FXのDD(ディーリングデスク)方式のメリット・デメリット

FXにはいくつかの方式があり、その中の1つにDD方式というのがあります。ただDD方式という言葉を知っていても、内容についてはよくわからないという人も少なくありません。DD方式というのはどういった方式であり、どういったメリットとデメリットがあるのでしょうか。今回はFX業者が使用しているDD方式について紹介します。DD方式について知りたい方やFX会社を探している場合は参考にしてみてください。

 

メリットとデメリットを知る前にあらためてDD方式について確認する

DD方式とはトレーダーの注文をFX会社が一旦受け止めて取引市場に注文を出すという方式です。FXの買い注文や売り注文は取引市場というところで情報が行き交っており、トレーダーはそこで自分がおこないたい注文を出すことで介入します。DD方式ではそうしたトレーダーと取引市場の間に立ち、トレーダーからの注文をFX業者側ですべて受け止めるようにします。

通常トレーダーが出した注文はすべて取引市場に流れるように感じますが、DD方式のときはそうとも限りません。たとえば「ドル円の通貨ペアを100円で入手したい」という注文をあるトレーダーがだしたとします。注文を受け取ったFX業者はほかにも、「今もっているドル円の通貨ペアを100円で販売したい」という注文もほかのトレーダーから受け取ったとしましょう。両者の注文は内容が一致しているので、取引市場に出すことなく双方の注文を相殺して成約されます。

また95円で入手したドル円の通貨ペアを「FX業者側が」が持っていた場合は、どのように対処するのか考えてみましょう。こうした場合も自社でもっているドル円の通貨ペアを100円で販売するようにして、トレーダーからの注文に対応することが考えられます。

DD方式の場合はトレーダーが出した注文をすべてFX会社が吸収してしまうことから、注文したことがどのように対処されたのかを知ることはできません。あくまでも「注文が実施された」という結果だけえられるのがDD方式の大きな特徴といえます。

 

FX取引におけるDD方式のメリット

DD方式のメリットは「スプレッド差が狭い」ことです。一般的に国内FX会社ではDD方式を採用していることが一般的であるのに対して、海外FX会社業者にドル円の平均スプレッドをみてみると、海外FXでは平均スプレッド差が1.5~2.0pipであるのに対して、国内FXの平均スプレッド差は0.3pipsとなっています。1.0以上も離れているなどスプレッドの狭さに関しては国内FX、つまりDD方式のほうが優れているといえるでしょう。

ちなみに国内FXでDD方式を採用しているところが多いのは「トレーダーたちがスプレッドの狭さを求めている」からです。NDD方式では仕組みの都合でどうしてもスプレッド差が広くなってしまうことから、採用されることはほとんどありませんでした。

またDD方式は「FXの初心者に優しい」というメリットもあります。FX投資の初心者はやり方や相場の読み方などをセミナーや本で学ぶことも多いかと思います。ですが学習するにあたって最もよいのが「実際にやってみること」です。実践にまさる学習はなく、本には書かれていないさまざまなことを学べます。ですが初心者は経験がないため、損失を受けてしまう可能性が高く、実際に取引をするときはそうした点も考慮しなければいけません。DD方式であれば取引に関する手数料が安くなるため、損失が発生したときに失われるお金を若干ですが減らせるようになります。

 

FX取引におけるDD方式のデメリット1、トレーダーが損しやすい

DD方式のデメリットとしてあげられるのは「トレーダーが損を受けやすい」ことです。DD方式ではトレーダーが出した注文を取引市場に出して約定する、ほかのトレーダーの注文と相殺する形で約定する、FX会社が保有しているものと相殺する形で約定する、のいずれかで対応することになります。3つの対処法のうち「FX会社が保有しているものと相殺する」というケースが最も厄介です。DD方式ではどのように注文が約定されたのかがわかりません。そのためFX業者が有利な形での注文が行えると判断されたときは、恣意的に注文内容を変えることがあります。

たとえばトレーダーがドル円を100円で購入するという注文があり、FX業者側では101円で入手していたドル円があったとしましょう。トレーダーの注文どおり100円で売却してしまえば、損するのはFX会社側です。ですがFX会社も営利団体であるため、損失の発生はできるだけ抑えなければいけません。そのためFX会社側の一方的な事情で、100ドルで購入したいというトレーダーの注文を無視して、102円でドル円の通貨ペアを購入させることがあります。

DD方式では約定がどのようにおこなわれたのかは一切公開されません。そのため知らず知らずのうちにトレーダーが不利となるような注文がおこなわれることもあるので、注意が必要です。

実は海外FXでDD方式があまり作用されていないのは、「取引の公平性が保たれていないのは嫌だ」という意見を海外トレーダーたちがもっていたことによるものです。日本とは違い海外ではスプレッド差よりも取引の公平さのほうが、重要視されています。

 

FX取引におけるDD方式のデメリット2、チャートに不自然なところができる

「チャートに不自然な流れが発生する」のもDD方式のデメリットです。FXの注文は取引市場でおこなわれますが、取引市場でチャートも作ってくれるわけではありません。チャートそのものはFX業者がそれぞれ作っているのです。FX業者でそれぞれチャートを作っていると、FX業者が自由に作ってしまうと思う方もいます。ですが通貨ペアの価格は取引市場で通貨ペアの価格が決まるため、チャートの形が会社間で大きく異なることはありません。ただしDD方式を採用しているFX業者の場合、自社の利益をもたらすという思惑から、一部のチャートを恣意的に操作することがあります。恣意的に操作したところで注文をしてしまうとトレーダーは一方的に損をしてしまう恐れがあります。

また価格が急上昇したときなども注意が必要です。急激に価格が上昇するとトレーダーにとっては儲けるチャンスとなります。ですがDD方式では「トレーダーの利益=FX会社の損失}となるためFX業者からすると損失を引き起こすピンチになります。そうした事情により、急上昇したいいタイミングにもかかわらず注文が受領されない、といったトラブルを引き起こすことがあるので気をつけましょう。

 

まとめ

FXのDD方式は国内のFX業者でよく採用されている方式です。取引市場とトレーダーの間にFX業者が介入することから、スプレッド差が狭くなるといったメリットが受けられます。スプレッドが狭くなると取引時に発生する手数料が安くなるため、FX取引の初心者にとってはありがたい仕組みであるかもしれません。

ですがFX業者が中間業者のような役割をになう都合で、取引に不透明なところが発生するのもDD方式の特徴です。そのためトレーダーに不利益に与える可能性もありますので、DD方式のFX業者を利用するときはそうした点に注意してください。

おすすめの記事