今回はFBSの口座開設手順について一緒に見ていきましょう。
まずはFBSの公式ホームページにアクセスします。

FBSには「スタンダード口座」「セント口座」「マイクロ口座」「ゼロスプレッド口座」「ECN口座」の5つがあります。ご自身のトレード形式に合わせたものを選んで口座開設を行いましょう(一部口座ではボーナスを受けることができません)

 

今回は「スタンダード口座」をつかって口座開設を見ていくことにしましょう。

FBSのTOPページ真ん中にある赤いボタン「取引口座を開設する」または右上の「口座開設」をクリックしましょう。


トレーダー登録画面において「Eメール」と「氏名(ローマ字)」を入力し「トレーダーとして登録する」ボタンをクリックします。

FacebookやGmailのサービスを利用している場合、お持ちのアカウントで登録も行えます。

入力した内容に問題がないようでしたら「進む」ボタンを押して次に進みましょう。

次のページでは「MetaTraderバージョン」「口座開設」「レバレッジ」の3つを設定していきます。
MetaTraderバージョン:「MetaTrader4(MT4)」か「MetaTrader5(MT5)」のうちどちらかを選択します。

EA取引(自動売買)やインジケーターを活用したトレードを行う場合にはMT4を、裁量トレードを行う場合にはMT5が適していると言えるでしょう。
口座通貨:「USD」「EUR」「JPY」の中からいずれかを選択します。ここでは「JPY」を選択します。
レバレッジ:「1:50」「1:100」「1:200」「1:500」「1:1000」「1:2000」「1:3000」の中から選択します。ただしECN口座は最大500倍、セント口座は最大1000倍と、口座によって選択できないものがありますので注意しましょう。

以上設定が終わりましたら「口座開設」ボタンを押します。

 

口座開設が完了する上記の画面が表示されます。ここでは登録した内容に間違いがないか確認します。修正したいものがあれば編集することも可能です。
なお登録したメールアドレス宛に口座開設についてのメールが届いているので、開いて内容を確認していきましょう。

 

表題「取引口座登録番号」のメールには、取引プラットフォームのダウンロードリンクやログイン情報が記載されています。のちにプラットフォームの設定を行う際の情報となりますので、ゴミ箱に捨てず保存しておきましょう。

ここからはダッシュボード内で本人確認等の設定を行っていきます。

ダッシュボード(個人エリア)

まずは未完成の情報を埋めていく作業を行っていく必要があります。
その前に現在の居住地を聞かれるので、日本(Japan)であるのを確認して「Yes, it is correct」を押します。

これでダッシュボードの個人エリアを触ることができます。
ページ上部に「ほぼ完了!一番簡単なことが残っています!」の領域に4つアイコンがあります。このうち2つ「口座を開く」「メールを確認」はすでにチェック済みとなっていますが、残り2つはチェックが入っていません。
この「電話番号を確認する」「ご本人確認」をこれから完成させていきましょう。

電話番号を確認する

 

まず「電話番号を確認する」を設定します。
電話のアイコンを押すと上記の画面が表示されますので、国番号はそのまま(日本は+81)、電話番号を入力(半角数字)しましょう。電話番号の入力の際には頭の0を取って入力しておきます。
入力が終わったら「コードを取得」をクリックします。そうするとSMSが入力した番号宛に届きます。

届いた5桁の認証コードをテキストボックスに入力して「電話番号を確認する」ボタンを押しましょう。

送信完了すると「電話番号を確認する」のアイコンがチェック済に変わりました。これで電話番号登録は終了です。

 

本人確認

最後に「ご本人確認」の設定を行います。
FBSの本人確認用書類は1種類の準備でOKです。

本人確認の欄に「身分証の番号(運転免許証番号やパスポート番号など)」と「生年月日」を入力していきましょう。

また、身分証を撮影した画像ファイルのアップロードが必要となります。
ここで提出できる本人確認用の書類は「運転免許証」「パスポート」「写真付きマイナンバーカード」「住基カード」等からどれか1つ(運転免許証、パスポートは有効期限内であること)です。いずれかを準備しておきましょう。

利情報を入力し、ファイルをアップロードして「リクエストを送信」ボタンを押したら確認待ちとなります。
確認完了の連絡が来るまでしばらく待ちましょう。

その後登録したメールアドレスに「個人エリアは確認されました」というタイトルのメールが届きます。
このメールでFBSでの口座開設の手続きは終了となりました。あとは口座に入金を行って取引開始していきましょう。

FBSの関連記事
おすすめの記事