FX口座から現金引き出しの手順を徹底解説

FXで利益としてあげた額を現金で引き出すにはどのような手順があるのでしょうか。
現金の取り出し方についてはFXを始めた多くの方が頭を悩ませるポイントとなっています。
せっかく利益がでても現金の引き出し方が分からないと困ってしまいますよね。

まず現金の引き出し、いわゆる出金方法については下記の手順で進んでいく必要があります。

 

  1. 口座情報の登録
  2. 出金可能額の確認
  3. ポジションをどうするか?
  4. 金額を確定し出金する

 

今回は上記のパターンでFXの口座から現金を引き出す方法に加えて注意点を解説していきたいと思います。

 

口座情報の登録

FX口座から現金引き出しを行う為には、まず口座の登録をし、出金先銀行口座を入力する欄に金融機関を登録しましょう。
金融機関リストの中に指定したい口座がある場合にはそのまま選択しますが、無い場合はその他の欄から検索してみてください。

次に支店名を検索または支店コードを入力します。
続いて預金種目(普通口座など)を選んで口座番号を入力しましょう。
基本的にFX口座名義と出金先口座の名義人は同じでなければいけませんが、指定した口座登録情報は後から変更することも出来ますのでご安心ください。

 

出金可能額の確認

FX口座からの現金引き出しは、2番目の手順としていくら出金できるかの確認が必要で、出金可能額はFX業者の出金手続き画面に表示されます。
FX業者では出金手数料が無料で、表示された額の範囲内であればその額での出金が可能です。
各ユーザーが出金できる金額は、入金している証拠金の程度や現在維持しているポジションの状況によって決定する為、その時の取引状況によって変化します。

ですので、もし全額出金したい場合は、ポジションをすべて決済し、なにも取引していない状態にする必要があるのです。

ポジションの維持状態では、一定以上の証拠金維持率が必要になるため、それを計算した上での残りの額の出金が可能です。

 

ポジションをどうするか?

FX口座から現金を引き出す際に、ポジションを残しておくか決済するかに関してはその時々の状況ごとに異なります。
例えばちょっとしたことでお金が必要になって引き出す際は、リスクヘッジとしてロットを落として残しておいた資金から問題ない範囲で引き出します。

またもし仮にポジションの含み損が一時的に取引余力を上回ってしまい、そのタイミングで追証となってしまった際には現金引き出しを前提とした入金を行う方法もあります。
それは外部資金を「入れて出す」ことで、入金することで追証を解除し、その直後に同額を差し戻す、というものですがこの際に注意すべきことは取引余力がマイナスではないことで、マイナスで入金すると同額を戻せなくなってしまいます。

外部資金まで減らしたくない場合は部分的にポジションのロットを決済するか、全決済をする等の判断となります。
なお、追証中は基本的に資金を出金できないので、「出して入れて追証解除」といったことはできません。

 

金額を確定し出金する

FXの取引を行う場合、自分専用のFX口座を開設して売買を行うことになります。
FX取引で得た利益を現金化する場合は、FX口座に入っている金額を他の目的で使用する際に、自分の入出金用口座へ移行しなければなりません。
自分の口座に入金された時点で、現金引き出しがいつでも可能な状態になり、FX口座は証券口座と同様、証券会社などで開設できますが、証券口座でFX取引を行うことはできません。

海外FX業者を利用する場合、入出金の際はクレジットカードやデビットカードを用いたり、海外の銀行を経由することになる為、カードを利用する場合は上限額以内での取引に限定され、銀行経由の場合は時間や手間がかかります。

 

FX口座から現金を引き出す際の注意点

ここまでは上記の記事で現金の引き出し手順を紹介してきましたが、FX口座から現金を引き出す際には気を付けておきたい注意点がいくつかあります。

以下ではFX口座から現金を引き出す際の注意点を解説していきますので、出金処理をした後に面倒な事態にならないようしっかり確認しておきましょう。

 

出金処理に時間がかかる

FXで所有している口座から現金引き出しを行う際の出金処理で注意しなければいけないのが、出金処理にはある程度の時間がかかるということです。
出金処理をしたらすぐに現金が引き出せるとは限りません。

たとえば平日の決められた制限時間までに出金処理した場合は金融機関の翌営業日に出金されたり、土日祝日を挟んだら翌々営業日での出金になったりします。
出金処理の手続きをしたからといって、すぐには現金引き出しできないということを覚えておきましょう。

もしも現金が必要になりそうな時は、なるべく早く出金処理の手続きを行うのが得策です。

 

出金前にポジションを手放す

FX口座から現金引き出しを行う場合は、出金可能額の範囲内で可能でポジションを持っている場合は、出金によって証拠金維持率が低下するため強制ロスカットになる水準を避ける必要があり、出金可能額が制限されます。

また相場は常に変動している為、ポジションの評価額はその都度異なり証拠金の額が少なく現在のポジションが含み損を抱えているような状態では、出金が大幅に制限される場合もあります。

ポジションを持っている状態では出金可能額が変動する点に注意が必要で、全額出金したい場合や大幅に出金したい場合は、ポジションを手放してから行うことが重要です。

 

入金と同じ方法のみになってしまう

FX海外口座を利用している場合は、現金引き出しに関しては不正防止の観点から入金と同じ方法を使う必要があり、ほぼ全ての海外業者がこのルールを適用しています。

例えば、クレジットカードで入金した場合は、出金に関してもクレジットカードで行うように入金方法を選ぶ場合は、入金方法が出金にも適用されることへの意識をしましょう。
入金と出金の両方で手数料などの条件を確かめ、より自分に適切なものを選択することが大切です。

なお、これは入金額に当てはまるものであり、FX取引で得た利益分に関しては海外銀行送金になる場合が多いです。

 

FX海外口座から現金を引き出す場合

現金を引き出す、と一口に言ってもFX国内口座と海外口座では使用が異なります。
FX海外口座からはどのような出金方法があるのか、詳しく解説していきます。

 

海外FX業者の出金方法の種類

海外FX口座から現金引き出しをする際には、方法が4つあります。
出金方法にはクレジットカードでやデビットカードによる出金、Bitcoinでの出金、BitWalletなどの電子ウォレットでの出金、銀行送金での出金があります。
クレジットカード、デビットカード、Bitcoin、電子ウォレットなどのBitwalletでの出金は手数料が無料で、24時間以内に反映されます。
しかし、銀行送金での出金になると中継銀行を挟む為、5000円程度の手数料を合計で払わなければなりません。
反映する時間はおおよそ2日から5日の営業日です。

 

海外FX業者から現金を引き出す際の注意点

海外FX業者からの現金を引き出す際のコツとしては基本的に海外送金、オンラインウォレットの利用と言った手段が主なものです。

海外送金は文字通り、海外から日本の銀行の口座へ振り込みを行うものですが、対応している日本の金融機関が限られていること(一部のメガバンクのみなど)や手数料が高いこと、時間がかかることがデメリットと言えます。

そのため多くの場合、オンラインウォレットを利用するのですが、その方法は業者が対応しているオンラインウォレットに登録し、送金してもらうという手順です。
送られてきたら、外貨で手元に持って行ったりあるいは仮想通貨にして日本の仮想通貨取引所で換金するという方法で、安価かつ短期間で現金を手にすることができます。

様々なFX業者がいるので、海外FX業者に対しては口座開設前に事前の調査を行ってから、契約することをおすすめします。

おすすめの記事