・託児所) 神経内科
MCナースネット 医療21 カンカンねっと 製薬会社・医療機器メーカー 血液内科
求人アンテナ メディプラ ファンテン 消化器外科
ナース専科 メディケアキャリア アポプラスメディカルジョブ 形成外科
とらばーゆ看護 メディカルワールド キャリタス看護 看護師転職・求人の資格別 美容整形外科
ジョブデポ看護師 eナース パソナメディカル 正看護師 リハビリテーション科
スマイルナース カイゴカンゴ 美容整形ジョブ 准看護師 アレルギー科
スーパーナース MRTナースバンク 文化放送ナースナビ 専門看護師 リウマチ科
グッピー看護師求人 介護求人ナビ メディカルキュービック 認定看護師 胃腸科
CBネットナース ナースエクスプレス メディカル・サポートセンター 認定看護管理者 脳神経外科
コメディカルドットコム ナース・トータルサポート メディサポ 助産師 心臓血管外科
ナースコンシェルジュ カンゴワークス 保健師 小児外科
船内看護師(シップナース) 泌尿器科
透析看護師 肛門科
保育士 耳鼻咽喉科
看護師転職・求人を成功させる秘訣とは? 気管食道科
看護師転職・求人サイトとは? 放射線科
看護師転職・求人サイトを利用するメリット・デメリット 麻酔科
看護師転職・求人サイトの非公開求人とは? 人工透析科
看護師転職・求人サイトの転職支援サービスとは? 集中治療室
ナース 求人件数が多い看護師転職・求人サイト 緩和ケア
初めての方へ-看護師転職・求人の成功の秘訣を徹底比較- 訪問看護
看護師募集の争奪戦で勤務条件が改善
こだわり条件で検索 総合人気ランキング
こだわり条件で検索 教育・研修制度
こだわり条件で検索 求人件数
看護師辞めたい・転職したい理由ランキング