FX

FXでおこなわれるナンピンは逆張り戦術のこと

FXでおこなわれるナンピンは逆張り戦術のこと

逆張り ナンピン

FXにはさまざまな戦術があり、その中の1つに「ナンピン」というのがあります。言葉として知っている人はいるかもしれませんが、投資のセオリーから外れる手法を取る必要があることから、実際におこなっているという人はあまり多くありません。あまりおこなわれない戦術であることから評価されないケースもありますが、ぎゃ奥に言うと利用者があまりいないというのは相手の裏をつける戦術にもなるため、適切におこなえば安定して利益を得ることも可能です。今回はナンピンの特徴とメリットとデメリットについてみてきましょう。

 

ナンピンは逆張り戦術のこと

ナンピンとは逆張りをするFXのことです。 FXに限らず商取引においては「価格が安いときに仕入れて、高くなった売る」のが基本です。そのためFXの教科書などでも「購入したときよりも価格が下がってしまったら、損切りとして約定する」というのがセオリーとされています。
ですがナンピンは違います。約定したときよりも価格が下がったら、さらに買い増すことで約定価格を下げようとするのが、ナンピンの大きな特徴です。たとえばある通貨が100円のときに入手したとしましょう。その通貨が90円になったら10円損したことになるのですが、売ることなくさらに通貨を入手します。すると所有している通貨の平均価格が95円((100+90)÷2=95)となるため、価格を下がって損失が軽減されます。

 

ナンピンは買いポジションだけでなく売りポジションの場合も同じです。売りポジションは買いポジションと異なり通貨の価格が下がるほど利益が得られる反面、価格が上がるほど損失が大きくなってしまいます。そのためポジションを作ったときよりも価格が下がったら約定して損切りをおこなうのですが、ナンピンするときはあえて売りポジションを追加することで、含み損を軽減しようとします。

 

ナンピンはカタカナで起債されるケースが多いです、漢字で書くと「難平」です。漢字が示すとおり、取引中に発生した損失などの「災難」を「平(たいら)」にするという言葉から来ています。そのため100円で入手した通貨が120円になったときに、さらに買い増すなど、うまくいっている状況下のときでは、ナンピンという言葉はあまり使われません。

 

逆張りするナンピンのメリット

逆張りをするナンピンするメリットは「長期的な戦術が取れる」ことです。損失はいつまでも抱えているわけにはいかないので、損失が大きくなったらどこかで約定して仕切りなおす必要があります。FX業者によってはロスカットという仕組みによって強制的に約定するようにしています。

 

逆張りのナンピンは損失が発生したらさらにポジションを増やすことによって損失を軽減するのが特徴です。損失を軽減するので取引を終了させることなく継続させられるので、長期的な戦術が取れます。相場にはよいときと悪いときがあり、どちらかが永久的に続くことはまずありません。どこかで必ず状況が反転するので、反転するタイミングまで粘り強く持ちこたえ、状況が好転したら一気に約定して多大な利益を得るようにします。そうした大逆転がナンピンの魅力といえるでしょう。

 

ナンピンのメリットの2つ目は「スワップポイントを得やすい」という点です。スワップポイントは通貨の金利によって得られるポイントのことです。たとえば金利が1.7%の通貨を購入して、0.1%の通貨を売却した場合、+1.6%(1.7 - 0.1)なので何もしなくても1.6%のスワップポイントを得られることになります。スワップポイントはポジションを維持している日数が長くなるほど、得られるポイントも雪だるま式に増えてるのが特徴です。そのためスワップポイント狙いでFXを行う場合は長期運用が前提となります。

 

逆張りをするナンピンは価格が下がったら買いポジションを追加するという性質から、長期運用に適したFXの戦術です。スワップポイントを得るための方法としてナンピンはかなり相性がよくなっており、スワップポイント狙いでナンピンを選ぶという人も少なくありません。

 

ただしスワップポイントはプラスだけでなくマイナスの場合もあります。手違いでマイナスのスワップポイントになっている通貨ペアを保有して、何品で長期運用すると逆に損失が大きくなってしまいます。基本的に買いポジション東リポジションのスワップはプラスとマイナスが正反対になっていることも多いので、ポジションを所有するときは気をつけてください。

 

逆張りするナンピンのデメリット

逆張り戦術であるナンピンにも「損失が大きくなってしまう」というデメリットがあります。ナンピン自体は現在所有しているポジションで損失が出たら、ポジションを追加して損失の緩和をおこないます。こうした逆張り戦術をおこなう目的は「後で価格が反転したときに約定して利益を得る」ことにほかなりません。つまりナンピンをすることは「どこかで状況が好転する」のを前提としています。

 

通貨の価値がいつまでも下がり続けるあるいは上がり続けることはないので、ナンピン自体は理にかなった戦術です。ですが「いつ状況が好転するのか」というのは誰にもわかりません。そのため損失がでたらポジションを追加して、さらに損失がでたらポジションを追加するなど、長期に渡って買います処理を行う可能性もあります。

 

好転する状況が見えず、ズルズルと損失を抱えつつ買い増すという状態になると、入手するごとに損失の軽減はおこなえるものの、総合的な損失は大きくなってしまいます。

 

所有するポジションの量が増えると、含み損もまた大きくなってしまうことから、結果として塩漬けしなければいけないような損失を抱えてしまうことがありますので注意しましょう。そうした事態に陥らないためにも、「通貨の価格が80円未満になったら、強制的に約定して損切りをしよう。」など出口戦略も考えておく必要があります。

 

また「ナンピンという戦術自体、初心者には使いにくい」というデメリットもあります。さきほどいったようにナンピンはどこかで状況が好転するのを前提とした戦術であることから、好転せずにズルズルと悪くなっていく状況には弱いです。そのためナンピンをするときは「相場を読む力」というのが求められます。

 

FX経験がそれなりにあるトレーダーであれば肌間隔で相場の流れを理解していることがあったり、さまざまなテクニカル指標を駆使して相場を読むことが可能です。ですが初心者の場合は基本的にそうした相場を読む力を身に着けている段階であるため、経験者よりも相場を読む力が劣っていることも少なくありません。
結果として、相場の流れを読めずズルズルと含み損を増やしてしまい、しばらく取引ができなくなるぐらいの損失を抱えてしまうことがあります

 

まとめ

逆張り戦術であるナンピンは価格が下がったときに買いポジションを買い増すなどして、損失を軽減しつつ運用するという性質から、長期的な視点での取引理引きに適しています。損失を軽減しつつ粘り、事態が好転するの待って一気に仕掛けて多大な利益を得るのがナンピンの魅力です。

 

ただしギリギリまで粘れる分、相場の流れを見誤ると多大な損失を受けるといった欠点もあります。そのためナンピンをするときは損切りするラインを決めておいてからおこなったほうが安全です。どんな取引方法にも言えることですが、絶対に利益を得られるという戦術はありません。状況を見つつ適切な対応をしていくようにしましょう。