海外FX

メジャーからマイナーまで海外FX業者一覧

メジャーからマイナーまで海外FX業者一覧

海外FX業者 一覧

今回は海外FX業者を一覧で紹介します。
※多く紹介したいので専門用語の解説はしません。

 

XM

筆者が一番おすすめする海外FX業者はXMです。
実際、日本人FX投資家のなかでもトップの人気だと思います。

 

  • 約定力がとても高い
  • マックスレバレッジ888倍
  • 日本語対応が完璧

 

などなど。
「とりあえずどこかの海外FX業者に登録したい」というのであれば、XMがおすすめです。

 

ゲムフォレックス

筆者が2番目におすすめする海外FX業者がコレです。

 

  • マックスレバレッジ1000倍
  • 口座登録ボーナス(2~3万円)

 

などが魅力です。

 

金融ライセンスを取得したのが2019年とかなり遅く、そのせいで評判が悪くなっている部分が少しありますが、ライセンスが取れているので信頼できます。
迷わず一覧に入れさせていただきました。

 

FBS

  • マックスレバレッジ3,000倍

 

という驚異的なレバレッジ倍率を誇る海外FX業者です(この一覧の中でも一番高いです)。

 

「とにかくレバレッジ倍率の高さが重要なトレードスタイルです!」という人は、ぜひ口座開設をしてみてくださいね。

 

ランドFX

  • スプレッドが狭い
  • マックスレバレッジ500倍
  • FCAライセンス(ハイグレードです)を取得

 

などシンプルな魅力がある海外FX業者です。

 

ただし、スキャルピングトレードや両建てに関するルールが、他のブローカーに比べると厳しいので気を付けましょう。

 

トレーダートラスト

トレーダートラストは「取引手数料だけが利益です」と宣言している海外FX業者です。
つまり、「FX業者側によく分からない形でお金を取られることが絶対にない」ということですね。

 

比較的歴史が浅い雰囲気のあるFX業者ですが、日本人投資家の間では人気です。

 

タイタンFX

平成26年に登場した海外FX業者であり、トレーダートラスト(平成21年)以上に歴史が浅いです。

 

ですが、

 

  • マックスレバレッジ500倍
  • ロスカット率20パーセント
  • 約定力が高い
  • スプレッドが狭い

 

などトレードがしやすい環境が整っています。

 

「信託保全がない」という欠点がありますが、一覧から外すほどのデメリットではないと感じています。

 

AXIORY

筆者も含めXMをナンバーワン海外FX業者と考える人が多いですが、ナンバーツーにはこのAXIORYを挙げる方が結構います。

 

スタンダード口座でも「ドル円」のスプレッドが0.9pipsくらいなので、海外FX業者のなかではかなり狭いほうだと言えます。

 

サポート体制も充実していますし、約定率も99パーセント以上と申し分ありません。

 

イートロ

収益状況を面白いアニメーションで教えてくる海外FX業者です。
この一点のメリットだけで、一覧に入れることにしました。

 

ですが、

 

  • スプレッドがやや広い
  • 日本語対応がない

 

などのデメリットがあるので、本気で海外FXに取り組みたい人にはあまり向きません。

 

ですが、「とりあえず楽しんでFXをやってみたい」というのであれば、口座開設をしてみても良いでしょう。
飽きたら(口座の資金管理をした上で)放置しても良いですしね。

 

マイエフエックス

  • ニュージーランドの金融ライセンスを持っている
  • マックスレバレッジ400倍

 

という海外FX業者です。

 

基本は「スタンダード口座」ですが、「プロ口座」であれば、スプレッドがわずか0.1pips程度となります。
ただし、プロ口座は入金下限額が約10万円ですので、少しハードルが高いです。

 

ビッグボス

  • マックスレバレッジ555倍
  • ドル円のスプレッドが1.6pips程度

 

など、トレードしやすい環境が整っている海外FX業者です。

 

平成28年に日本人を対象とするサービスがグレードアップし、そこから日本人トレーダーの間でも人気が爆発しているという印象です。

 

ちなみに、ビットコインでの入金ができます。

 

エフエックスネット

  • スタンダード口座(ビギナー向け)
  • ビップ口座(中級者向け)
  • プラチナ口座(エキスパート向け)

 

という3タイプの口座があるのがなかなか面白いので、一覧に入れました。
ただ、「どの口座も比較的スプレッドが広いという難点」があります。

 

エフエックスオープン

  • 1ドルから入金できる
  • 最小スプレッド0pips(口座による)

 

という特徴のある海外FX業者です。

 

ただし、「日本語対応していない」という無視できない欠点があります。
英語にある程度慣れていないと、口座開設の段階から結構苦労するかもしれません。

 

ティアワン

日本市場から退いていますが、良質な海外FX業者ですので一覧に入れました。

 

  • 最小スプレッド0pips(スタンダード口座なら1.6pips)
  • 完全日本語対応
  • スイス銀行と提携

 

など、安心して利用できる業者でした。
ただ、「マックスレバレッジ200倍」と、海外FX業者にしてはやや低めでしたね。

 

ユートレード

3種類の口座があり、ビギナーからエキスパートまで快適にトレードができる海外FX業者です。
いずれの口座も「最小スプレッド0.8pips~」と、これに関しても優秀です。
日本人職員が問い合わせ対応をしてくれますので安心です。

 

マイナーですが、結構いいブローカーだと感じます。

 

オロトレーディング

「円口座非対応」という大きすぎるデメリットがありますが、
それが気にならない人にとっては優秀な海外FX業者なので、一覧に入れました。

 

  • スタンダード口座(ビギナー向け)
  • プロ口座(スプレッドが狭いが、下限入金額が高い)
  • ビップ口座(プロ口座と似た使用感の口座です)
  • トップゼロ口座(自動売買専用口座、スプレッドが狭い)

 

など、口座の種類が豊富です。

 

エムジーケーグローバル

ドル円のスプレッドが0.4pips程度とかなり狭いです。
ただし、マックスレバレッジが200倍と海外FX業者のなかでは低めです。

 

それから、クレジットカードでの入金・出金ができないので気を付けましょう。
(※海外FX業者の『対応入金・出金方法』は割と頻繁に変更されるので注意しましょう)

 

ただ、それ以外に大きなデメリットはないので、なかなか悪くない業者だと思います。

 

FXDD

恐らく、日本市場に最初に参入した海外FX業者がココです(だからこそ一覧に入れました)。
まあ、今となってはマイナーになっていると思いますが。
ですが、日本人トレーダーにとって使いやすいブローカーだとは感じます。

 

「為替マーケット関連ムービー」を週に1回のペースで投稿するという比較的珍しい取り組みをしています。
(ちなみに、XMも似たようなことをしています)

 

FXプロ

  • FCAライセンスなどの金融ライセンスを持っている
  • トレードスタイルに合わせて口座をチョイスできる(4種類)
  • マックスレバレッジ500倍
  • ゼロカットあり
  • 信託保全を採用

 

などなど間違いなく優秀な海外FX業者です。

 

ピボットマーケッツ

  • ビットコイン決済OK
  • 東京にサーバーがある
  • マックスレバレッジ500倍
  • 日本語対応済

 

などなど。
平成28年に誕生した歴史の浅い海外FX業者ですが、優秀な部類ですので一覧に入れました。

 

ただし、口座の種類が1個しかありません。
(使いやすい口座だとは思いますけどね)