FX

両建てって何?両建て完成のメリット・デメリットについて解説!

両建てって何?両建て完成のメリット・デメリットについて解説!

海外FX両建て完成

海外FXの場合、「両建て禁止!」とされている会社も少なくありません。そもそも両建てってなんだろうと思う初心者トレーダーもいることでしょう。今回は、両建てがそもそもなんなのか、そしてそのメリットとデメリットについてくわしく解説していきます。

 

両建てとは

両建てとは基本的に、同じ通貨で買いポジションと売りポジションを同時に持つことを指します。こうしてポジションを持てば、損益の幅が固定されることになるのはわかるでしょうか。これって何か意味があるの?と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。例えば、決済するかどうか迷っている時に両建てをしておくことで、損益を固定したまま、この後の相場に対する対応について考えることができます。つまり、そもそもどちらかのポジションを持っている状態で、この後の相場がどうなるかわからない!念のために両建てしておこう!と思って、ここで反対ポジションを保有する、という流れになるわけです。両建てしている状態の場合、たとえ相場が下がったとしても損益幅は変わらないので大きな損失ができることはない、というやり方です。

 

さて、この両建てですが、大まかに3種類の方法があります。まずは、その3種類の方法についてご説明します。

 

3種類の両建て

同一口座間で両建てする

まず、同じ口座の中で買いポジションと売りポジションの両方を保有するパターンです。この場合、上昇トレンドが出ている際に、買いポジションは利益がでますよね。一方で、売りポジションはその分だけマイナスになります。このため、価格がどう変動しようと口座残高がマイナスにならない、つまり損益を相殺することになります。このため、海外FXの魅力の一つであるゼロカットシステムが発動する可能性がないので、FX会社側には何のリスクもないため、同一口座間の両建ては基本的にすべての海外FXで認められる手法となります。

 

複数口座間で両建てする

さて、一方で今度は複数口座間で両建てする場合です。海外FXの場合は、同じ会社の中で複数口座を所有することができます。これを利用してⅭ両建てする場合、同一口座間の両建てと異なるのはゼロカットが発動する可能性があるということです。どちらかのポジションは必ず損失を出すわけですから、そのポジションを持っている口座ではゼロカットされる場合がありますよね。反対ポジションはというと、そちらはトレーダーにとってプラスになる状態ですから、損失分よりも利益が出る場合もあるということです。こうなってくると、FX会社側も黙ってはいません。ゼロカットとは、トレーダーにとっては口座残高が0を下回らないという素敵なシステムですが、その損失分をFX会社が肩代わりしてくれている場合があります。こうなると、会社にとっては損なので、複数口座間の両建てを不正行為として禁止としている海外FXもあります。これに違反した時には、口座凍結などのペナルティを受けたり、新規口座開設ができなくなったりとトレーダーの不利益にもつながります。

 

他者口座との両建て

先程ご説明した、複数口座間の両建てを同一会社内でやるか、別の会社の口座で行うかのちがいです。これも、先程と同じように禁止されている場合が多いです。他社の口座どうしなのだから、ばれないのでは?と思うかもしれませんが、海外FXは共通のプラットフォーム(MT4やMT5)を利用している場合が多く、そうしたことからも確実にバレると思っておいた方がいいでしょう。我々が思っている以上にFX会社側はこれを監視しているのです。この両建て取引がバレた時には、口座凍結やその時の利益の出金拒否につながります。さらに、最大レバレッジが制限されたり最悪サービスの提供を拒否されることもあるので、避けるのが一番でしょう。

 

両建てのメリットとは

ここまで、両建ての種類についてご説明しましたが、同一口座間以外の両建ては禁止されている場合が多いことから、なんのメリットがあるのだろうかと疑問に感じる人もいらっしゃるかと思います。ここで、両建てを行うメリットについてご紹介していきます。

 

損益を固定したまま相場に対しての戦略を練れる

これは、はじめにご説明した部分です。決済するか迷って時には、両建てしておくことで損益幅を固定し、戦略を練ることができます。この場合、相場の動きに合わせて負けている方のを決済してしまえば、その後は有利にトレードを進めることができるという利点があります。

 

うねり取りができる

これは主に、株式の取引で使われるトレード手法です。また日本では、江戸時代に米相場で行われてきた歴史ある売買方法でもあります。為替の相場は、上昇相場と下降相場を繰り返しながら形成されます。下がったものが下がりつつけるということはまずありません。必ずどこかの時点で上昇するはずです。こうした上下運動によってできる相場の波を「うねり」と呼び、このうねりに対してポジションを組み合わせ、かつ保有するポジション数を調整しながら波乗りしながら利益を得ることを、うねり取りといいます。例えば、上昇トレンドが発生している相場の中でも一時的に下降トレンドが発生することはよくありますよね。こうした時、買いポジションは長期的に保有することで大きな利益を生み出せますし、一時的に売りポジションを保有することで資金効率を上げることもできるのです。複雑かつ難しい部分があるので初心者にはお勧めできませんが、うまくいけば大きな利益を手にすることができるメリットがあるということをご紹介しておきます。

 

両建てのデメリットは?

さて、このように両建てのメリットについてはご説明しましたが、当然デメリットも存在します。デメリットというよりも、リスクと表現した方が適切かもしれません。

 

うまく機能しなければ損失が2倍になる

例えば、指標発表などのタイミングでは価格が大きく動くことの方が多いですよね、こうした時に起こるスプレッドの変動によって、両建てがうまく機能しない場合があります。この場合、両建てしている2つのポジションは、基本的に同じポジション量ですので、損失事態も同じ量つまり2倍になってしまうことがあるのです。このため、変動が激しい時には両建てはうまくいかないことがあるということを頭の中に留めておかなければなりません。ですから、相場の変動が激しい時には両建てをしないことをおススメします。

 

タイミングが難しい

もうおわかりかと思いますが、両建てをうまく利用するには知識と技術が必要です。例えば、同一口座間で両建てをしている時に、相場を読んで片方を決済しますよね。想定では、決済していない方のポジションで利益を上げられるはずが、読み間違ってしまい損失を生みだしてしまうこともあるのです。こうなれば、先に決済した方と現在保有している方のポジションの損失を合わせて受け取る形になってしまいます。これを防ぐためには、決済タイミングをしっかり見極める必要があります。しかしこれは、初心者にはなかなか難しいので、こうした手法を利用したい場合は経験を積んでいくしかありません。

 

まとめ

今回は両建てについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?両建ては中・上級者向けの手法だということがよくわかりましたね。今後、FXを続けていきたいと考えている初心者の方は、あまり急がず、もう少し経験を積んでから挑戦することをおススメします。