FBSなら巨大なレバレッジで一攫千金も夢じゃない!

ロシアのモスクワ、サンクトペテルブルクに本社をかまえるFBSは、2009年から活動している会社です。

世界各国の投資家に愛されていて、190ヶ国以上、1,300万人以上の投資家が口座を開設して実際にトレードしています。

しっかりとしたライセンスも取得しており、会社としての実績も信頼も保証された立派なFX業者です。

この記事では優良海外FX業者である「FBS」を紹介していきます。

FBSを利用するメリット

前述のとおり、FBSは世界中の投資家に愛されていて、年々利用者は増えています。そんなFBSを利用するメリットをご紹介していきます。

 

①最大3,000倍のレバレッジ倍率

FBSの最大の魅力ともいえるのが、レバレッジ倍率の大きさです。
3,000倍という数値は他のFX業者では取り扱っておらず、FBSにしかないレバレッジ倍率です。

口座の種類によって賭けることができるレバレッジ倍率も違うので、口座ごとに比較してわかりやすく表にまとめます。

 

口座タイプ レバレッジ
Trade100Bonus 100倍
スタンダード 3,000倍
セント 1,000倍
マイクロ 3,000倍
ゼロ・スプレッド 3,000倍
ECN 500倍

 

このように口座ごとに大きな違いがありますが、スタンダード口座であれば3,000倍までレバレッジを賭けることができるので、少ない元手でも一攫千金を狙うことができます。

 

②初回の入金額が少ない

FBSは初回の入金額がとても低いので、資産が少ない投資家の方でも安心して利用できます。
口座の種類は全部で5種類あるのですが、それぞれの口座によって特徴が違うので、わかりやすく表にまとめます。

 

 

項目名 マイクロ セント スタンダード ゼロ・スプレッド Unlimited(無制限)
最低入金額 5$ 1$ 500$ 500$ 500$
スプレッド 3pips 1pips~ 1pips~ 0pips~ 0.2pips~

 

なんと、セント口座では1$から入金することができます。日本円にするとおよそ100円程度から入金することができるので、資産が少ない投資家の方でも問題なくトレードを開始することができます。

 

③取引方式がNDD方式

取引方式には2種類あり、DD方式とNDD方式です。この2つの主な違いは、投資家とインターバンクとの間にFXディーラーが介入するかどうかという点です。

DD方式は主に国内のFX業者で採用されていて、NDD方式は海外のFX業者で採用されている場合が多いです。

NDD方式はFXディーラーを仲介せずに直接投資家とインターバンクが取引する形になるので、取引自体に透明性が出ますし、FXディーラーの都合で注文の拒否をされることもなくなるのでとても約定率が安定します。

 

④ゼロカットシステムと追証なし

ゼロカットシステムとは、元手以上の損失を出した場合に、そのはみ出した分の負債に関してはFX業者側が負担するので投資家が損をすることがなくなるシステムです。そして、追証なしとは元手以上の損失を出した場合に、そのはみ出した分の負債を追加で入金しなくてもいいというものです。

この2つのシステムがあれば投資家側が負債を背負う可能性はなくなるので、気兼ねなく大きな勝負をすることができます。

FBSを利用するうえでのデメリット

総合的に評価の高いFBSですが、利用するうえでどのようなデメリットがあるのでしょうか?

ここからはデメリットを紹介していきます。

①日本語での対応が完璧ではない

海外の多くのFX業者では日本語で対応できる環境を用意していますが、FBSの場合は日本語での対応の質が少し低いようです。

FBSが日本語での対応を開始したのが2016年3月と、まだ比較的に最近のことです。
日本人のスタッフを用意していないのかもしれませんが、公式サイトの日本語表記なども文法に問題のある箇所も多く、お世辞にも完璧とはいえないクオリティです。

 

②円口座がない

日本人の投資家がトレードをするうえでとても気になるポイントだと思いますが、FBSは口座の基本通貨で日本円に対応していないので、ドルかユーロを選択するしかありません。

