海外FX

海外FXの証拠金計算方法は?国内FXとの差について

海外FXの証拠金計算方法は?国内FXとの差について

海外FX 証拠金計算

本記事のテーマは「海外FXの証拠金計算方法」です。
FXトレードをする上で絶対に欠かせない知識ですので、ぜひラストまでお読みください。

 

証拠金計算方法は海外FXと国内FXで違うの?

あえて「海外FX」「国内FX」という表現を使っていますが、両者で「証拠金計算方法」に差があるわけではありません。計算方法を覚えればどちらでも通用します。

 

ただ、この証拠金計算にはレバレッジが大きく関係してきます。

 

そして、

 

国内FX:最大レバレッジ25倍まで
海外FX:数百~1000倍のところが多い

 

という感じですから、「計算方法」そのものは一緒ですが、「計算しているときのなんとなくの感覚」は違うものになるかもしれません。
(ただ、その『感覚の違い』に気を取られると分かりにくくなるので、むしろスルーしましょう)

 

海外FXにおける必要証拠金計算方法

必要証拠金:そのトレードをするために必要な資金の最低金額

 

要するに、例えば「100万円分のトレードがしたいなら、100万円用意してください」という単純な話です。

 

……なのですがFXには「レバレッジ」がありますので、実際には100万円用意する必要はありません。

 

例えば
「レバレッジ50倍」なのであれば、100万円÷50=2万円。
つまり、2万円だけ用意すればいいという事になります。
そして、そのまま「必要証拠金=2万円」となります。

 

海外FXには「最大レバレッジ1000倍」のところがありますが、
その場合は、「必要証拠金=1000円」となります。
レバレッジの威力はすさまじいですね。

 

必要証拠金計算方法

必要証拠金=取引したい金額(取引量)÷レバレッジ倍率

 

 

海外FXにおける有効証拠金計算方法

有効証拠金:トレードに使える証拠金の残額

 

そして計算式としては、

 

有効証拠金=口座残高+含み損(含み益)

 

となります。

 

ですから、ものすごくザックリ説明しますが、「口座残高」そのものは100万円だったとしても、「含み損」が70万円あれば、

 

有効証拠金=100万円+(-70万円)=30万円

 

となります。

 

含み損が大きくなると、有効証拠金が少なくなる。
もっと感覚的に言えば、「FXトレードでピンチになればなるほど有効証拠金が少なくなる」と言えます。

 

海外FXにおける証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率:「必要証拠金」に対する「有効証拠金」の比率

 

感覚的に言えば、「必要証拠金は○○円だけど、あなたはいくらお金を持っていますか?」ということですね。

 

必要証拠金が10万円で、有効証拠金が10万円なら証拠金維持率は100パーセント
必要証拠金が10万円で、有効証拠金が5万円なら証拠金維持率は50パーセント
必要証拠金が10万円で、有効証拠金が20万円なら証拠金維持率は200パーセント

 

となります。
これもまた「証拠金計算」の一種と言えますが、だいたい掴んでいただけたでしょうか。

 

では、証拠金維持率計算の練習をしてみましょう。

 

レバレッジ倍率:500倍
通貨ペアのレート:100円
取引量:10万通貨
有効証拠金:10万円

 

まず「取引量」を具体的な金額にしてみましょう。

 

取引金額=100円×10万(通貨)=1000万円

 

本当でしたら1000万円用意しなければなりませんが、幸いFXにはレバレッジがあります。

 

必要証拠金=1000万円÷500=2万円

 

「必要証拠金の5倍の有効証拠金を持っている」ので、証拠金維持率は500パーセントとなります。

 

【証拠金維持率計算式】
(有効証拠金÷必要証拠金)×100パーセント
※有効証拠金・必要証拠金計算方法とセットで覚えましょう。

 

海外FXでは「証拠金維持率500パーセント」を最低ラインにしておくべき

多くの海外FX業者は、証拠金維持率が20~50パーセントになった時点でロスカット(強制決済)をします。
感覚的に言えば、「あなたは証拠金維持率が下がり過ぎてマズいので、もう取引をやめましょう(決済しましょう)」という事ですね。

