海外FX

多くの海外FXでは「追証なし」はなぜ?

多くの海外FXでは「追証なし」はなぜ?

海外FX 追証なし なぜ

大手の海外FX業者の大半が「追証なし」というシステムを設けています。

 

ですが、FXトレードをする上では、本来は「追証が発生するリスク」を常に抱える事になるはずですよね。
それなのになぜ「追証なし」を実現することができるのでしょうか。

 

FXトレードにおける追証とは?

「追証(金)」という言葉には主に2種類のニュアンスがあります。

 

  1. 証拠金維持率を上げて、ロスカットを避けるために必要になるお金
  2. ロスカット処理が追い付かず、口座残高が0を割った場合の「FX業者を相手とする借金」

 

本記事では「2」の意味で「追証」という言葉を使っていきます。
(海外FXに慣れているのであれば、2のほうが親しみやすいのではないでしょうか)

 

海外FXだと「追証なし」にできるのはなぜ?

なぜなのか。

 

あまり難しい理由があるわけではありません。
簡単に言うと、「ゼロカットシステムがあるから」です。

 

ゼロカットシステムとは、「口座残高が0を切ったケースで、業者が0まで戻してくれるサービス」のことです。
これがあるので、一時的に口座残高がマイナスになってもしばらく待てば0まで回復します。

 

だから「追証なし」なのです。

 

海外FX業者はなぜ「追証なし」システムを成り立たせることができるのか?

ゼロカットシステムは言い換えれば、「ユーザーの借金を肩代わりするシステム」です。

 

そのため、「ゼロカットシステムなんてあったら、業者が損をするだけじゃないの?」と感じるかもしれません。

 

ですが、実はゼロカットシステムには「業者側のメリット」もいくつかあります。

 

  1. 投資家が離脱しにくくなる
  2. ユーザーが増加しやすくなる
  3. 訴訟などの手間が省ける

 

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

1:投資家が離脱しにくくなる

「ゼロカットシステムがない」とすると、追証を抱えたユーザーがそれ以降トレードをしなくなる可能性がありますよね。特に追証が膨大な金額になった場合は、気持ち的にも「もう二度とFXはしない」となってしまうかもしれません。

 

しかし、「追証なし」であれば、例えば「自己資金が5万円なら5万円までしか消えない」ため、ユーザーが離脱しにくくなります。

 

2:ユーザーが増加しやすくなる

国内FX業者で「追証なし=ゼロカットシステムあり」にしているところはありません。なぜなら、法律で「ユーザーの損失をカバーしてはならない」と定められているからです。

 

一方、海外FX業者の多くは「追証なし」ですので、近年「じゃあ、リスクの少ない海外FXで!」という気持ちで、海外FX業者に登録するユーザーが増えているようです。

 

「1」と「2」を踏まえて考えると、ゼロカットシステムには「客寄せパンダ」的な意味合いもあると言えそうですね。

 

また、海外FX業者の中には「収入源は、ほぼトレード手数料だけ」というところが少なくないので、「ユーザーを増やして(留めて)どんどんトレードしてもらい、手数料を落としてほしい」と考えているのでしょう。

 

簡単に言えば、「『追証なし』にしたほうがFX業者としても儲かる」のです。

 

3:訴訟などの手間が省ける

また、「追証あり」にしているとしても、追証を課せられた全てのユーザーがすんなりお金を返すとは限りません。普通に返済を渋る人もいれば、「額が膨大過ぎて返せない……」という状況になる人もいます。

 

いずれにせよ「未払いの追証」があれば訴訟などで対処しなければなりませんが、言うほど簡単なことではなく、当然労力がかかります。

 

しかし「追証なし」にしていれば、当然「ユーザーに対する訴訟」の件数はグッと減る事になります。

 

ただ、恐らく「訴訟の手間を惜しんで、追証なしにした」という事ではないでしょうね。
「利益の追求のために追証なしにしたら、結果的に訴訟も減った」という流れだと思います。
(※あくまで筆者の推測です)

 

海外FXの追証なし(ゼロカット)に関する注意点

そんな「追証なし(ゼロカット)」にもいくつか注意点があります。

 

  1. ゼロカットをあてにしないこと
  2. 証拠金維持率を十分に高くする
  3. スプレッドの話

 

1:「ゼロカットをあてにしたトレード」はNG

最悪なのは「追証なしだし、どんどん大勝負をすればいい」というギャンブル的な発想に陥ってしまう事です。
先ほどもお伝えしたとおり「10万円入れたなら、10万円失う可能性がある」ので、
「ロスカットされた!→次のトレードでも無茶をする→ロスカットされた!→次のトレードでも……」という流れができてしまって、「FX依存症」に陥る可能性があります。

 

まず、FXトレードでは「全額失ってもいいお金」だけを使ってください。
そうでないと「経済的に困る」というのもありますが、冷静なトレードができなくなります。
ちなみに筆者の場合は、念のため「『全額失ってもいいお金』の半額」だけ使うようにしています。

 

2:ゼロカットのお世話にならない証拠金維持率を!

海外FX業者の多くは、ゼロカット率を20~50パーセント程度に設定しています。
つまり、証拠金維持率が20~50パーセントになったらロスカットされるという事ですね。

 

ですが筆者としては、それを遥かに上回る「証拠金維持率500~1000パーセント以上」をキープすることをおすすめします。
(500パーセントくらいであれば、一気に下がってしまうケースがあるからです)

 

例えば、

 

有効証拠金残高:10万円
レート=100円
取引量:1万通貨(100万円)
レバレッジ:400倍

 

であれば、証拠金維持率は4000パーセントになります。
そのため、「500~1000パーセント以上にする」というのは難しいことではありません。

 

証拠金維持率を高くするためにも、
「取引量を少なめにして、かつレバレッジ倍率を高くすること」を意識してくださいね。

 

3:「追証なし」の海外FX業者の多くはスプレッドがやや広い

「追証なし」を実現するために、「他の部分でカバーしようとしている」と言えます。
その「他の部分」の一例が、スプレッド(トレード手数料のようなもの)です。

 

ですから、海外FX業者を利用する場合は、いわゆるスキャルピングトレード(数分以内に完結するトレード形式)だと、
スプレッドがかさんで少し稼ぎにくくなるかもしれません。

 

※スキャルピングトレード向けに「スプレッドの狭い口座」を用意している海外FX業者も少なくありません。しかし、その口座には「普通の口座にはないデメリット」がある場合が多いです。

 

ただ、多少スプレッドが広いとしても海外FX業者には、

 

  • 口座開設ボーナスや入金ボーナスが豪華
  • 追証なし
  • ハイレバレッジトレードができる(国内は25倍まで・海外なら数百倍~数千倍)

 

などのメリットがありますから、筆者としてはほぼ気にしたことがありません。

 

まとめ:なぜ「追証なし」なのか?→ゼロカットがあるから

「多くの海外FX業者が『追証なし』なのはなぜか?」について解説しました。

 

まとめると、

 

  • ゼロカットがあるから追証金は肩代わりしてもらえる
  • ユーザー獲得、ユーザー離脱防止のために追証なしにしている側面が大きい

 

といったところです。
「業者にもメリットがある」と考えるとむしろ信頼できるのではないでしょうか。

 

ただし、

 

  • 最初からゼロカットをあてにしてはいけない
  • ゼロカットを意識するまでもない証拠金維持率にすべき
  • ゼロカットがある海外FX業者の多くはスプレッドがやや広い

 

という事も覚えておきましょう。

 

ただ、とにかく「追証なし」がユーザーに与える精神的・経済的メリットは計り知れませんね。