FX

FXで1億の利益を達成するのに必要な3要素

FXで1億の利益を達成するのに必要な3要素

FX 1億

最近は収入を得る1つの方法としてFXを始める方も多いですが、どのくらい増やすことができるのか、損をしたらどうすれば良いのかという疑問を持たれる方は多いです。

 

FXは損失が出る場合もあるので、事前に学んでおくことメリットデメリットなども理解したうえで運用することが重要です。
大金を稼ぐという目標がある方はまず基礎的な知識をしっかり身につけよく理解した上で運用していきましょう。

 

ここではこれからFXを始める方に向けてまず1億円など大きい額を目指す前に学んでおくべき下記の3つの項目について解説していきます。

 

  • 単利と複利について
  • FXにおける利率の重要性
  • FXは長い目で見る

 

複利と単利の違いについて

FXで利益を上げるには運用方法として単利運用、複利運用という方法があり、2つの違いを理解し、どちらの方法で運用していくか見極めることが重要です。
以下ではこの複利と単利の運用方法について解説していきます。

 

単利運用の特徴

単利とは、元本にのみ利息がつくことを指し、FX取引においては、資金を固定して一定の利益を狙っていく方法となります。

 

例として資金が1億円あり、1米ドル=100円の際に100万ドル分の建玉を注文したとします。
ここで1米ドル=101円となった際に決済したとすると利益は1万円となります。
再び1米ドル=100円となり、再度取引する場合、複利では1億+1万円で100万+100ドルの建玉を注文するのに対し、単利では常に定額である1億円で一建玉を注文します。

 

そのため、複利と比べた違いは多くの利益は望めない代わりに損失も少ない「低リスク低リターン」な方法といえます。

 

複利運用の特徴

複利とは単利と比較されるFX用語で、投資した額に対する利益に利息がつくというものです。
利息が一定なのではなく、額によって変化していきます。

 

この複利運用を上手く行うことで、10万円を1億円にすることも可能です。

 

例えば、元本10万円で仮に月利20%で運用したとします。
これを達成するためには10倍のレバレッジで200pips、あるいは20倍のレバレッジならば100pipsで実現できます。
これを続けていくことで、何と38か月後には1億円に達しているのです。

 

もちろんさらに月数が経過することで数十億円にすることも不可能ではありません。

 

単利と複利は実際どれだけ違うのか?

いまのこのご時世では、普通貯金をしていても10円や1円とものすごく少ない金利しかつきません。
例えば単利と複利では10年後溜まっているお金はかなり違います。

 

2つの違いは、単利は元本だけにつく利息ですが、複利は元本と利息両方につく利息です。
利息もつくのが後々大きくお金に響いてきますので、複利で運用していくには外貨などが良いでしょう。

 

さらにもう一歩前に進むなら、少し勉強して投資信託やFXで少しずつ貯蓄を増やしていかなければいけません。
FXで地道に知識と経験を増やしていくことで、1億円と大きな利益を上げることも夢ではありません。

 

FXにおける利率の重要性

続いては利率について解説していきます。
FX投資を始めるにあたって利率というものは必ず知っておくべき知識です。
利率を把握し今後にしっかり活かしていきましょう。

 

FXでの利率とは?

投資において、利率が非常に重要であり、どれぐらい稼げるかの基準になります。
FXの場合、利率計算にはまず証拠金の金額が重要で、証拠金が大きい場合は利率が同じでも利益金額は大きくなります。
計算方法としては、FXの取引で得た利益÷証拠金-必要な支出という計算式に、100かけしてパーセンテージを出します。
FXの場合は利率が高くなりがちであり、年間にして20%もの利率をあげている方の場合、1億円証拠金で用意したところ、年間2千万円もの利益が生まれます。
取引する際には、損益の数字とそこから出される利率を意識して行ってみてください。

 

目安として年間利率10%前後を目指す

個人資産の価格を保つために、株式、債券などの投資商品よりも、手軽に始められるFXの投資も近年では注目されています。

 

