FX

FXでプラスになるまで待つのは損!?塩漬けの脱却方法やデメリット

FXでプラスになるまで待つのは損!?塩漬けの脱却方法やデメリット

プラスになるまで待つ

FXトレードにおいて、自分の予想していた値動きをしなかったときはとてもショックですよね。
すぐに損切りをして被害を最小限に抑えても悔しさは残ります。
また、一旦値下がりしてプラスになるまで待つにも、労力が要りますし、大変ですよね。

 

今回はFXトレーダーが値段をプラスになるまで待つことのメリットデメリットから基本知識まで合わせて紹介いたします。

 

FXプラスになるまで待つメリットはあるの?

FXで損失が出ているときは、放置したままだと損失が大きくなってしまうのではないかという不安に常に襲われますよね、そして今すぐこのトレードをどうにかしたいという気持ちで大損を選んでしまい、決済してしまう場合が多々あります。

 

しかしFXの相場で、一度下がった後にに上がるという遅れて予想が当たることはよくあります。
放置しておけば利益が出たのにもかかわらず、こういう時こそ放置できずに損切決済してしまったりするんですよね…
これは損失をこれ以上増やしたくない!という心理と、相場は上がるはずという自分を信じる心理戦なのです。
この決済したいけど出来ないなどの理由により放置する方法を塩漬けと呼びます。
塩漬けトレードのメリットはあるでしょうか?

 

一言で言うとメリットはありません。

 

精神的にも疲労する塩漬けは結局大損が大きく広がるだけなので、ここぞと言う時に損切りをうまくすることが塩漬けにならない1番のキーワードです。

 

塩漬けになった場合はどうすればいいの?

出来るだけ塩漬けにならないようにしなくてはなりませんが、うかうかしているうちに塩漬けになってしまったという場合がありますよね。
その際は勇気を振り絞って以下の3つの方法を試してみましょう!

 

塩漬けになってしまった場合の脱却方法
  1. 値段が上がるまでただひたすら待ち続ける
  2. 大損になっても損切りする
  3. ナンピンで損失を抑える

 

という3つのポイントがあります。
ナンピンとは買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで平均取得価格を下げる手法なので、大損したあとに平均値を下げるようにトレードするしかありません。
要は、最終的な損益がプラスで有れば問題がないのです。

 

しかし、一番いいのはうまく損切りをして塩漬けにならない方法です。
では損切りのタイミングはどのようにすればいいのでしょうか?

 

損切りのタイミングを考える

損切りのタイミングは予めに、ここまできたら損切りしようというラインを常に用意すれば簡単です。
しかし、必ずそのラインが来たら損切りしましょう。

 

そして損切りのライン基準は、サポートラインとレジスタンスラインの「少し外側」です。
理由は、サポートラインまたはレジスタンスラインを超えた時はトレンドが変わるタイミングだからです。

 

 

そもそもサポートラインとレジスタンスラインとは、サポートラインは相場がそれ以上下落しないと考えられる「底」のことで、レジスタンスラインは相場がそれ以上上昇しないと考えられる「天井」のことを指します。

 

トレンド相場やレンジ相場は、サポートラインとレジスタンスラインの間で相場が上下し、小さな値動きはあってもサポートラインやレジスタンスラインを超えることはないので、「買い」のポジションの場合はサポートライン、「売り」のポジションの場合はレジスタンスラインを超えるかどうかが損切りの目安となります。

 

待つFXはスワップポイントで稼ぐ

損切りのラインが難しいという初心者の方は、塩漬けトレードをしてもスワップポイントで稼ぐ事をおすすめします。

 

スワップポイントとは、FX取引を行ったときに発生する通貨ペアの金利差調整分のことです。
FXは、異なる2つの国の通貨を交換する取引なので、このときそれぞれの政策金利も交換することになりますが、それぞれの通貨の国の政策金利は異なるため、その差額を調整する必要がるので、このような仕組みが生まれました。

 

スワップポイントは、原則、高金利の通貨を買って低金利の通貨を売ることによってその差額分を受け取ることができます。
スワップポイントは毎日付与されるので、小さな利益をコツコツと積み重ねることが可能です。

 

スワップポイントは、その金額が利用する会社によって変わってきます。
取り扱っている通貨の種類やその数が重要になってくるので、取り扱っている通貨の種類が多い海外FXはスワップポイントで稼ぐのにおすすめです。

 

海外FXは塩漬けを解消してくれる!?

スワップポイントで稼ぐには海外FXがおすすめと記載しましたが、海外FXには塩漬けになった取引をなしにしてくれるサービスをしている口座があります。
そのすごい海外FX口座はGEMFOERXです!

 

GEMFOERXの行なっている「他社乗り換えキャンペーン」を利用して、一気に塩漬けを解消するという方法があるのですよ!
これは、塩漬けを解消することが目的のボーナスではありませんが、結果的に、他社で持っている塩漬けポジションを決済すると、その損失分を全額補填してくれます。

 

このサービスはGEMFOERXが行っていますから、この会社以外で塩漬けになっているポジションを持っている人ならとても有効な方法です。
また国内FX業者で利用している口座なら、大暴落などが発生した場合、「追証」のリスクもありますから、ゼロカットシステムを採用している海外FXは安心して取引ができますね。
また海外FXには一攫千金を狙えるハイレバレッジでの取引も可能です。

 

>>>GEMFOREXの新規口座開設はこちら

 

ハイレバレッジの取引とは?

海外FXでの一番の魅力はハイレバレッジでの取引です。
国内FX会社では25倍までしかレバレッジを掛けることができませんが、海外FX会社なら日本の金融庁の規制を受けないため、もっと多くのレバレッジを掛けることができます。

 

現時点で、最も高いレバレッジが使えるのはFBSの3,000倍ですが、証拠金の残高が2万円を超えるとレバレッジは2,000倍に制限されるというデメリットもあります。
また、他にもレバレッジ888倍なら、XMのスタンダード口座でトレードすることができて、この口座なら、証拠金200万円でレバレッジ888倍のトレード(取引高約18億円)できると思いきや、実際に持てるロットは50 lot(取引高約5億円)までとなっています。

 

このように海外FXはハイレバレッジで取引でき、またゼロカットシステムもあるので安心して取引ができますね。

 

まとめ

FXでプラスになるまで待つトレード方法について記載してまいりました。
プラスになるまで待つ、塩漬けトレードは精神的にもしんどいのでおすすめしません。
塩漬けをやめる方法をうまく利用して、出来るだけ損失を減らして、また逆にスワップポイント等で儲けられるようにトレードをしましょう。
国内FXよりも安定して儲けられる、海外FXでの取引もおすすめします。