FX

今さら聞けないFXの知識!FXとは一体何なのかをわかりやすく解説!

今さら聞けないFXの知識!FXとは一体何なのかをわかりやすく解説!

FX

FXという言葉を聞いたことがあっても、その意味や内容については良く知らないという人は意外と多くいます。
しかし、年齢を重ねれば重ねる程、「FXって何?」とは聞きにくくなってしまいますよね。

 

そこでこの記事では、FXとは一体何なのかということについて、詳しく解説していきます。

 

FXって一体何?

FXというのは、2つの通貨を売買して利益を得るという投資です。
例えば、1ドル100円の時に買い、1ドル110円の時に売れば10円の儲けです。
今はドルと円で例えましたが、FX業者によっては様々な通貨ペアが用意されていて、それぞれの通貨によって値動きの特徴が異なる場合もあるのです。

 

また、FXで利益を出すためには、

 

  • 為替差益
  • スワップポイント

 

の2つがあります。
為替差益というのは、先ほど紹介したように、2つの通貨ペアを売買して差益を狙うことです。
スワップポイントというのは、通貨を保持することによって得られる金利のことです。
中には持っているだけで毎日金利を貰うことができる通貨もあり、長期保有することで利益となる場合があるのです。
ただし、場合によってはマイナス金利となってしまうこともあり、自分が金利分を支払わなければならなくなってしまう場合もあるため注意が必要です。

 

FX取引の流れは?

FX取引と聞くと、かなり難しいというイメージを持ってしまう人もいますが、意外と簡単に、そして誰でも取引をすることができるのです。
基本的な流れとしては、

 

FX業者を決める→口座を開設する→入金→取引開始

 

という流れです。

 

操作方法や用語などを最低限覚える必要はあるのですが、ステップさえ覚えてしまえば、初心者でもスムーズに取引を開始することができます。

 

FXのメリットは?

では、FX取引をするメリットとは一体何なのでしょうか?

 

レバレッジを使える

まずはレバレッジを使えるという点です。
レバレッジというのは、「てこの原理」という意味を持ちます。

 

つまり、少ない資金でより多くの取引をすることができるということです。
例えば、証拠金4万円を入金して取引をする場合、レバレッジを使わなければ4万円分しか取引をすることができません。
しかし、国内FX業者の最大レバレッジでもある25倍を使うと、100万円分の取引をすることができるのです。

 

そのため、少ない資金でより多くの利益を狙うことができます。
ただし、大きな利益が狙える反面、大きな損失を背負ってしまう場合もあるため注意が必要です。

 

景気が悪化しても稼げる

FX初心者の中には、
「景気が良い時しか稼げないでしょ?」
「景気の良い国を見つけなければいけないでしょ?」
と思う人もいます。

 

しかし、FXというのは1つの国の通貨をどうこうする投資ではなく、2つの通貨ペアを売り買いする投資方法ですので、相場が下落している場合でも利益を出すことができるのです。

 

金利で稼ぐこともできる

先ほど解説したスワップポイントで稼ぐことも可能です。
スワップポイントについては冒頭でも解説したため、詳しい説明は省きます。

 

FXには、

 

  • 短期トレード
  • 中期トレード
  • 長期トレード

 

という方法があります。

 

基本的にスワップポイントで稼ぐためには、長期トレードを選択する必要があります。
その理由は、毎日少しずつ金利を貰うことができるからです。
この金利については、各国によって、そしてその時の状況によって変動するため断定的なことは言えませんが、銀行に預けるよりはかなりお得になる場合が多いです。
しかし、スワップポイントで得をしても、値動きによる損失を出してしまったら意味がありませんので注意が必要です。

 

FXのデメリットは?

続いてFXのデメリットについて詳しく解説していきます。
先ほども解説したように、FXには様々な稼ぎ方、メリットがありますが、それと同時にデメリットもあるのです。
これからFXを始める場合にはメリットだけでなく、デメリットについての知識も取り入れておくことが大事です。

 

当然損失のリスクもある

FXはお金を稼ぐことができる場合もあれば、お金を失う場合もあります。
例えば、円安に向かっていくと予想して、買い注文をしたとしましょう。
しかし、結果的に円高に進んでしまった場合、損をしてしまう事になります。

 

このようなリスクをしっかりと考慮した上で、慎重に取引をしていくことが大事になるのです。

 

強制ロスカットされてしまう場合もある

トレーダーが、今以上の損失を出さないために、含み損を確定させてしまうことを「ロスカット」と言います。
ロスカットをすることで、損失を最小限に抑えることができ、資金を大幅に減らすことなく再挑戦することができるのです。

 

しかし、証拠金が一定ラインを下回ると、FX業者が強制的にロスカットしてしまうのです。
これを「強制ロスカット」と言います。
証拠金の一定ラインというのは、それぞれのFX業者によって異なるため、事前に確認をしておくことが大事になってきます。

 

FXはなぜ人気なの?

投資と聞くと、なぜかFXを連想する人が多いです。
それほどFXはたくさんの人から興味を持たれている人気の投資であるということです。
ではなぜ、FXはそこまで人気を集めているのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

 

自分に合った稼ぎ方ができる

FXの稼ぎ方にはいくつか種類があります。

 

  • 数秒~数分の間で決済をするスキャルピングトレード
  • 長くても1日で決済するデイトレード
  • 数日から数週間ポジションを持つスイングトレード
  • 半年から年単位でポジションを持つポジショントレード

 

などです。

 

この中からどの稼ぎ方をするのかは、トレーダーの自由です。
つまり、自分の性格や個性に合った稼ぎ方をすることができるということです。

 

いつでもどこでもトレードできる

そしていつでもどこでもトレードをすることができます。
今ではスマホがあれば、外出先でもトレードをすることができるようになりました。
そのため、FX1本で稼げるようになれば、毎日会社に出社する必要もありませんし、休みの日も自分で決めることができるのです。

 

比較的初心者でもわかりやすい仕組み

FXの仕組みを極端にわかりやすく言うと、上がるか下がるかを予想するだけです。
円高円安、ストップ高、ストップ安などの難しい専門用語は山ほどありますが、仕組みだけを見るとかなりシンプルです。

 

そのため、比較的初心者でもわかりやすい投資になっているのです。

 

挑戦するまでの敷居がそこまで高くない

株式投資などはある程度まとまったお金がないと始めることはできません。
今ではワン株やミニ株などの金融商品も扱われるようになりましたが、株式投資というのはFXよりもレバレッジが低いため、まとまった金額が用意できないと、大きな利益にならないこともあるのです。

 

しかし、FXの場合は、レバレッジを25倍までかけることもでき、4,000円程度から始められるFX業者もあるため、投資デビューの敷居が低いのです。

 

まとめ

FXは難しそうなイメージがありますが、実はシンプルな仕組みなのです。
ただ、簡単には稼ぐことができませんので、もしこれからFXを始めようと思っている人がいるのであれば、基本的な知識を身に着けてから挑戦することがおすすめです。

 

ただ、知識だけをつけても、経験がないと稼ぐことが難しいです。
そのため、最初は少額の資金から始めて、コツを体で覚えることが大事になってきます。
今では4,000円、業者によってはもっと少ない金額から始められる場合もありますので、勇気を持って、まずは挑戦してみましょう。