今回はexnessの口座開設手順について一緒に見ていきましょう。
まずはexnessの公式ホームページ(URL: https://www.exness.com/ja/)にアクセスします。

中央下にある黄色の「今すぐ開始」ボタンをクリックし、口座開設を進めていきます。

 

最初は「新規会員登録」を行います。

居住国/地域:「Japan(日本)」を選択します。
メールアドレス/パスワード:半角英数字で入力します。パスワードは8-15文字および大文字/小文字を両方使用すること、数字とアルファベットを組み合わせることが必要です。
最後に「米国での納税義務がない」の項目にチェックが入っていることを確認したうえで「続行」ボタンを押しましょう。

そうすると今登録したメールアドレス宛に「パーソナルエリアへのログイン情報」など、何通かメールが届きますので確認しておきましょう。

「パーソナルエリアへのログイン情報」メール

「You have successfully registered your trading account」メール

「パーソナルエリアへのログイン情報」メールにある「取引口座を開設する」ボタンをクリックするとマイページに入ることができます。

実際の取引開始のためにはプロフィール情報を完成させる必要があります。

 

まずは電話番号の確認から行います。
電話番号を入力すると認証コードが届きます。表示された6桁のコードを入力したのち「続行」を押しましょう。

「個人情報」の入力画面です。
//生年月日/住所を入力していきましょう。
終わりましたら「次へ」を押します。

これで基本情報入力は完了です。

しかし今のままでは現在の入金限度額が2000ドルであること、また出金ができない状態となっています。
そのためこの後で本人確認書類登録と詳細情報の入力をする必要があります。

ここから「プロフィールの確認」ボタンを押して情報を入力していきます。

プロフィール登録

職業/業種:プルダウンメニューから該当するものを選択しましょう。
雇用状況:「就業中(フルタイム)」「自営業」「パート・アルバイト」「無職」「学生」「退職者」から選択します。

取引経験:自身のこれまでのFX経験に該当するものを選択しましょう。
口座開設の理由:「投資」「ヘッジ」「投機」の3つの中から選びます。

年収/財産総額:「20USD超」「$100,000 - $200,000」「$50,000 - $100,000」「$20,000 - $50,000」「$0 - $20,000」の中から選択しましょう。

収入/財産の出所:「預金」「雇用/事業収益」「家賃収入」「借入金/ローン」「年金」「相続」から複数選択できます。

以上の情報をすべて設定しましたら「次へ」ボタンを押して「本人確認の認証」を行いましょう。

本人確認の認証
国籍:「Japan」を選択します。
本人確認書類の種類:提出する本人確認証を選択します。
選択可能なものとして「パスポート」「国民IDカード(マイナンバー)」「運転免許証」「永住許可」の4つです。

本人確認書類の撮影において注意点があります。
・鮮明に情報が読み取れること
・資料の4隅が完全に見えること
・裏面に情報が記載されている場合は裏と表の両方を提出すること

のすべてを満たしたものを撮影します。

アップロードする本人確認書類を決定したら写真のアップロード画面が表示されます。
こちらにドラッグ&ドロップしてファイルをアップロードします。
アップロードが完了したら「確認して実行」ボタンに変わりますのでボタンを押して次へ進みましょう。

ファイルをアップロードするとシステムによる自動検証となります。3-7分のち審査に問題なければ、「居住確認」を行っていきます。

居住確認
居住確認用資料には以下のようなものが利用できます。

・金融機関預金残高確認書
・公共料金の領収書
・インターネット/ケーブルテレビ/電話料金の領収書のうちいずれか一点
・納税確認書
・住民税納付確認書
・お客様ご本人宛に政府・自治体により発行された書類

これらの資料は「6ヶ月以内に発行されたものであること」「フルネームと住所が記載されていること」が必要です。ファイルをアップロードし終わったら「確認して実行」ボタンに変わりますので、本人確認同様に次へ進んでいきます。

こちらも書類の自動検証に入りますので3-7分ほど待ちましょう。

以上の確認がすべて終わり、居住確認が認められると口座開設に必要な手続きが一通り完了します。
この後は口座入金を行って取引を開始しましょう。

おすすめの記事