FX

FXのロットの計算方法とは?

FXのロットの計算方法とは?

FX ロット計算方法

今回はFXで当然のように使われている「ロット」と、それに関する計算方法について解説していきます。

 

なお「ロット」は非常に大事なものですので、多くの人が「そんなの言われなくても分かるよ!」と感じるような計算方法についても紹介していきます。

 

FXのロットとは?

ロットとは「通貨量の単位」です。

 

「1ロット=1万通貨」の場合が多いですが、FX業者によっては「1ロット=10万通貨」「1ロット=1000通貨」などのケースもあります。
また、同じ業者でも口座のタイプによって1ロットの通貨量が違う場合があるので気をつけてください。

 

1ロットの通貨量は一律ではない

 

ちなみに「ロット」ではなく「枚」「数量」などの言い方をしている国内FX業者もありますが、意味はロットと一緒です。

 

なぜFXにはロットがあるのか?

逆に「ロットがない場合」のことを考えてみましょう。
そうなると、注文の際にわざわざ「100000通貨」「1000000000000通貨」などと入力しなければならなくなります。
後者についてはあえて桁数を多くしましたが、パッと見ていくつか分かる人はまずいないと思います。

 

ですが、ロットがある事で、

 

  • 入力ミスしにくくなる
  • 桁数が減って数字が分かりやすくなる

 

というメリットが得られるわけです。

 

FXにおける1ロットの価格は?

念のため計算方法をお伝えしますが、

 

1ロット=1万通貨

 

であれば

 

10ロットの場合は、1万通貨×10=10万通貨
25ロットの場合は、1万通貨×25=25万通貨

 

となります。
この部分について何か複雑な計算をする必要はありません。
「1個100円のリンゴを5個買えば、合計500円」と同レベルの話だと考えたほうが分かりやすいはずです。

 

では、「1ロットの具体的な取引金額」の計算方法を見ていきましょう。
ここでは、

 

円ドルレート=110円
とします。

 

1通貨=110円
ですから、
110円×1万通貨(1ロット)=110万円

 

となります。

 

FXのロット数と損益金額の関係性は?

例えば、
「1ロットで100円の利益を出した」
としましょう。

 

同じ条件で10ロット取引していたらどうなっていたでしょうか。

 

「ロット数と取引金額は比例する」ため、
100円(1ロットでの利益)×10(ロット)=1,000円
の利益になりますね。

 

そして、「1ロットで100円の損失を出した」
とし、同じ条件で10ロット取引したのであれば、「-1000円」となります。

 

「何ロット持てるか」の計算方法は?

次に「口座資金が○○円のときに、レバレッジ倍率を△倍にするとしたら、何ロット持てるか」を考えるための計算方法を紹介します。

 

 

ここでは、

 

口座資金:50万円
円ドルレート:100円
1ロット=1万通貨
レバレッジ倍率:50倍

 

とします。

 

まず「1ロット持つには、いくらあればいいか」の計算方法は以下のとおりです。

 

1ロット持つための必要証拠金=(レート×取引単位)÷レバレッジ倍率

 

当てはめると、
1ロット持つための必要証拠金=(100×1万)÷50=2万円
となります。

 

そして「持てるロット数」の計算方法は以下のとおりです。

 

持てるロット数=口座資金÷1ロット持つための必要証拠金

 

当てはめると、

 

持てるロット数=50万円÷2万円=25ロット

 

という事になります。

 

もっと多くのロットを持つには?

