FX

FXの強制ロスカットと強制ロスカット計算方法

FXの強制ロスカットと強制ロスカット計算方法

FX 強制ロスカット計算方法

FXは順調にいくことがあれば思うようにいかないこともあり、時として思いがけない損失を受けてしまうことがあります。しかしFX会社側もそうしたことは理解しているため、「強制ロスカット」という仕組みを導入してトレーダーの安全を確保するようにしています。強制ロスカット計算方法は決まっているので、どれくらいで起きるのかなどを自分で予測することも可能です。今回はそうした強制ロスカットの計算方法についてみていきましょう。

 

FXで発生する強制ロスカットとは?

強制ロスカットとは「多額の含み損を抱えているなど、大きな損失を抱えることになったら、保有している通貨などを強制的に約定させる」ことです。FXは常に価格を変動させているものの、トレーダーは人間であり日々の生活があることから、一日中FX取引をすることはできません。ロスカットはFX側が強制的におこなうため、トレーダーが目の前にいる/いない関係なく強制的に取引を終了させます。

 

ここまで聞くと「損切り」と似ているな、と思った方もいるでしょう。ロスカットは英語で書くと「loss cut」であり、損失(loss)を切る(cut)という意味であるため、意味合いとしてはほぼ同じになります。唯一違うところを上げるとすれば、損切りはトレーダーの意思がおこなうのに対して、ロスカットはトレーダーの意思に関係なく強制的におこなわれるところぐらいです。ロスカット自体はトレーダーを守るための制度であり、FX会社側にもとくにデメリットを与えないことから、多くのFX会社で採用されている制度です。

 

FXの強制ロスカット計算方法

FXにおける強制ロスカット計算方法を見ていきましょう。計算方法はいろいろありますが「最低証拠金×ロスカット率<口座残残高」という式を利用するのが最も簡単です。まずは計算に使用している各項目の意味を見ていきます。「最低証拠金」は通貨を保有するために最低限用意しなければいけないお金のことです。たとえば米ドル/円が100円を10万枚保有するときに、証拠金として4万円用意しなければいけないときは、4万円が最低証拠金となります。ロスカット率は単純にロスカットが発生する割合です。FX会社によって20%から100%の範囲で設定されていますので、公式サイトなどから確認してみてください。口座残高はFXの口座に残っているお金を表します。また取引で発生している含み益と含み損を加える必要がありますので、忘れずに加えてください。

 

実際に強制ロスカットが起きる条件を計算してみましょう。今回は100円の米ドル/円を20万枚保有し、ロスカット率は50%、最低証拠金は8万円、口座残高は50万円とします。最初におこなうのは「強制ロスカットが発生する口座残高の計算」です。「最低証拠金×ロスカット率」という式に各値を式に当てはめると「8万円×50%=4万円」となるため、口座残高が4万円未満になると強制ロスカットが発生するようになります。現在の口座残高は50万円であるため、「50万円-4万円=46万円」となることから、46万円以上の損失ないし含み損を抱えると強制ロスカットが発動します。

 

FX強制ロスカットがないとどうなる?

「強制ロスカットのせいで取引したいのにできない」と思っていませんか。たしかに強制ロスカットがあると取引したいのにできないなど、もどかしい状態になります。ではロスカットがないとどういったことが起きるのでしょうか。

 

強制ロスカットがないことで発生するリスクは「借金を抱える」ことです。そもそも強制ロスカットは含み益がでている段階で発生することはありません。一定以上の含み損がでることによって発生するものです。そのため強制ロスカットが発生するとズルズルと含み益が拡大することになり、手持ちの資金はどんどん減っていきます。

 

含み損が増えることで懸念するべきなのは「レバレッジ」です。FXでは入手したものの価値は0になることはないので、レバレッジが1倍であれば資金はゼロが最小とあり、マイナスになることはありません。ところがレバレッジを100倍や200倍などに設定している場合は話が変わります。レバレッジによって増やしたお金はいわゆる「FX会社から借りたお金」です。借りたお金は必ず返さないといけないのですが、もしも含み損などで資金を溶かしてしまったらどうなるでしょうか。溶かした分を自分で支払わなければいけません。つまりFX会社に対して借金をしたのと同様になるのです。

 

借金依存症の人でない限りは借金をしたいとは思わないはずです。強制ロスカットはそうした借金が発生する前に取引を終了させることで、不必要に借金を抱えさせないようにします。「強制ロスカットは煩わしい」と思うかもしれません。ですが万が一のときは必要になる仕組みですので、仕組みそのものを批判するよりは「強制ロスカットを引き起こさせない」ことを目指すようにしましょう。

 

強制ロスカットを起こさせないために必要なこと

強制ロスカットはできれば引き起こさせたくないですが、どういった方法ならば防げるでしょうか。最もオススメなのは「含み損の合うポジションを、強制ロスカット前に約定してしまう」ことです。強制ロスカットは含み損が一定以上になったときに発動するものです。含み損はポジションを維持している限りは発生し続けますが、あくまでも保有しているポジションに潜んでいるものであるため、ポジションを決済すれば含み損は「損失」になって消失するようになります。
損失が発生するとFX口座にある資金が減少したり、敗北という結果が残ってしまったりしますが、取引が終わった状態になるため、これ以上お金を失う心配はありません。

 

2つ目の対処法は「状況がよくなるまで待つ」という方法です。基本的に強制ロスカットは含み損の大きさをトリガーにして発動します。そのため含み損が少なくなったりなくなったりしてしまえば、強制ロスカットが発生することはありません。ただし含み損は取引市場で提示された価値によって発生するため、トレーダー側では操作できない項目です。そのため含み損を解消するには状況がよくなるまで待つしかありません。

 

こちらの対処法のよいところは「ノーリスク」である点です。状況がよくなるまで待つだけなので、何かを調べたり何かの操作をしたりする必要もなく、ただ状況を眺めていればよいことになります。ただし「相場を操作できない」ことには気をつけてください。相場は多くの人の意思や経済状況などを背景にして決まるため、誰かが操作できるようにはなっていません。そのため相場が上がればよいのですが、下がる可能性もあります。もしも相場が下がってしまうと含み損がさらに増えてしまい、強制ロスカットが発生するリスクを増やすことになりので、気をつけてください。

 

まとめ

ほかのサイトを見ると、強制ロスカットの計算方法は口座残高や有効証拠金などが必要になるなど、複雑なようにも感じるかもしれません。しかしFX会社が定義しているロスカット率や取引で必要になった最低証拠金だけあれば求められるので、やってみると結構簡単です。強制ロスカットは条件さえ揃えば必ずおこなわれ、トレーダーの意思に関係なく実行されます。回避するには自分から損切りするか、好転することを願って待つぐらいしか無いので、気をつけてください。