「1億円以上の資産があるFXトレーダー」のことを一般的に億トレーダーと呼びます。
また、「年収が1億円以上のFXトレーダー」のことを、億トレーダーと言う場合もあります。
※本記事では後者の意味で使っていきます。

今回の主なテーマは、「年収1億円以上の人のうち、FXの億トレーダーが占める割合」です。

年収1億円を超えている日本人の割合は?
まず、年収1億円を超えている人は23,000名ほどいます(2017年時点)。
「2万人もいる」と考えると、案外多く感じるかもしれません。

ですが、2017年当時の全労働人口を基準に考えると、「約3,000名に1名」、言いかえれば「約0.035パーセント」です。
狭き門であるという事が分かりますね。

どんな職種の人が年収1億円を達成しているのか?
続いて、年収1億円をクリアしている人の職種の割合を見ていきましょう。
実はこうなっています。

第1位:FXトレーダー(他の種類のトレーダーも含む) 約56パーセント
第2位:大企業の社員 約31パーセント
第3位:事業所得者  約8パーセント
第4位:不動産所得者 約3パーセント
第5位:音楽関係、作家 約1パーセント

実に半数以上を、「億トレーダー」が占めています。
つまり、日本にも1万人以上の億トレーダーが存在するという事ですね。

ちなみに、プロ野球でも年収1億円以上のプレイヤーは100名程度だと言われています。

ですから、「劇的な才能があるわけではないけれど、年収1億円以上を達成したい」というのであればFXがおすすめです。

FXの億トレーダーは税金関係でも有利!(ただし国内FX業者のみ)
一般的なビジネスで利益を出した場合は、「累進課税」を採用されることになります。
これは、つまり「稼げば稼ぐほど税金の割合がアップしていく」ということですね。

年収が195万円以下なのであれば、税率は15パーセントです。
しかし、年収4,000万円以上ともなると、税率は55パーセントになってしまいます。
(いずれも住民税10パーセントを含んだ数値です)
ですから年収1億円だったとしても、税金で5,000万円以上飛んでいく事になります。

ですが、FXトレーダーの場合は、基本的に「キャピタルゲイン課税」が採用される事になります。これは非常に単純な課税方式であり、「所得に対して、一律2割の税金を課す」というルールとなっています。
ですから、「ぴったり1億トレーダー」の場合は、税金は2,000万円となります。
5,000万円以上の税金が課せられる一般職の人とは大きな違いがありますね。

ただし「キャピタルゲイン課税」が適用されるのは、「国内FX業者」で取引をした場合のみです。
「海外FX業者」で取引をする場合は、「累進課税」となってしまいます(最大税率50%)。

ただ、それでも海外FX業者の方が、「ロスカットシステムがある」「ハイレバレッジ取引ができる」など、メリットが大きいのでおすすめです。
海外FXで安定して稼げるようになったら、そのときはじめて「節税のために国内FX業者も使おうかな」と検討すれば十分です。

FXで勝っている人の割合は?
ここまでは夢のある事ばかりを言ってきましたが、ここからはもう少しシビアな話をしていきます。
ズバリ、「勝っているFXトレーダーの割合は?」ということです。

まず、「1年間FXトレードをして、トータルで勝っている人の割合」は30~40パーセント程度だと言われています。
これについては「案外高い」と感じる人が多いのではないでしょうか。
「FXは、ちゃんと勉強すれば勝てるな」と思うはずです。

しかし、「5年間FXトレードをして、5年連続で勝っている人の割合」となると、一気に1パーセント程度まで下がってしまいます。
ただし、この中には「ロクに勉強しないでFXトレードをして、5年連続で負けている人」もいます。逆に「1年目は負けたけれど、2年目からは勝てるようになって、そこからは連勝している」という人もいます。

ですから、「1パーセント?絶対無理だ!」などと思う必要はありません。

FXで億トレーダーを目指すための具体的な方法
FXで億トレーダーになる方法は色々あると思いますが、ここでは、「この5つの事を高水準でこなしていれば、億トレーダーになれる」というものを紹介していきます。

・FXのノウハウを吸収する
・確かなマイルールを作る
・FXトレードをする環境を整える
・スプレッドが狭い海外FX業者を選ぶ
・どんどん経験値をためる

1:FXのノウハウを吸収する
まずはFX関係の用語や、基本的なトレード手法などを覚えましょう。
ただし、「完璧に全部覚えてから!」などと考えていると、一生FXを実践できなくなるので、基本的に「トレードしながら覚える」という意識が必要です。

最終的には「こんな手法は知らない」という事が一切なくなるようにしたいところです。

2:確かなマイルールを作る
FXトレードをしつつ、トレード履歴は全部記録しておきましょう。
そして、そのデータを分析すると「こうすると勝ちやすい」というルールが徐々に見えてくるはずです。逆に「こうすると負ける」という要素については、それを排除していく事も必要かもしれません。

FXトレードをする上で一番ダメなのは「いつまでも経っても、行き当たりばったりで取引をする」という事ですので、気を付けてください。

3:FXトレードをする環境を整える
案外大事なのが「メンタル面」です。
億トレーダーを目指すのであれば、FXトレードをずっと続けていく事になりますよね。
「ストレスを溜めにくい環境」を作りましょう。

ですから、まずは「一人で集中してトレードする場所」を確保してください。
また、「ハイレバレッジだと緊張する」というのであれば、最初のうちはローレバレッジから慣らしていくのも良いでしょう。

その他、「トレード過程におけるこのタイミングで、いつもプレッシャーがかかりやすい」という場面が見つかったら、それを緩和するための工夫もすべきです。

4:スプレッドが狭い海外FX業者を選ぶ
「スプレッド」とは、簡単にいうと「FXトレードで発生する手数料」のことです。
もちろん他にも重要な要素はありますが、できるだけスプレッドが低い海外FX業者を選びたいところです。

5:どんどん経験値をためる
あとは、「マイルール」に従ってどんどんFXトレードをしていきます。
そうすることで、あなたのFXのテクニックが上達していきますし、精神的にも強くなっていきます。

また、「この手法が通用するのか試したい」という場合は、「デモトレード」を活用するのも良いでしょう。

まとめ:年収1億を目指すならFXの億トレーダーを目指すべき!
「年収1億円」と聞くと途方もなく感じるかもしれません。
ですが、日本には実に1万人以上の「億トレーダー」がいます。
その中のどれくらいがFXトレーダーなのかは不明ですが、FXであればレバレッジ等を活用できるので割合としては高いと考えられます。

ただし、「1年間FXトレードをして勝っている人」は3~4割、「5年間連続で勝っている人」となると1パーセント程度ですから、「誰でも楽に勝てる」とは言えません。

ですが、

・知識の吸収
・マイルール作り
・環境作り
・手数料への考慮
・コツコツ継続

といった「当たり前のこと」を継続していけば、億トレーダーへの道が開けます。

特別な才能が必要なアスリート、作家、芸能人などと比べれば「FXで年間1億円稼ぐ」というのは現実的です。
また、FXトレーダーは税制面でも異様なほどに優遇されています。

あなたも目指してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事