「もっと多くのロット数を持ちたい」という場合、取るべき方法は以下の4種類となります。

 

  1. 口座資金を増やす
  2. レートが下がるまで待つ
  3. レバレッジ倍率を上げる
  4. 別のFX業者を使う

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

1:口座資金を増やす

簡単に言えば「たくさんお金があれば、たくさん取引できる」ということですね。
ただ、FX取引は「余剰資金(失っていいお金)」で行うべきですから、無理をして口座資金を増やすべきではありません。
したがって、あまり現実的ではない方法と言えるでしょう。

 

2:レートが下がるまで待つ

例えば、現在「円ドル=100円」なのであれば、「円ドル=98円」などに下がるのを待てばもっと多くのロットを持つことができますね。

 

ただし、「取引量を多くしたいから、相場が変わるのを待つ」というのは本末転倒気味です。
そんなことをしているうちに結果的に損失が増えるかもしれませんし、稼ぐチャンスを逃す可能性もあります。
したがって、これでも現実的な方法ではないと思います。

 

3:レバレッジ倍率を上げる

レバレッジ倍率を上げれば、「1ロット持つための必要証拠金」が下がるので、結果的に「持てるロット数」も増えます。
「レバレッジ倍率が1倍のときに1ロット持てる」のであれば、10倍にすれば10ロット持てますし、1000倍にすれば1000ロット持てます。
この方法であれば口座資金を増やす必要もありませんし、レートの変動とも関係ありません。

 

ですから、「もっと多くのロットを持ちたい」という場合はレバレッジ倍率を上げることをおすすめします。

 

4:別のFX業者を使う

「多くのロットを持ちたい」ということ自体が目的なのであれば、「1ロットの取引量が少ないFX業者」に乗りかえればそれが達成できます。
ですが、あくまで「1ロットの数値が変わるだけで、取引量自体を増やせるわけではない」ため、そんな事をしても何の意味もありません。

 

例えば

 

FX業者A 1ロット=10万通貨→10ロット持てる

 

のであれば、

 

FX業者B 1ロット=1万通貨→100ロット持てる

 

という事になりますが、

 

FX業者A:10万通貨×10(ロット)=100万通貨
FX業者B:1万通貨×100(ロット)=100万通貨

 

となります。
「ロット数を変えるために、業者を変える事には何の効果もない」ことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

FX取引の命は「ロット数」です

先ほど「レバレッジ倍率を上げれば、持てるロット数が増える」という話をしました。
ですが、国内FX業者・海外FX業者ともに「レバレッジ倍率自体を入力する」という動作をすることはまずありません。

 

そうではなく、「『証拠金』と『取引量』を決めると、レバレッジが自動的に決まる」という感じになります。

 

例えば、

 

証拠金5万円
取引量1000万円

 

なら、計算方法は

 

1,000万円÷5万円=200(倍)

 

という事になります。

 

補足:海外FX業者をおすすめします

説明のなかで「レバレッジ50倍、200倍」などと言いましたが、国内FX業者の場合最大レバレッジ倍率は25倍ですので覚えておきましょう。

 

ですが、海外FX業者であれば最大レバレッジ倍率が100倍~3,000倍のところがゴロゴロあります。
ですから、海外FX業者を使うことを推奨します。

 

海外FX業者には他にも以下のメリットがあります。

 

ゼロカットシステムがあるFX業者も

→ゼロカットシステムとは「口座資金以上の借金」を補填してくれるシステムです。例えば資金が5万円なら最大でも5万円の借金で済むわけです。

 

キャンペーンやボーナスが豪華

→入金ボーナス(入金額の100パーセントなど)、新規口座開設ボーナス(2000~30000円ほど)を設けている海外FX業者が多いです。

 

まとめ:FXのロットもその計算方法も慣れれば簡単です

今回はFX取引におけるロットや、それに関する計算方法について解説しました。

 

  • ロットは取引単位
  • 1ロット=○通貨 ← ○の中の数字はFX業者ごとに変わる
  • ロットが増えれば損益が比例して増える
  • 多くのロットを持ちたいならレバレッジ倍率を上げましょう

 

少し難しい部分もあったかもしれませんが、レバレッジ倍率、ロット、取引金額、レート、損益……などがそれぞれどう関係しあうのかは、FX取引を始めればすぐに理解できるはずです。