FX

FXのテクニカル分析って一体何?成功率を上げる方法は?

FXのテクニカル分析って一体何?成功率を上げる方法は?

FX テクニカル分析

FXには、大きく分けると、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という2種類の分析方法があります。

 

初心者の中には、ファンダメンタルズ分析ではなく、テクニカル分析から始めるという人も多いでしょう。
そこでこの記事では、テクニカル分析とは一体何なのか、成功率を上げるためにはどうすればいいのかということについて、詳しく解説していきます。

 

テクニカル分析とは?

テクニカル分析というのは、チャートをよく観察して、過去の値動きから今後の動向を予測するという分析方法です。
そのため、トレンドの勢いや転換点などを判断するためにとても重要な役割を持っているのです。

 

とはいえ、初心者の中には、「過去のチャートから今後の値動きを予想する?」と混乱してしまう人もいるでしょう。

 

もっとわかりやすく言うのであれば、他の投資家の心理を読み取るということです。
FXというのは、景気や経済状況などが非常に重要になってきます。
しかし、それをもとに取引をするのは基本的に人です。
そのため、場合によっては景気が悪いのにも関わらず、その国の通貨が買われすぎているというような状態も起こり得るのです。

 

このような違和感を少しでも早く察知することができると、より利益を追求した正しい判断、予想をすることができるため、勝率を上げることができるのです。

 

テクニカル分析をするなら覚えておきたい用語

テクニカル分析をする場合、いくつかの用語を覚えておく必要があります。
これらの用語を覚えておかないと、どれだけ正確な分析をすることができたとしても、活用することができなくなってしまいます。

 

順張りと逆張り

まずは順張りと逆張りです。
順張りというのは、トレンドに沿ってポジションを持つという方法です。
例えば、上昇トレンドが発生していたとしたら、自分もそのトレンドに逆らわずに買い注文をしていきます。

 

一方逆張りというのは、トレンドに逆らってポジションを持つという方法です。
例えば、上昇トレンドが発生していたとしても、
「もう少しでトレンドが変わるだろうな」
と思ったら、あえて買い注文ではなく売り注文をしておくのです。

 

トレンド

先ほども少し登場しましたが、トレンドという用語も覚えていく必要があります。
このトレンドというのは、テレビやニュースなどでも取り上げられることが多い用語ですので、そこまで難しくはないでしょう。

 

簡単に説明すると、「流行」というような意味になります。
相場が上昇していれば、上昇トレンド、下降していれば下降トレンドとなります。

 

オシレーター

オシレーターというのは、相場の動き方から値動きを分析する手法です。

 

具体的には、売られすぎ、買われすぎを判断することができ、どのタイミングで買えばいいのか、どのタイミングで売ればいいのかということを見極めやすくなるのです。

 

初心者がテクニカル分析をするなら何をすべき?

初心者に、「テクニカル分析をしてください」と言っても、そう簡単にできるものではありません。

 

では、FX初心者、テクニカル分析初心者が正しくテクニカル分析を行うためには、まず何をすることが大事なのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

トレンドライン

最初はトレンドラインに注目することが大事です。
トレンドラインには、

 

  • サポートライン
  • レジスタンスライン

 

というのがあり、エントリーポイントを掴みやすくなります。
サポートラインというのは、チャートの下値を支えているラインです。
このラインに到達した場合は、これ以上は下がらないだろうと予測することができます。

 

レジスタンスラインというのは、チャートの上値を支えているラインです。
このラインに到達した場合は、これ以上上がらないだろうと判断することができるのです。

 

移動平均線

続いては移動平均線です。
移動平均線を使うことで、デッドクロスやゴールデンクロスなどのシグナルを掴みやすくなるため、初心者でもエントリーポイントを把握しやすくなるでしょう。

 

一目均衡表

一目均衡表というのは、チャート上に現れる雲のことです。
この雲を上手に活用することで、エントリーポイントだけでなく、トレンドの転換点なども判断することができます。

 

例えば、雲からラインが突き抜けるとトレンドが転換したと判断することもできます。
また、雲が薄い場合は、どちらに動こうか迷っている最中ということですので、あまり手を出さない方が無難だと言われています。

 

慣れてきたら使うべき手法

そして、ある程度テクニカル分析に慣れてきたら、応用的な手法を活用することをおすすめします。

 

マックディー

まずはマックディーです。
正しくは、MACDとなります。
この手法は、短期間の移動平均線と中期間の移動平均線からエントリーポイントを判断する物です。

 

マックディーを使うことで、より相場の転換を正確に、そしていち早く判断することができるため、移動平均線の使い方に慣れてきた人は是非使ってみましょう。

 

ボリバン

続いてはボリバンです。
正しくは、ボリンジャーバンドと言います。
この手法では、統計学的な考え方を用いて、相場が一定の確率でバンド内に収まるという物です。

 

基本的には、5本の線で形成されることが多く、買いポイント、売りポイントをわかりやすくすることができるのです。

 

テクニカル分析はどうすれば成功率が上がる?

では、一体どうすればテクニカル分析の成功率を上げることができるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

正しい考え方

まずは正しい考え方を身に着けることが大事です。
というのも、テクニカル分析をすればかなり確率で勝てると思ってしまっている人もいますが、そうではありません。
テクニカル分析も正しく行わなければ、ただの自己解釈にすぎませんし、そもそもテクニカル分析だけでは相場の動きを正確に読み取ることが難しいのです。

 

より正確に予測するためには、ファンダメンタルズ分析もしっかりと活用することが大事になってきます。
両方をしっかりと行い、総合的に判断することで、より正確に、そしていち早く相場の流れを掴むことができるようになるのです。

 

柔軟な考え方

テクニカル分析をする上で、セオリーとされていることもいくつかあります。
しかし、いつもそのセオリー通りに取引をしていればいいという事ではありません。
先ほども解説したように、FXを行っているのは基本的に人間ですから、場合によっては意外な値動きを見せることもあるのです。

 

そのため、常に柔軟な考え方、物の見方を意識して、臨機応変に対応していくことが大事になってくるでしょう。

 

決済タイミング

テクニカル分析を行うと、ポジションを持つ根拠を見つけ出すことができます。
仮にその根拠を元にポジションを持ったとしても、シグナルが消えた場合には比較的早めに決済してしまうことをおすすめします。

 

「まだいける」
「この調子ならもう少し利益が出る」

 

などと欲をかき、熱くなってしまうと負けてしまう可能性もあるのです。

 

まとめ

このように、FXで勝つためにはテクニカル分析を行うことがとても重要になってきます。
テクニカル分析を行うための手法には、様々なものがありますが、少しずつ慣れてステップアップしていくことをおすすめします。

 

そして、ある程度テクニカル分析に慣れてきたら、ファンダメンタルズ分析も同時に行い、両方の結果を元にエントリーポイントを探っていくことをおすすめします。