FXの値動きは株式などと異なって、24時間絶えずに変化するため、急激な値動きによって、資産の増額と減額が短時間で発生します。
それに伴いリスクも注意しなければなりません。

 

よくテレビで取材したように簡単に1億、2億の資産創造することは稀なことであり、利益を得るチャンスがあると同時に、同額の損失が出る可能性も同じです。

 

そのため、FX投資に関しては自分が負えるリスクを考えることが重要で、一般的に言えば、年間10%の利益目標は適切であると言われています。

 

利率を維持することが重要

為替は価格変動の激しい世界であり、FXで安定的な利率を維持することは難易度が高いです。
FXはレバレッジをかけることができるため、例えば1億円のような極めて高額の取引を行う場合でも、実際の証拠金はそれよりもはるかに少ない額で可能です。
一時的に利益を出しても、急激な相場の変動が起こって、一気に多くの資金を失うリスクもあります。

 

短期間で大きな利益を狙うのではなく、証拠金を守りながら一定の利率を確保していく方法がリスク管理としても適切です。
日本国内では、レバレッジが最大25倍に設定されており、レバレッジが固定の業者が多いですが比率の変更が可能な場合であれば、その比率をできるだけ低くすることが安定的な運用に役立ちます。

 

FXを長期的な目で見て運用していく重要性

FX投資では短期間で利益を上げていく、という視点ではなく長期的に計画して運用していく必要があり長期的な視点で見ることができるかどうかで利益を上げられるか、損失を出してしまうかの分かれ目にもなり得ます。

 

ここではFXを長期的に見て運用していく重要性を解説していきます。

 

FXで稼ぐには長期的に見ることが必要

「FXは儲かる」と耳にしたことをきっかけに短期で大きな利益を出そうとするのは、どちらかといえばギャンブル的な考え方です。
FXは短期的に利益を出そうとするのではなく、もっと長いスパンを想定して運用していくことが大事な投資です。
FXで稼ぎたければ、利益を出すことを決して焦ってはいけません。
たとえばFXで1億円稼ごうとするなら、利益率を少しずつ伸ばして着実に稼ぐのが現実的です。

 

ギャンブル的手法ではどうしても運に左右されるような安定性に欠ける投資になってしまいますので、そうならないようにもっと長い目で見て運用することが重要です。

 

元手、利率、期間の3要素

FXで稼ぐようになるには、元手(証拠金)の金額、そして利益が出る利率、そして利確するまでの期間の3つの要素が好転した場合に金額が増えていきます。

 

仮に元手の金額が1億円あったとして、利率が1%/月という数字でも月100万円稼ぐことは可能です。
また、仮に元手が少ない場合でもFXにはレバレッジシステムがあり、仮に自己資金が10万円でも、100万円の資金で取引ができます。
少額でもレバレッジを利用し、利率を低くしてコツコツ貯めるのがポイントです。

 

期間も重要です。
ここで解説しておきたいのは1日の間で利確を行い収益を上げるデイトレと呼ばれる取引方法で、この方法はメリットが大きいですがデメリットもあり、特に初心者には難易度が高いといえるでしょう。
デイトレを利用する場合は自分のアプローチしやすい期間を設定して取引することが大事です。

 

1億を目標にした場合の具体例

FXで10万円の元手を年間利率10%で運用した場合、1億に達するにはレバレッジの倍率によって異なります。
例えば、1倍で行った場合は、833か月、つまり69年と6か月かかる計算です。
MAXの25倍で行った場合は、37年1か月で1億円に達します。
10万円だけではこのように長期間にわたって投資を行う必要があり、その間にレバレッジの規制などがかかる可能性や課税による支払いもあるため、必ずしもこの期間で達する保証はありません。

 

ただし、定期的に資金を投入し、この運用を行っていけば、より早く1億円に到達しますから、10万円でかたくなに運用するのではなく、適宜資金を投入していくのが大切です。