FX

なぜFXの口座凍結は起こるのだろうか?原因と対策について

なぜFXの口座凍結は起こるのだろうか?原因と対策について

FX 口座凍結

もし突然、あなたのFX口座が凍結されたとすれば、あなたはどのように思うでしょうか?

 

どうしてわたしのFX口座が凍結されてしまったのだろう?
どうしたら口座の凍結は解除できるのだろう?
頑張って稼いだ分は、きちんと出金できるのだろうか?
など、不安なことがたくさんあり、具体的に例をあげるとキリがありません。

 

FX口座が凍結される理由は、主に2つあります。
1つ目の理由として規則違反です。例えば、スキャルピングや不正な取引を行ったり虚偽の本人申請などです。

 

そして2つ目の理由が、FX口座が休眠認定されてしまうことです。
ここからこれらの2つのことを具体的に解説していくと同時に対処法もご紹介していきたいと思います。

 

この記事をお読みいただくだけで、自分のFX口座が凍結されるリスクを下げるために必要不可欠なことや、万が一口座が凍結されてしまった場合の対処法を知ることができます。したがって、これからFXを始めようとしている方はぜひ必読していただきたいものです。それでは、具体的な理由について解説していきます。

 

口座が凍結されてしまう理由①規則違反

FX業者では、規約で禁止行為を定めています。FX業者が定める禁止行為を犯してしまった場合は、その禁止行為を犯してしまった可能性があるFX口座が凍結されてしまいます。ここからはどのような禁止行為があるのかみていきたいと思います。

 

主な禁止行為について、

  • 不正な取引
  • 自動売買ツールによる取引
  • 虚偽の申請によるアカウントの作成
  • 不正ハッキング

 

など、他にもたくさんありますが、通常の取引を行っていれば特に気になる点はありません。ですがここで注意したいことは、通常の取引を行っていても抵触してしまう可能性がある禁止行為があるということです。それがスキャルピングです。

 

スキャルピングとは、エントリーしてから少ない時間で決済するという取引を重ねていくことです。この場合、短時間での利益は少ないですが、この取引を長期間繰り返すことによって大きな利益となっていきます。また、大きな損失を負う可能性も少なるという利点もあります。たくさんのユーザーが禁止行為に抵触してしまいFX口座が凍結されてしまう理由の多くがスキャルピングです。

 

また、FX業者によっては具体的な取引の期間が明記されていない場合があるため、スキャルピングを使った取引がしたいときには直接FX業者に確認することをおすすめします。実際には、スキャルピングは、FX業者のサーバーに大きな負担をかけてしまうため、スキャルピングを禁止行為としている会社が多いことが現状です。

 

スキャルピングはなぜ禁止行為になってしまうのか?

スキャルピングが禁止行為とされてしまうことには理由があります。その理由について解説していきます。

 

FXには、DD方式とNDD方式といったFX業者の仕組みがありますが、それらの方式がスキャルピングの禁止という行為に深く関係してきます。

 

日本国内のFX会社はDD方式を使っているFX業者が数多くあります。DD方式というのは、ディーリングデスク方式の略でトレーダーから受けた注文をFX業者が代行して取引をする仕組みのことをいいます。この取引でのトレーダーの取引相手は、FX業者ということになるため、スキャルピングで多くの取引の回数を増やしてしまうとFX業者のサーバーの負荷が高まってしまいます。DD方式はトレーダー側の利益が大きくなるほどFX業者の損失が拡大してしまうことになっています。

 

それに対して海外のFXの業者が数多く使っている仕組みがNDD方式です。

 

スキャルピングを好まないのがNDD方式です。NDD方式とはノンディーリングディスクの略で、トレーダーのスプレッドコスト以外にもトレーダーが負けたときの損失を負うことになってしまいます。また、スキャルピングのように短期間で多くの取引をされてしまうとFX業者がカバー先に注文を流すかどうかの判断が遅れてしまい追いつかなくなるのです。長い期間の取引であれば利益がでることはありませんが、こういった損失を負う可能性が減ってきます。そのため、DD方式では、スキャルピングは禁止行為とされてしまうことが多いのです。

 

口座が凍結されてしまう理由②休眠認定

複数のFX業者でいつくかのFX口座を開設してみたという方はいませんか?この行為は、口座が凍結されてしまう2つ目の理由となってきます。FX口座を作ってみたものの、数年間ログインしない状態でFX口座を放置してしまう状況が続くと、あなたの口座は凍結される恐れがあるのです。考え方によっては、最近問題の個人情報の保護や証拠金という観点から有難いことのようにも思えます。

 

90日間FXの取引や入出金を行わなかったFX口座はFX業者に休眠口座と判断され、一時停止状態となります。この一時停止措置を休眠認定といいます。

 

休眠認定されたFX口座は、解除されるまで取引ができなくなると同時に維持手数料が月額500円かかってきます。追加口座で取引をしている場合はこの限りではありません。FX会社の規約により多少異なったり、規約への記載がなかったりすることもありますがFX会社のサポートセンターで詳しく確認することができます。

 

休眠認定を受けて残高がなくなってしまい、さらに90日間経つと口座が凍結されるとことになります。

 

ということで口座凍結される理由は分かりましたが、これらの原因によるFX口座の凍結を防ぐにはどのような対策をとることが重要になってくるのかを見ていきたいと思います。

 

アカウントを停止させてはいけない!対策とは?

利用規約違反によるFX口座の凍結はほとんど場合解除が認められません。しかし、休眠認定を受けFX口座の凍結をされた場合は、FX会社のサポートセンターへ連絡をいれれば解除されることも多いと言います。ですが、一番は口座凍結されないことです。そうするにはどのような対策が必要かを確認していきます。

 

FX業者によりFX口座を凍結させないようにするには3つのポイントがあります。

  • 口座を開設したFX会社が定める規約をしっかり読む
  • 海外のFX業者を検討する
  • 使わなくなった口座は解約する

 

まず、FXの取引を始める前にしっかりと規約に目を通すことをおすすめします。規約に従ってルールーを守って取引を行っていけば、口座凍結されることはないはずです。
また、現在のトレード方法を見直す良い機会となりますので取引を進行している方も再確認のため、規約を見ておくことをおすすめします。

 

しかし、トレーダーが最も気を付けなければいけないことが、スキャルピングです。多くのトレーダーがスキャルピングに悩まされているのが現状なので、スキャルピングを頭に入れておくと問題はないと言えます。

 

考え方を変えるとデイトレードだけではなく、スキャルピングが違反行為とならないFX業者でFX口座を開設すると良いということになります。

 

国内のほとんどのFX業者がDD方式を採用しています。一方で海外のFX業者の多くはスキャルピングが許されるNDD方式を採用しているので、海外のFX会社でFX口座の開設を検討することも口座凍結を防ぐひとつの方法ではないのでしょうか。

 

最後に使わなくなったFX口座は放置するのは好ましくなく早めに解約することをおすすめします。

 

もし仮にきちんと管理されていないFX口座に、何らかの形で第三者にログインされてしまったとしたら、様々な事件が考えられとても面倒かつ危険です。このようことが起こらないようにFX会社は休眠認定や口座凍結、あるいは強制解約をしなくてはならなくなってしまうのです。しばらくトレードしなくても月に一度ほどログインしておくと良いでしょう。