市場の変化の仕方によっては為替の影響を受けるので、不利なトレードになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

③取引銘柄の数が少ない

多くのFX業者は豊富な銘柄数を武器に集客をしていますが、FBSの場合は取引銘柄の数がとても少ないです。

わかりやすいように、表にまとめて有名どころの会社と比較してみます。

 

会社名 銘柄数
FXPro 286銘柄
TFCMarket 556銘柄
XM 103銘柄
FBS 37銘柄

 

このように比較すると一目瞭然ですが、FBSは銘柄数がとても少ないです。豊富な銘柄数を求めるトレーダーには需要はないかもしれません。

 

FBSの各種ボーナス制度

FBSが提供しているボーナスは、全部で3つです。

 

①Trade100Bonus(口座開設ボーナス)

このボーナスは口座を開設することでもらえるボーナスで、100$(1万円相当)が入金された状態で利用を始めることができます。
なので、元手が少ない投資家であっても問題なくトレードをすることができます。

ただし、いくつか条件があります。
まず、取引可能なのは30日間であること、ボーナスそのものは出金できないこと、MT5口座でしか適用されないボーナスであること、それらの条件があるので利用には注意が必要です。

 

②100%入金ボーナス

こちらのボーナスは、他のFX業者でもあまり見かけることのないほど豪華なボーナスで、FBSの中で最もうれしいボーナスかもしれません。

このボーナスの上限は20,000$(200万円相当)をもらうことができます。大手のFX業者であるXMでも上限は50万円なので、こうしてみるとFBSのボーナスがどれだけ豪華かわかります。

また、1回だけの入金に適用されるものではなく、累計で20,000$になるまで適用されるボーナスなので、無理に一回で大きな額を入金しなくても大丈夫です。

 

③キャッシュバックキャンペーン

MT5口座、ECN口座には適用されませんが、その他の口座であれば1ロットあたり最大で15$ものキャッシュバックを受けることができて、出金することも可能です。

ですが、出金をしようとした場合には先にキャッシュバック有効化の手続きをしなければいけません。忘れずに手続きしておきましょう。

 

FBSのライセンスと信頼性

FBSはしっかりとしたライセンスを保有しており、信頼性に関しては国内外問わず多くの投資家に評価されています。

 

外国人口座 日本人口座
所在地 FBS Markets Inc(ベリーズ) Mitsui Markets Inc(バヌアツ)
代表者 不明 不明
金融ライセンス IFSC 未登録
設立 2009年 2009年

 

外国人口座に関しては、信頼性に定評のあるベリーズのライセンスを保有しています。ですが、日本人の口座に関しては比較的取得が簡単なバヌアツのライセンスで、過去には金融庁から警告が出ていたこともあるようです。

ただ、実際に取引をしている日本人投資家の間ではまだ出金トラブルなどの問題も報告されていないので、サブの口座として利用するのがいいかもしれません。

FBSの新規口座開設はこちら

FBSが選ばれる理由

FBSは有名な口コミサイトでも高評価を取得しており、世界中の投資家に認められるFX業者です。国内外問わず多くの投資家に愛される理由はいくつかあります。

 

  • 驚異的なレバレッジ倍率
  • ライセンス取得による信頼性
  • 初回入金額の低さ
  • 豪華なボーナス

 

実際に利用するうえでこれだけの条件がそろっている海外のFX業者は少ないと思います。

 

まとめ

初回入金額の低さとボーナスをうまく利用すれば、かなり少ない元手でもしっかりとトレードを行うことは可能です。

なによりも、レバレッジが驚異的な倍率なので、大きな勝負をしたい投資家や、少ない元手で一攫千金を狙いたい人にとっては都合が良いと思います。

ご紹介したポイントをうまく活用して、大きな利益を手に入れることができるように頑張ってください。

関連記事

おすすめの記事