FXブレイクとは?簡単そうに見えて実は難しい?

FXでトレードをしていくためには、ブレイクアウトの概念について知っておく必要があります。
ブレイクアウトを正しく理解することができれば、チャートの動きをより正確に予想することができ、利益あげることができる可能性を高めることができます。
しかし、中には、

「ブレイクアウトって何?」
「ブレイクアウトって簡単じゃない?」

と思っている人もいると思います。

そこで、この記事では、ブレイクアウトとは一体どのような物なのか、本当に簡単なのかということについて詳しく解説していきます。

 

FXのブレイクアウトってそもそも何?

ブレイクアウトというのは、相場のラインを越えてどちらかの方向に向かっていく動きのことを指します。
これは、チャートを分析するうえでとても重要なことだと言われ、取引をするための判断材料にもなります。

相場のラインというのは、その日その時で変わることが多いです。
例えば、過去の山の上値であることもありますし、谷の下値であることもあります。
これ以外にも、その日の高値や安値であることもあり、毎日同じラインが引けるというわけではないのです。

ただ、このラインというのは、多くのFXトレーダーが意識していることであり、トレーダーの注目度が高ければ、ブレイクアウトした時の値動きが激しくなることもあるのです。

ブレイクアウトを意識して発見するためには、

 

  • 他のトレーダーが意識しているラインはどこか?
  • その日のブレイクアウトは重要度が高いのかどうか?

 

を見ていく必要があります。

 

どんな動きをする?

ブレイクアウトをした時の相場の動きには、いくつかパターンがあります。
まずは基本の形です。
重要なラインに平行線を引き、その平行線を飛び越して相場が動いていけば、それはブレイクアウトです。

続いては、トライアングルと言われる相場の動きです。
トライアングルというのは、レジスタンスとサポートが段々狭くなっていく形をしていることが特徴的です。

レジスタンスが下降し、サポートが上昇している場合は、シンメトリカルトライアングルと呼ばれます。
レジスタンスが平行ラインを保っていて、サポートが上昇している場合は、アセンディングトライアングルと呼ばれます。
レジスタンスが下降して、サポートが平行ラインを保っている場合は、ディセンディングトライアングルと呼ばれます。

そして、ウェッジというパターンもあります。
これは、上下のラインが同じ方向を向いていることが特徴的です。
相場の向きにより、上昇ウェッジ、下降ウェッジという呼び方をします。

更に、フラッグというパターンもあります。
これは、上下ラインが同じ方向を向いていて、尚且つ平行となっていることが特徴的です。

他にも、レクタングルというパターンがあります。
これは、上下ラインが水平となっているラインです。
このレクタングルというパターンのブレイクアウトは比較的わかりやすいため、初心者はこのパターンを狙っていくというのもおすすめです。

 

勢いが加速するのはどんな時?

ブレイクアウトというのは、勢いが加速することもしばしばあります。
しれは、トレーダーの損切が激しくなった時です。
基本的には、

「相場が上がっていくだろう」

と思っているトレーダーと、

「相場が下がっていくだろう」

と思っているトレーダーがいます。

これらのトレーダーいることによって、FXの相場というのは均衡を保っているのです。
しかし、このポジションがどんどん溜まった状態でブレイクアウトが起こると、予想が外れたトレーダーは、損切を余儀なくされます。
そのため、トレーダーの損切が集中すると、ブレイクアウトが勢いを増すことがあるのです。

 

ブレイクアウトは100%信じてはいけない

ブレイクアウトについての基本知識を付けた人の中には、

「ブレイクアウトが起きたから、その波に乗っておこう」

と考える人もいます。

しかし、ブレイクアウトは100%信用してはいけません。
なぜなら、ダマしのブレイクアウトも存在するからです。

ブレイクアウトをしても、その方向に相場が動き続けるわけではありません。
ブレイクアウトをしたと思ったら、急に逆トレンドになってしまうということも結構頻繁にあるのです。

この状態のときにエントリーをしてしまうと、言わずもがな損をしてしまうことになり、ブレイクアウトに騙されたのと同じことになります。
そのため、ブレイクアウトはトレードをしていくにあたって、非常に大事なポイントとなりますが、その一方でリスクも高まるということを覚えておくと良いでしょう。

 

ブレイクアウトのメリットとデメリットは?

ブレイクアウトを狙ってトレードをすることには、メリットとデメリットが存在します。
メリットはというと、

 

  • エントリーをするタイミングや基準がわかりやすい
  • ブレイクアウトをすると相場が激しく動くため大きな利益を得やすい

 

ということが挙げられます。

一方デメリットとしては、

 

  • ダマしの可能性がある
  • 正しいタイミングでエントリーをしないと損をすることもある

 

ということです。

では、ブレイクアウトのメリットだけを抜き取るためには、どのようなポイントを意識していけばいいのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

 

ブレイクアウトのポイントってある?

ブレイクアウトを狙うのであれば、いくつかのポイントを意識することが大事です。
それでは、それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

ダマしを見極め、流れを意識する

ブレイクアウトを狙う時のポイントは、まずダマしの確率を下げるということです。
そのためには、相場の流れを意識してトレードをしていくことが大切になってきます。
相場の流れやトレーダーの意識が上下どちらに向いているのかをしっかりと意識して考えながらトレードをすることによって、本当のブレイクアウトを狙うことができるのです。

 

損切ルールを徹底する

続いては、損切ルールを徹底するということです。
初心者の多くは、損切のルールを定めていないこともありますが、ギャンブルトレードにならないためにも損切の金額や割合を決めておくことが大事になってきます。

例えば、ブレイクアウトをすると判断してポジションを持ったとしても結果が伴わない場合には、すぐに損切をすることが大事です。
こうやって言葉で言うのは簡単ですが、いざそのような状態になった時に速やかに損切できる人は少ないです。

「もうちょっと待てば・・・」
「この反発は一時だけだろう」

と考えてしまい、そのままポジションを持ち続けてしまう人が多いです。

ただ、このようなトレードをしてしまうと、ブレイクアウトで利益を狙うどころか、含み損がどんどん膨らんでいってしまう可能性もあります。

 

ブレイクアウトの注意点は?

このような点を踏まえ、ブレイクアウトにはすぐに飛びつかないということが大事です。
FXでは、タイミングと判断力が大事になってきますので、チャンスだと思った相場にはすぐに飛び乗ることが大事になる場合もあります。

しかし、ブレイクアウトを狙う場合は、ダマしなどの可能性もあるため、すぐに飛びついてしまうと損をしてしまう可能性もあるのです。

そのため、素早く情報を整理して、分析するということが非常に大事になってきます。

 

まとめ

ここまでブレイクアウトについて解説してきましたが、FXにおいてどれだけブレイクアウトが重要なポイントになるのかがお分かり頂けたと思います。
また、ブレイクアウトはかなり奥が深く、簡単そうに見えて実は意外と難しいのです。
ただ、ブレイクアウトを正しく見極めるスキルを身に着けてしまえば利益を出しやすくなるため、毎日のトレードで意識してみることをおすすめします。

おすすめの記事