FX

FXの口座を開設する前に知っておきたいデメリットとは?

FXの口座を開設する前に知っておきたいデメリットとは?

FX 口座開設 デメリット

これからFXを始める方にとって、FX口座の開設は非常に重要です。

 

FX取引を行う場合には、国内FX業者と海外FX業者の両方に口座開設が可能です。

 

FX初心者にとっては選択肢が多く、困惑してしまう人もいるのではないでしょうか?

 

それぞれメリット、デメリットがあり、自分に合った口座を開設すること一番です。

 

しかし、メリット部分ばかりに目がいって、デメリット部分を把握せずに口座を開設すると後々困る可能性が非常に高いのです。

 

口座開設する際に気を付けるポイントは、後々『えっそうだったの?』とならないように、デメリットの部分をしっかりと把握しておくことが重要なのです。

 

この記事では、

 

  • 国内FX業者
  • 海外FX業者
  • FX複数口座開設

 

上記のパターンでFXの口座開設する際のデメリットに焦点を絞り、解説していきたいと思います。

 

国内FX業者で口座開設するデメリット

まずFXで口座を開設する際に、最初に検討するのが国内のFX業者だと思います。
『日本語のサポートもありそうだし』といった考えだけで口座開設するのは危険です。
しっかり国内FX業者のデメリットを確認しましょう。

 

国内FX業者はレバレッジが最大25倍まで

国内FX業者と海外FX業者の大きな違いは、レバレッジの比率が国内では最大25倍までに規制されている点です。

 

海外業者ではこれ以上のレバレッジが可能で、中には800倍以上のような実に高いレバレッジで取引できる業者もあります。

 

FXの特徴は、レバレッジの存在によって少額の証拠金で多額の取引ができる点です。

 

高いレバレッジをかけるほど、証拠金に比べてより大きな取引ができるため、
資金的な余力がない人でも大きな利益チャンスがあります。

 

国内FX業者は海外FX業者と比較してレバレッジが低いため、
証拠金以上の取引ができる点は同じでも、その割合が低い点がデメリットの一つと言えるでしょう。

 

 

各社によってツールが異なる

FXの国内業者の多くは独自のツールを用意しており、それを使用して取引を行う事になります。

 

一応は日本人が使い易い様に考慮されたツールですが、口座開設したFX業者ごとにツールが違うのでややこしい面が生じるのです。
というのもFXで攻略法を見付け出す場合には、サイトや本に書かれた手法をヒントにする事が少なくありません。

 

そういった攻略法の多くは、MT4と呼ばれる世界標準の取引ツールを用いて紹介している事が多いです。

 

しかし国内業者のツールだと各社で違いがあるため、チャートの表示方法にも違いがあったり、分かり難かったりします。

 

更にツールによっては、攻略法を実行するのに必要なテクニカル分析を表示する機能がないといった事も珍しくないです。

 

そのため攻略法を学んでも活用し難いばかりか、利用出来ないケースが生じる恐れがある点は大きなデメリットと言えます。

 

国内FX業者最大のデメリット『追証』

国内のFX業者を利用する場合、「追証」という大きなデメリットから逃れることは出来ません。

 

FX業者によっては「マージン」と呼ばれる場合もありますが、これはどちらも追加保証金のことを意味しています。

 

追加保証金とは買い建てした銘柄の値下がり、あるいは売り建てした銘柄の値上がりによって、委託保証金が最低維持率を下回ることによって発生します。

 

この場合、実際に現金を差し入れるか建玉の一部返済等を行わない限り、全建玉の決済が行われる等の処置が行われることとなります。

 

簡潔にすると自分の持っていた資金以上に損をしてしまい、追加でお金を請求されるようなものです。
FXで多額な借金を背負ってしまったという人がいるのは、この追証がある為です。

 

追証と呼ばれるこのシステムは日本のFX業者だけに存在する制度であり、海外のFX業者では導入されていません。

 

海外のFX業者には『ゼロカット』というシステムがあり、自分の資金以上のマイナスが出てしまっても追加でお金を払わなくてもよいシステムがあるのです。

 

国内FX業者でFXの口座開設を行う場合は、常に追証のリスクと隣り合わせになることを覚えておくようにしてください。

 

海外FX業者で口座開設するデメリット

続いて海外のFX業者です。
海外のFX業者は『ゼロカット』システムなど多くのメリットが存在しますが、デメリット部分もしっかりと認識しておきましょう。

 

スプレッドが大きくなってしまう

海外FX業者に口座開設する時に考慮すべきデメリットとして「スプレッド」があります。

 

スプレッドと言うのは、業者から通貨を買う時と売る時の差額のことです。
例えば、米ドルを買う時は1ドル:100円99銭なのに、売る時は100円98銭になっており、1銭を損します。
それが、スプレッドです。

 

スプレッドはFX業者によって、また通貨によって異なります。
当然、スプレッドが大きければ大きいほど、利益を削られることになります。

 

