初期投資10万円から1億円稼ぐには?

FXを始める際に、まずどのくらいの金額から始めればよいのかという点は頭を悩ませる要素です。

一般的には10万円からスタートしていくのが良いといわれていますが、その理由と仕組みについては理解しておきましょう。

 

  1. 10万円という資金で1億円の利益をだすという目標において留意しておくこと
  2. 元手10万円で始めるメリットと概要
  3. 利益を徹底するには利確が重要

 

今回は上記のパターンでFX初期投資10万円から1億円に利益を上げる場合の注意点を解説していきたいと思います。

10万円という資金で1億円の利益をだすという目標において留意しておくこととは?

今回解説してきた通り、FXはタイミングを見極め、利確の徹底を繰り返すことで利益を出していきます。
当然ながら、損失が出てしまうこともあるため、地道に積み重ねていくことも必要とされるスキルですが、さらにこの目標を掲げるにあたり、留意しておくべき点について説明します。

 

ロスカットに気を付ける

FXで10万円を資金に1億円を稼ぐには2種類あります。
長期的に稼ぐか短期的に稼ぐかです。

どちらの方法を使っても不可能ではありませんが、損切ラインは決めてください。
ロスカットまで待ってしまうと上手く反転する時もありますが、大体はカットされる事が多いです。

例えばですが、ロスカットになる前に50%になったら損切をする、と決めることが大切です。 どんな人でも勝率100%にはなりませんが、10万円で始めるのなら取り返すことも不可能ではありません。

重要なのはリスクを避けることで、損益が膨らんだからと言って待ち続けても時間を無駄にしてしまいますし、一つの取引が失敗しても再びチャンスが来ることもあります。
1億円を目指して運用していくなら、損切は確実に実行してください。

 

まず目標金額を決める

これから初めてFX取引を始めて10万円から1億円を稼ぎたいという目標を掲げた場合に10万円から始めたFXで稼いだお金を使ってさらに取引に使う金額を増やしていかなければなりません。

この方法なら自分が持っているお金を際限なく使ってしまうという事を防げますし、最初は少ない金額でレバレッジを効かせて利益ばかり追求しても失敗する恐れがある為、10万円という少ない金額で始めるにあたってはレバレッジを効かせずに始めるのが良いでしょう。

そして、徐々に資産が増え余裕が出てきたところでレバレッジを効かせるという方法が望ましいです。
ロスカットに気を付け、また数をこなしているうちにチャートの見方も分かるようになるので焦っていきなり1億円を目指さずにゆっくり腰を据えて50万円、100万円と最初は低い目標から始めて1億円を目指していくようにしましょう。

 

元手10万円で始めるメリットと概要

ここでは、低リスクで利益を上げていくために今回は10万円から始めるメリットとそのポイントを解説していきます。

 

10万円以上から始めるメリット

FXで1億円を目指す場合に、最初の資金として10万円からスタートする場合が多いです。
証拠金が少なすぎると考えがちですが、FXはレバレッジによって資金以上の大きな取引ができる為、10万円からでも十分運用できます。

10万円のメリットは国内FXでは最大レバレッジが25倍であり、10万円の資金があれば250万円分の取引が可能である点と米ドル円の通貨ペアでは、1ドルを100円とした場合にレバレッジ25倍で1万通貨を取引するとして、必要な最低証拠金は4万円という観点から十分に取引できる点です。

10万円以下ですと、上記の4万円というギリギリの証拠金では、相場変動ですぐに足りなくなり、強制ロスカットの恐れがあります。

10万円なら余裕が持てる証拠金で、米ドル円の1万~2万通貨の取引が可能です。

これ以上の投入資金では、損失を出した時に痛手が大きくなるため、取引に慣れてない初心者にはリスクです。 10万円であれば初心者でも抵抗感が少なく、標準的な1万通貨以上の取引ができる最もバランスの良い投資金額と言えます。

 

ハイレバレッジを目指す

FX取引におけるメリットの一つに「レバレッジ」があります。
レバレッジと言うのは、預けた証拠金の何十倍もの金額の取引ができるシステムのことです。

例えば、レバレッジが10倍だと、10万円の元手で100万円の取引ができることになりますが日本では規制によってレバレッジの上限が25倍と定められているため、10万円だと250万円の取引までしかできません。
ところが、海外FX業者は日本の規制が適用されないため、レバレッジが大きくなっており、例えば大手のXMはレバレッジが888倍になっています。
つまり、10万円の元手で8,880万円の取引可能な為、1億円を儲けることも夢ではありません。

