逆張りナンピンはスイングトレードで!FXがおすすめ

FXをやっていると、必ず負ける時がありますよね。負けない方法ってないのかな?と思ってみなさんも勉強に励んでいると思います。さて、負けない方法ってあるのでしょうか?あるとしたらどんな方法?今回は勝率の高い方法に着目して紹介していきます。

 

FXのトレードの基本

①分析の方法について

一般的には、FXのトレードの基本は相場の動きを予想してポジションを取り、その差分の利益を稼ぐことです。予想が外れれば、損失が出るわけですね。予想の的中率が勝率といってもいいほどです。この相場の動きを予想するためには、テクニカル分析という方法があります。テクニカル分析とは、チャートに様々なテクニカル指標を表示させて、過去の動きを参考にしながら、今後上がるのか下がるのかを予想する方法です。この場合、テクニカル指標についての知識と情報が必要になります。また、ファンダメンタル分析という方法もあります。これは、各国の経済成長率や物価上昇率、政策金利や雇用系指標、物価系指標、発言などの情報をもとに今後の動きを予想する方法です。こうした分析を生業としているプロのアナリストやトレーダーもいます。自分の予測を発信して収益を得るのです。ですが、こうした人たちでさえも勝率が100%ということはあり得ません。ですから、FXにおいて「負けない」という観点は捨てた方が良いでしょう。また、FXのトレードの基本として順張りトレードというのがあります。これが最も簡単でオーソドックスな方法です。順張りトレードは「上がったら買い、下がったら売る」という考え方なのですが、この方法だけをとっているとそれほど勝率が上がらないのが現状です。

 

②損切りを心がける

どんなに優秀なFXトレーダーでも必ず予想を外す時はあります。この時、どれだけ損失を抑えられるかは損切りできるかどうかという点にあります。予想に反した時、価格が戻るかもしれないという淡い希望を抱いてそのままポジションを持ち続けると、含み損が大きくなってしまいいよいよ損切りできなくなります。こうしたことを防ぐために、損切りをツールを使って事前に設定しておいたりどの時点で損切りするのか数字を決めておいたりするトレーダーが結果を残しているのです。ただ、こうした失敗は優秀なトレーダーでも容易に起こることであり、誰もが経験しています。損切りをしなかった時に出た損失の方が、損切りをした時に出た損失よりもずっとメンタルに負荷をかけるでしょう。

こうして基本的な分析方法を順守し、ルールを守っていけばある程度は利益をあげることができます。一方でそうではない方法もあります。決して運や博打のような方法ではありません。それでは、どんな方法なのかみていきましょう。

 

損切りしない方法がある?

先程損切りをきちんとするということをお話ししました。ですが、負けている時に損切りをするにはかなりのメンタルが必要になります。やはり、人の心理として希望的観測に賭けてみたくなるからです。損切りが苦手という人もたくさんいるでしょう。そんな人にとっては朗報かもしれません。損切りをしなくていい方法があるなら、そっちの方が気持ちが楽じゃありませんか?ここからは、その方法について紹介していきます。

 

安くなったところを買い、高くなったところを売る!

「え?それってトレードの基本、順張りの逆では?」と思った方!全くその通りです!このため、この方法は逆張りといいます。さて、この方法は一体どういうものなのでしょうか?逆張りとは、過去の安値を参考にして、転換する価格を予想して、トレンド方向と逆のポジションで大きな利益を狙うという手法です。価格が下落している時に敢えて買い注文を入れて、相場が上昇する時に売り注文を出します。この方法のメリットは、注文が通ると短期で利益を上げることができるという点です。ただ、予想通りに相場が反転しなかった時に、損失が出てしまうというデメリットがあり、適切に相場の転換を見極める技量が必要となります。一方で、順張りのメリットはというと、長期的に続くトレンドの時には利益が大きくなる点です。ただ、相場が下落した時には上昇するタイミングを待たなければならないので、ポジションを売ることができず塩漬けになりやすいというデメリットがあります。ですから、この順張りの時は損切りが重要になってくるわけです。

さて、逆張りの話に戻しましょう。逆張りは順張りよりも高度なテクニックになります。トレンドがどこまで続くかわからないですし、どこまで損切りの幅を設定すればよいのか、それに応じたポジションサイズの適切な設定が難しいのです。このため、逆張りと行う場合はナンピンを使って含み損について考えながら安い価格を掴んでいくのです。

 

逆張りナンピンという手法

トレードの際はメジャー通貨ペアを選ぶ

なぜこのようにするかというと、メジャー通貨は上昇トレンドが数年続けば下落トレンドに転じ、下落トレンドが数年続けば上昇トレンドに転じというふうに、上がったり下がったりを繰り返す形をとります。上がりっぱなし、下がりっぱなしということはないということです。メジャー通貨ですから、価格変動の過去のデータや予想データなどもたくさん転がっていますよね。これをもとに底値や天井をあぶり出し、この地点までナンピンをし続ければ反転して利益が出るというしくみです。メジャー通貨について下記に記載しておきますので、参考にしてください。

 

取引量の多いメジャー通貨
  • 米ドル
  • ユーロ
  • ポンド
  • スイスフラン
  • カナダドル
  • オーストラリアドル
  • ニュージーランドドル

 

ナンピンとは投資の世界の専門用語で、損失が出ているポジションに対して更に安い価格でポジションを買い足すことで、平均コストを下げることをいいます。

 

スイングトレードで逆張りナンピン!

逆張りナンピンの良さは、短期的なトレードではなく中長期的なトレードで発揮されます。このため、スイングトレードの中で使うことが最も良い手法となります。スイングトレードとは、1日~数日の期間である程度大きな利幅を狙う売買方法です。スキャルピングトレードやデイトレードよりもトレードにかける時間が少し長くなる、中期的なトレードにあたります。この特性を利用して、価格の下落を見て最安値を記録するたびにナンピンし、レートがプラスに動くことを待ちます。相場は下がれば必ず上がる時が来るので、じっとこの時を待ち最終的にナンピンしたすべてのポジションがプラスになった時、多大な利益をもたらすのです。また、持っている通貨にスワップ金利が発生する場合はより利益を上げることができますね。ただ、問題はEAと呼ばれる自動売買ツールを有効に使えないため、トレーダー自身の力量が問われます。ある程度FXでの経験を積んでから挑戦した方がよさそうですね。

 

海外FXでボーナスを生かしてスイングトレード!

スイングトレードの場合は、中期的な期間でのトレードになりますので、スキャルピングなどと比べると取引回数が少なくなります。このため、1回の取引の中でいかに利益をあげるかという点が重要になってきます。取引回数が少なめなので、スプレッドが広くてもあまり影響が出ないという点からもスイングトレードは海外FXがおススメです。海外の場合は、国内よりもスプレッドが広いというデメリットがありますが、スイングトレードの場合は先に申し上げた通り、これは考慮しなくても問題がありません。また、海外FXはボーナスが豪華というメリットがあります。このボーナスを使って証拠金を増やしていくことの方が重要になってきます。海外FXは口座開設するだけで3,000~20,000円ものボーナスポイントがもらえるようになっていて、これは国内FXのボーナスの比ではありません。これをうまく活用してスイングトレードで逆張りナンピンの手法を試してみてくださいね!

おすすめの記事