日本のFX業者の場合、取引量の多い米ドル/円のスプレッドは一般的に02~0.3銭になっています。

 

ところが、海外のFX業者の場合はスプレッドがはるかに大きくなっています。
例えば、海外FX業者の大手である「XM」は、米ドル/円のスプレッドが2.0pips(2銭)になっており、日本のFX業者のほぼ10倍です。
取引回数が増えてくると、このスプレッドが大きな負担になります。

 

出金の際に手数料や手間がかかる

海外FX業者に口座開設すると色々なメリットを得られますがデメリットもあり、その1つが出金における「手数料」や「手間」です。

 

FX業者の口座にあるお金を所有する銀行口座に送金してもらう場合は、手数料として200円~400円を取られます。
その他、海外送金手数料として別途2,000円がかかります。

 

また、出金額が少ない場合(2万円未満など)は2,000円程度を追加で負担させられます。

 

さらに、出金における以下のようなルールが定められており、ルールに従わないと出金ができません。

 

  1. 入金方法と同じ方法でしか出金できない。
  2. 出金可能額は入金額が上限である(銀行送金を除く)。
  3. 出金は優先順位の定められた手段に従って行われる。
  4. 取引中における出金額には制限がある。
  5. ボーナスだけの出金はできない。

 

以上の様に、出金の際に気を付けるポイントが複数あり、国内FX業者の様に手軽に出金ができないのです。

 

国内FX業者に比べ税金が高い

海外FXの口座開設におけるデメリットに「課税方式」があります。
国内FXも海外FXも利益は同じ雑所得として扱われますが、税金の計算の仕方が異なります。

 

国内FXの場合は「申告分離課税」になっており、利益額に関わらず税率は一律20%になっています。

 

一方、海外FXは「総合課税」であるため、給与や事業所得、不動産所得などと合算した所得額に対して税率が決まります。
そして、総合課税は超過累進課税方式が採用されているため、所得額が多くなるほど税率が高くなります。

 

例えば、給与所得300万円の人が国内FXで100万円の利益を得たとしても税率は20%で済みますが、海外FXの場合は30%にアップします。

 

また、国内FXでは「繰越控除」と言って、年間合計額が損失だった場合は、その損失額を3年間の所得から差し引くことができます。

 

しかし、海外FXには繰越控除という制度が適用されません。
先ほど説明した手数料のことも考慮すると、海外FX業者を利用する場合は余分にお金がかかってしまうのです。

 

複数口座を開設する場合のデメリット

FXの口座は、複数の業者に口座開設することが可能です。

 

複数口座を持っても、口座開設や維持にかかる費用は無料でその点では問題ありませんが、
複数開設によるデメリットもあります。

 

資金管理が面倒になるデメリット

実際に複数口座で取引を行う場合は資金が分散されるため、
どの業者にどの程度の証拠金があり、ポジションをいくつ持っているかの管理が難しくなります。

 

ポジションを持っていることを忘れて、含み損が増えている状態でそのまま放置してしまうリスクもあります。

 

また、含み損の拡大で証拠金維持率が低下していることに気づかず、放置することで業者による強制ロスカットの可能性もあります。

 

強制ロスカットになれば、残りの資金は守られますが、損失は確定します。

 

確定申告の際の損益通算が面倒

また、FX取引を複数の口座に分ける際の大きなデメリットとしては、確定申告の際の損益通算に手間が掛かってしまうことです。

 

FXの売買取引で得た利益は当然、確定申告をしなければならない義務があります。

 

問題なのは、複数の口座で取引をしていた場合は口座ごとに損益を計算して申告をするという点です。

 

仮に5つの口座を利用していた場合、その全てを取引明細などと照らし合わせていく必要があるため、1つの口座を利用しか利用していないときに比べ5倍の手間が掛かることになります。

 

FX口座開設の際には、後のデメリットも考慮して自分に合う取引方法を選択する必要があります。

 

資金が分散される為、その分多く資金が必要

さらにFXを複数口座開設するデメリットとして、相応の資金力が必要となる点です。

 

口座を複数開設するとなれば、それぞれの口座に資金を分散させなければいけません。
もしも複数のFX口座で運用していく場合、それだけ多くの資金がどうしても必要になります。

 

FXを始めるためには資金をきちんと用意しないことは、十分な運用ができません。

 

FXを複数口座開設して運用できるだけの資金力が最初からあれば問題ないですが、そこまで資金力がある状態でFXを始められる人はそれほど多くないはずです。

 

つまりFXを複数口座開設して運用していくのは、どちらかといえば上級者向けの運用方法です。

 

自分に合った口座を開設しましょう

今回は国内業者・海外業者・複数口座開設の際のデメリット部分にピックアップしてご紹介致しました。

 

しかしもちろんそれぞれにはメリットも多数あります。
是非この記事を参考にしていただき、口座開設のデメリットとリスクを把握した上であなたに合った口座を開設しましょう。