ちなみに、XMは「ゼロカットシステム」が採用されているため、取引に失敗したとしても、出資金以上の損失が発生することはありません。

 

利益を出すポイントとして利確を徹底し損切りを見極める事が重要

FXは、学生や主婦サラリーマン等に人気の高い投資で、その人気の秘密は比較的安い投資額から始められる事に有り、10万円からの投資で1億円もの資産を生み出す事も可能と言えます。

FXで継続的な利益を生み出す為には、その手法をしっかりと理解しておく事が重要な鍵を握ります。
特にFXで利益を生み出す為に欠かせない手法が「損切」と言われる手法です。
損切は、自分が目標とする為替変動が逆の方向に動いてしまう事で損出が大きくなってしまう前に、ご自身の持つポジションを決済してしまう手法です。

損切を行う事で一時的な損出を被る事になりますが、ご自身の大切な資産を次の投資の為に残す事も出来る為、自分の中で損切のルールをしっかりと決め、損切の基準となるレートに達してしまった場合は、躊躇わずに決済をしてしまう事がFXで利益を増やして行くには欠かせません。

 

利益を徹底するには利確が重要

利確の徹底と上記で述べましたが、この利確の徹底は運用をしていく上で非常に重要な役割を担っている為、この利確はFXを始める方にとって最初に難しいと感じる点です。
そこでこの利確とタイミングについて詳しく解説していきます。

 

そもそも利確とは?

利確とは、含み益を決済して利益を確定することです。
つまり利確をしない状態では、利益が出ていてもまだ確定ではありません。
この何度も利確を積み重ねることで1億円という目標を目指します。

利確のタイミングは難しく、さらに利益を狙って待っている間に相場が逆転し、利益の減少や含み損の状態になることもある為、 自分のトレードルールを作り、利確のラインを明確にし、ルールを守ることが重要です。

資金を増やしながら、増えた資金をさらにトレードに利用することで、ポジションを大きくすることによって利益増大を狙います。

 

タイミングその1 利確幅を決める

さらにFX取引で10万円の資金を1億円にしようと思った時に、最も重要なのが、利確(利益確定)の積み重ねです。
損失を最小限に抑え、確実に利益を取ることが最大の利益に繋がります。

そのためには、相場の変動に流されずに、機械的に利確を実施できるようにすることです。
欲と恐怖に駆られて相場に一喜一憂していると的確な利確ができません。

そこで、予め「含み益がいくらになったら決済する」という自分なりの基準を設けておくことが重要です。
仮に、1円上がったら決済するというルールを作ったら、必ず購入する時点で1円をプラスした価格での決済注文を出しておきます。
例えば、米ドル/円を110円で購入したら、111円で決済するというIFD注文を出します。

 

タイミングその2 ラインで見極める

FX取引で10万円を1億円にするためのポイントは、「トレンド」を見極めることです。
為替が上昇するのか、下降するのかで利確のタイミングが変わる為、トレンドの流れを無視したら、利確どころか損失ばかりになります。

そのトレンドを見極める基本となるのが、チャートに引く「ライン」で、チャートに表示された価格を線(ライン)で結ぶことで為替の流れをつかみます。

ラインの引き方は色々ありますが、基本は「サポートライン(下値支持線)」と「レジスタンスライン(上値抵抗線)」です。
サポートラインはポイントになる安値を線で結び、レジスタンスラインは高値を線で結び、このラインを見ることで、利確のタイミングを図れるようになります。

 

タイミングその3 インジケーターを使用する

FXで10万円の元手から1億円を最終目標にするなら、利確するタイミングを見誤るわけにはいきません。
もしも利確するタイミングを見誤れば、最終目標の達成は困難を極めます。

そこで上手に有効活用していきたいのがインジケーターです。
インジケーターとは、いつ利確するのがベストなのかのジャッジに役立つ、為替レートの分析結果などをもとにした指標のことです。

インジケーターは、目で見てパッと理解しやすいのが特徴で、いつ利確すれば良いのか迷った際に役立つ納得のいく利確を行うために必要なツールです。

おすすめの記事