 

そしてFXトレードでは、相場が急変すれば証拠金維持率が激動することがあります。
ですから、証拠金維持率は最低でも500パーセント、できれば1000パーセントをキープすることを心掛けてください。
証拠金計算をして、どうすれば500~1000パーセントになるかを割り出しましょう。

 

最悪なのは「『証拠金維持率100パーセントをちょっと超えるくらいでエントリーして、ロスカットまで粘るようなトレード』を毎回すること」です。

 

証拠金計算の補足:証拠金維持率を高くするには?

 

証拠金計算方法である、

 

必要証拠金=取引金額÷レバレッジ倍率
有効証拠金=口座残高+含み損(含み益)
証拠金維持率=(有効証拠金÷必要証拠金)÷100パーセント

 

という3つの式を踏まえて、証拠金維持率を高くする方法を考えましょう。

 

  1. レバレッジ倍率を上げる
  2. 取引金額を下げる
  3. 口座残高を増やす

 

1:レバレッジ倍率を上げる

例えばレバレッジ500倍→1000倍にすれば、証拠金維持率は2倍になります。
また、レバレッジ25倍(国内FXの限界)→1000倍にすれば証拠金維持率は40倍になりますよね。
(上記の証拠金計算式に当てはめてみましょう)

 

2:取引金額を下げる

感覚的に言うと、「取引金額を下げると、用意しないといけないお金(必要証拠金)が少なくなる」という感じですよね。
必要証拠金が下がれば、証拠金維持率は上がります。

 

無理なトレードをせずに、控えめなトレードを心掛けましょう。

 

3:口座残高を増やす(入金する)

感覚的に言えば「有効証拠金を増やすために、口座残高を増やそう」という事になります。
理屈としては、「1」「2」と比べても単純なのではないでしょうか。

 

ただ、「口座残高を増やす」とは言っても、その際「最悪全額失って良いお金」以外は使わないようにしてくださいね。

 

最悪なのは「有効証拠金が減ってきた(含み損が増えてきた)→ちょっと入金して証拠金維持率を上げる→さらに有効証拠金が減る→さらに入金する」という状態になる事です。
FXはギャンブルではありませんが、この構図はまさに「負けを認めず、お金を捨て続けるギャンブラー」と変わりませんよね。

 

1~3の中でもっともおすすめするのは「1:レバレッジ倍率を上げる」です。
「2」も良いかもしれませんが、自分の中のトレードルールが変わってくると、おいそれと取引量を変えることはできなくなるはずです。
「3」については、筆者としては全くおすすめしません。

 

証拠金計算方法を覚えたら後は計算ツールを使いましょう

「証拠金計算ツール」などがありますので、それに数値を放り込めば計算してくれます(証拠金以外の要素についても計算してくれます)。

 

プロのトレーダーであっても、普通に計算ツールを使っていますので「いずれ暗算できるようになるべき」などという事はありません。

 

ただし、「有効証拠金、必要証拠金、証拠金維持率の関係性」や「各種証拠金計算方法」を知識として身につけておくことは必須です!
そうでないと「何だかよく分からない状態でトレードする」ことになるので、精神的に落ち着かなくなるはずです。

 

まとめ:海外FXの証拠金計算はツールに任せればいいけれど知識としては必須!

海外FXの証拠金計算方法などを紹介しました。

 

必要証拠金=取引金額÷レバレッジ倍率
有効証拠金=口座残高+含み損(含み益)
証拠金維持率=(有効証拠金÷必要証拠金)÷100パーセント

 

という式を理解しましょう。

 

また、本記事ではあえて
感覚的に言えば~という表現を多用しましたが、「感覚的に理解できれば、計算式を忘れても思い出せるようになる」ので、あえて言葉として使ってみました。

 

「計算方法を丸暗記したけど、実は意味は分からない」ではなく、「計算方法も理解しているし、感覚的にも理解している」という状態を目指しましょう。