FX平均年収を副業やプロ別に紹介!平均収入を上げる方法

FXでプロとしてトレードしたい、または副業としてそれなりに利益を上げたいと考えている方は、FXの平均収入は気になるところですよね。

人により証拠金も異なりますが、だいたいの人はFXでどれぐらいの利益を年間にあげているのでしょうか?
今回はFXの平均収入について紹介いたします。

平均収入と自分の収入を比べて大きく違えば、少しトレード方法等を見直す必要もあるかもしれません。
これからのFXライフの指針として平均収入を知っておきましょう!

 

プロトレーダーの平均収入は?

プロのトレーダーの平均年収は600万円と言われています。
またプロのトレーダーの平均トレード時間は1日2時間といわれていますが、トレードをすればするほど儲かる計算で言えば、年収が1億円というトレーダーもいます。

FXトレーダーの年収の計算方法とは「元手 × FX成績(何%の利益か)=年収」となります。
年収をたくさん得るためにはFXの成績も大事ですが、元手が多ければやはり収入は多くなります。
しかし、元手が少なくとも少しずつFXで儲けをつくり、そこまでのし上がったプロのトレーダーはたくさんいるので落ち込む心配はありません。
そこまでの年収がない場合しばらくは、副業としてトレーダーを楽しみましょう。

 

副業としての平均年収は?

では、副業としてFXトレーダーをされている方の平均年収はいくらぐらいなのでしょうか?
副業でトレーダーをしている方は、生活費を儲けの中から出して残りで多くの収入をあげられるようになるまで副業として取引をしている方は多くいます。

元手が十分大きくなるまではFXの資金には手を付けず、サラリーマンや会社員、アルバイトなどで得られる年収は確保しておくことをおすすめします。
そして副業でトレーダーをされているかたの平均収入は600万円以下というのが相場のようです。

しかし、年収が600万円以上出たからといって専業トレーダーになる必要はありません。
自分が専業トレーダーとして取引したければ副業としてのトレードをやめるのが無難でしょう。

副業としてFXトレードをするメリットは、本業による収入がある点です。
トレードスタイルを確立する上で、そのメリットを利用したいですね。
そこでおすすめなのが、あえて目標を設定しない方法です。

兼業トレーダーは、焦らずじっくりとチャンスだと思える時だけ取引を重ねていけばよいでしょう。
その結果、年に数十万から200万円程度の副収入を得られるならいい成績を出せていると考えるべきです。

 

FXで平均年収を上げるメリットとデメリット

なかなかFXで大きな利益が出なくて、平均年収が上がらない…とお悩みの方必見のFXを続けるメリットとデメリットを紹介します!

 

メリット
  • 少ない資金で大きなが可能
  • 毎日小遣い(スワップ)が得られる
  • 低コスト
  • 相場が上げても下げても稼げる
  • 24時間取引可能
  • ネット上で取引可能

 

デメリット
  • 大きな損失を被る危険性がある
  • 分析法が複雑

 

FXは他の投資よりも手軽に大きな金額を儲けることができ、様々な魅力があることがわかりました。

 

海外FXは平均年収を上げやすい

平均収入をあげたいとお考えの方におすすめなのが海外FXです。
海外FXは特にハイレバレッジで取引が出来るので、あっという間に600万円の年収にすることも可能です。

では海外FXのハイレバレッジの取引とはどのような取引なのでしょうか?
そもそもレバレッジとは、担保として預けた証拠金の何十倍にも相当する資金を動かして取引できる仕組みで、この少ない資金で大きな金額の取引ができる事を「レバレッジ効果」と呼びます。
このレバレッジを利用すれば、例えば1万円の証拠金も600倍のレバレッジに設定して取引すれば、あっという間に600万円の儲けも可能です。

海外FXならすぐに平均年収を上げることができて、プロトレーダーの仲間入りができそうですね。
しかし、ここまでのハイレバレッジの取引が出来るのは海外FXだけなのです。
なぜなら国内FXは金融庁による制限により、レバレッジは最大25倍までしか取引ができません。
そのような最大レバレッジ数が制限されていない海外FXはハイレバレッジで取引が可能なのです。
しかし、ハイレバレッジでの取引はロスカットという落とし穴により、大損を気をつける心配があります。

 

海外FXのメリットデメリット

海外FXのデメリット機能であると言える、ロスカットとは、予想したとおりに相場が動けば少ない資金でも効率よく利益を生むことが出来ますが、予想に反して相場が動いた場合、損失も大きくなります。
そこで、一定の損失が発生した際に、これ以上損失が拡大してしまわないよう強制的に取引を終了させるルールが「ロスカット」といいます。
このロスカットにより、大きなマイナスとなり借金を背負ってしまうまでの損失となった場合を考えるととても恐ろしいですよね。
しかし、安心して欲しいのが、海外FXのメリットである、絶対に借金をしないゼロカット制度があります。

ゼロカットとは、ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになってしまった時、その損失分を海外FX業者が負担して口座残高をゼロにしてくれるシステムで海外FXだけに導入されています。
つまり、口座内の証拠金を失うだけで、口座がマイナスになり、借金を背負うことはないのですね。
国内FXには無い制度なので、FXを始めるにあたって不安のある方には海外FXをおすすめする理由です。

海外FXのデメリットはメリットにより安心安全と言える投資に変わったのですね。
以上が海外FXは平均年収を上げやすい投資法という理由なのです。

 

まとめ

FXでの平均年収のあげ方をまとめてきました。
FXでは年間600万円以上の儲けで専業トレーダーとして、活動するプロトレーダーが多いことがわかりました。
またそれ以下の収入の方は、副業としてサラリーマンや他の事業で生活費を稼ぎながらFXトレーダーとして活躍されています。

しかしこの数字は個人の自由なので、年収600万円以上でも副業としてトレードをされている人も多くいるのは確かです。
また、国内FXでなかなか多くの金額を稼ぐことのできないトレーダーには、少ない金額から多くの儲けを得られる海外FXをおすすめいたします。
海外FXなら、ゼロカットシステム等のトレーダーを助けてくれるシステムがたくさんあり、またボーナスも多いために、初心者トレーダーでもFXを楽しみやすい環境でトレードが可能です。

おすすめの記事