FXで勝つにはボリンジャーバンドを活用することが大事?方法は?

FXで利益を出すためにはどうすればいいのかと悩んでいる人は多いと思います。
FXというのは、正しく行えばギャンブルではなく投資としてお金を稼ぐことができるのですが、分析方法や分析ツールなどを上手に使うことができないと、どうしても勘だけで取引をしなければならなくなってしまいます。

FXで利益を上げたいと思っている場合には、特にボリンジャーバンドを有効活用することが大事です。
そこでこの記事では、ボリンジャーバンドの使い方などについて詳しく解説していきます。

 

ボリンジャーバンドって一体何?

ボリンジャーバンドというのは、FXチャートを分析して、エントリーポイントを見つけるために有効なインジケーターです。
チャートの上下に複数のバンドを設置して、その中で収束する確率を出しているため、トレンドの転換ポイントなどが見つけやすくなるのです。

ただ、初心者の中には、同じくエントリーポイントを把握するためのインジケーターである、エンベロープと混同してしまう人もいます。
しかし、ボリンジャーバンドとエンベロープというのは全くの別物ですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

エンベロープというのは、移動平均線を一定の距離を保って設置して、上下に表示したものです。
ボリンジャーバンドも非常に似た構成となっているのですが、移動平均線が伸縮します。
しかし、エンベロープの場合は、移動平均線の伸縮がありませんので、違う使い方をする必要があるのです。

 

ボリンジャーバンドは何で構成されている?

では、ボリンジャーバンドで表示される線は、一体どのような構成となっているのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

移動平均線

まずは移動平均線です。
ボリンジャーバンドには、複数の線が用意されているのですが、そのセンターラインは移動平均線で構成されています。
このセンターラインを意識して取引を行うと、移動平均線も参考にすることができるため、より取引の正確性を上げることができるのです。

 

標準偏差

そしてここからが若干複雑になるのですが、センターラインの上下の線は、標準偏差で構成されています。
±1σ、±2σ、±3σで構成されていることが多いのですが、

 

  • ±1σ内に収まる確率は68.2%
  • ±2σ内に収まる確率は95.4%
  • ±3σ内に収まる確率は99.7%

 

となっています。

つまり、ボリンジャーバンドを有効活用することで、逆張りや順張りのエントリーポイントを判断しやすくなるということです。
ただ、必ずこのバンド内に収まるというものではありませんので、機械的に取引をしても勝率を上げることは難しいでしょう。

 

初心者必見!ボリンジャーバンドの基本的な動き方

ボリンジャーバンドは、日々異なった動きをしますが、ある程度パターンを持った動き方をすることも多いです。
それではどのような動き方をするのか、具体的に見ていきましょう。

 

スクイーズ

まずはスクイーズという動き方です。
この動き方の特徴は、バンドの幅がかなり狭いということです。
基本的にレンジ相場の時にこのような動き方をすることが多く、このレンジ相場が終わると、一気にトレンドが発生することがあります。

つまり、スクイーズのような動き方を発見した場合は、すぐにエントリーするのではなく、次にどちらのトレンドに動くのかということを注意深く観察し、チャンスが来るのを待つことが効果的なのです。

 

バンドウォーク

バンドウォークというのは、名前の通りバンドの付近をレートが歩いていくような動き方のことを指します。
つまり、バンド付近をレートが上下している状態のことです。
ローソク足を使って分析をしている場合、このローソク部分がバンドを追って動くことが多く、強いトレンドを示していることが多いです。
そのため、もしこのようなバンドウォークを見つけた場合には、順張りでエントリーすることを検討してみましょう。

ただし、中央へ戻ってしまう事も珍しくありませんので、注意深く判断することをおすすめします。

 

エクスパンション

エクスパンションというのは、バンドの幅がどんどん広がっていくことです。
場合によっては、その部分だけ空気を入れたように膨張することもあります。

わかりやすく覚えるのであれば、この膨らみを、
「トレンドの入り口」
と覚えるようにしましょう。

基本的にレンジ相場の後にこのようなエクスパンションという動きを見せることが多く、トレンドに沿った順張りをするチャンスが到来することも多いのです。

 

ボリンジャーバンドを活用した手法とは?

では、ボリンジャーバンドを活用すると、どのような手法で勝負できるようになるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

順張り

まずは順張りです。
これはトレンドに逆らわずに取引をする方法のことです。

先ほど解説した、エクスパンションからバンドウォークになっている局面で順張りを行うと、成功する確率が高まります。
大事なことは、レンジ相場の後のトレンドを見逃さないことです。

 

逆張り

続いては逆張りです。
逆張りというのは、トレンドに逆らって取引をする方法のことです。
逆張りというのは、タイミングが非常に難しいため、バンドをサポートラインやレジスタンスラインに設定して、見極めることが大事になってきます。
また、予想と反して相場が動いてしまった場合には、無理をせず損切をすることも大事になってくるでしょう。

 

ボリンジャーバンドを使う時の注意点は?

では、ボリンジャーバンドを使う時には、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

他の分析もしっかりと行う

FXの分析手法には、ボリンジャーバンド以外にも様々な方法があります。
テクニカル分析ももちろんそうなのですが、景気や経済状況などを分析する、ファンダメンタルズ分析をしっかりと行っていくことが大切です。

そうすることで、例えばボリンジャーバンドではGOサインが出ていたとしても、他の分析でSTAYサインが出ていることもあります。
また、テクニカル分析でGOサインが出ていたとしても、ファンダメンタルズ分析で不安が残る場合もあるのです。

このように、マクロの目とミクロの目を持つことで、根拠を持った正しい取引をすることができるのです。

 

常に拡大と収束を繰り返すと覚えておく

ボリンジャーバンドというのは、常に収束と拡大を繰り返します。
そのため、最大ライン、最低ラインに到達したからと言って、安易に逆張りを狙っていくのは危険です。

確かに、バンドには収束する確率が表示されていますが、常に変動しているため、必ず勝てるという事には繋がらないのです。

このようなことを頭に入れて、慎重に分析をしていくことが大事になってくるのです。

 

急激な相場の移り変わりに注意

ボリンジャーバンドは、相場の急激な移り変わりには対応できません。
しばらく待つことで、バンドが正常に調整されるのですが、急激な変動が起こった場合には、一番外側のバンドを突き抜けて進んでいくこともあるのです。

そのため、急激な変動に焦ることなく、慎重に判断することが重要になるでしょう。

 

まとめ

このように、FX初心者の場合には、最低限ボリンジャーバンドを使って分析していくことがおすすめです。
手法の名前は少し難しいかもしれませんが、内容はとてもシンプルです。

ボリンジャーバンドを使う事で、順張りをする局面なのか、逆張りをする局面なのかを判断しやすくなるため、おのずと勝率を上げることができる場合もあるのです。

おすすめの記事