FX初心者はなぜ海外FXを否定するのか?安全性や正しい海外FXの選び方を解説

FX初心者の中には、「海外FX業者は危険だ」と思っている人も多いです。

「それはなぜですか?」と聞くと、ほとんどの人が明確な答えを出すことができません。

そこでこの記事では、本当に海外FX業者は危険なのか、正しい海外FX業者の選び方はあるのかということについて、詳しく解説していきます。

 

海外FXが否定されやすい理由

では、具体的に海外FXが否定されやすい理由について見ていきましょう。

 

信頼できない

まずは海外に拠点を持っているFX業者であるということから、「信頼できない」と考えてしまう人が多いようです。

海外に拠点を持っていて、主に海外の人を相手にしているFX業者だと、当然言語は日本語以外になることが多いです。
そのため、ホームページなどをみても、ほとんどが英語だったり、それ以外の言語だったりするのです。

そうなってしまうと、親近感が湧かなくなってしまい、「どうも信頼できない」と考えてしまうのです。

 

詐欺の噂が絶えない

ネットなどを見ると、

「海外業者を使ったら出金できなかった」
「利益を帳消しにされた」
「騙された」

というような記事、口コミが多く出回っています。

そのため、一度も海外FX業者を使ったことがない人だけでなく、そもそもFXをしたことがない人でも、「海外FX業者は詐欺だ、悪質だ」と感じてしまうようになるのです。

また、海外と聞くと、先ほども解説しましたがあまり親近感が湧きません。
そのため、勝手なイメージで、詐欺、悪質、怪しいという考えを持ってしまう場合が多いのです。

 

海外FXは全ての業者が安全なの?

とはいえ、海外業者の中には、皆さんが思っているような悪質業者、詐欺業者も存在しています。
そのため、ネットの口コミや詐欺業者の解説も、あながち間違ってはいないこともあります。

例えば、出金をしたら理由もなく拒否された、利益を出したのに次にログインした時には利益分が抜かれていた、個人情報を抜かれていた、というような悪事を働くFX業者もいるのです。

ネットなどの記事には、「海外FX業者を使うなら金融庁に登録しているかどうかを見るべき」というような解説をしている人もいます。

ただ、これは半分正解で半分間違いです。
一体どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

 

金融庁の許可を取っていない業者は全て危険なの?

海外FX業者の中には、悪質な行為を働くために金融庁への登録をしていないFX業者もいます。

しかし、中には正当なサービスを提供している優良FX業者であっても、あえて金融庁へ登録していないこともあるのです。
その理由は、「レバレッジ規制」です。

日本には、レバレッジ規制というものが敷かれています。
そのため、最大レバレッジは25倍となっていて、国内で活動しているFX業者の中でこれ以上のレバレッジを提供しているFX業者は1つもありません。
もし25倍以上のレバレッジを設定して、利用者に提供してしまうと犯罪になってしまうのです。

仮に海外のFX業者だったとしても、金融庁へ登録をしてしまうと、レバレッジを25倍に制限しなければならなくなってしまいます。

しかし、それでは海外FX業者特有のメリットがなくなってしまうのです。
海外FX業者を選択して、FXに挑戦している人というのは、レバレッジを多くかけたいと思っていることが多いです。
つまり、より多くの利益を狙いたいと思っているのです。

それなのにレバレッジが25倍だと、「だったら国内FX業者でいいや」となってしまうということです。

更に、海外FX業者の場合には、ボーナスをかけたトーナメントを行っていることもあります。
もし金融庁に登録した場合、このようなキャンペーンも厳しく制限されてしまうのです。

 

金融庁の許可なし=危険ではない

FXについての知識があまりない人や、一度もFXを行ったことがない人の中には、「金融庁の許可がないと違法でしょ?」と思う人もいると思います。

しかし、金融庁からの許可がない場合でも、違法性はないのです。
もしどうしても気になる場合には、金融庁のホームページを確認してみると良いでしょう。

金融庁のホームページに掲載されている情報をかみ砕いて説明すると、「金融庁に登録のない海外FX業者でも、FX業者の方から勧誘することなく、国内居住者が自ら注文をする場合には、取引をすることができる」とうような内容が記載されています。

ここで少し思い出して欲しいのですが、SNS広告やYouTube広告、テレビCMなどで海外FX業者の宣伝を見たことがありますか?ありませんよね。
それには、今解説したような理由が関係しているのです。

 

安全な海外FX業者を見極める方法は?

では、安全な海外FX業者を見極めるためにはどうすればいいのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

金融ライセンス

まずは金融ライセンスを取得しているかどうかです。
「さっきライセンスがなくても安全なFX業者もいるっていったじゃん」と思う人もいると思います。

しかし、金融ライセンスというのは国外でも発行しています。
つまり、どこかの国の金融庁に登録しているかどうかを見るべきということなのです。

どこにも登録がなく、ライセンスを取得していないFX業者は、疑ってかかることをおすすめします。
ただ、ネットに名前が出るような有名FX業者、あるいは優良FX業者の場合は、大体どこかの国の金融ライセンスを取得していることが多いため、比較的安心して使うことができるのです。

 

口コミや評判

そして、口コミや評判をしっかりと確認することが大事です。
興味を持ったFX業者があるのであれば、

 

  • ライセンスは取得しているのか
  • 実際に利用した人はどんな感想を持っているのか
  • 出金トラブル事例などはないか

 

などを細かく調べていくことで、安全に利用できるFX業者を見つけられる可能性が高まります。

ただ、ネットの口コミや評判というのは、信ぴょう性に欠ける場合もありますので、あくまで参考程度に考えておくことが大事になってきます。

 

実績

そして、そのFX業者がどれくらい前から運営されているのか、創業はいつなのかということも調べておくことをおすすめします。

サービスが開始されてからまだ日が経っていないFX業者の場合は、利用者も少なく、情報も少ないことが多いため、少し様子を見ることも大事になってくるでしょう。

 

ゼロカットシステムの有無

海外FX業者の中には、ゼロカットシステムを導入している業者もいます。
ゼロカットシステムというのは、入金した資金以上の損失を業者が肩代わりしてくれるというシステムです。
国内FX業者の場合は、このようなシステムを導入している業者がないため、仮に入金した資金以上の損失が出てしまった場合には、追証と言って更に資金を投入して損失分をFX業者に返済しなければならないのです。

基本的にハイレバレッジで取引をするのであれば、このゼロカットシステムは必須と言えます。
仮にゼロカットシステムがなく、追証が発生してしまうFX業者の場合には、返しきれないほどの借金を背負ってしまう可能性もあるのです。

 

海外FX業者の最大の強みとそれを活かして稼ぐ方法は?

海外FX業者には、国内FX業者にはない強みがあります。
代表的な物で言えば、ハイレバレッジでの取引です。
国内FX業者の場合は、25倍までのレバレッジしかかけることができません。

しかし、ゼロカットがあり、尚且つハイレバレッジで取引できる海外FX業者であれば、チャンスを見つけた瞬間にフルスイングで利益を狙いに行くことができるのです。
このような海外業者独自の強みを生かして取引をすることで、大きく稼げる場合もあるのです。

 

まとめ

海外FX業者と聞くと、どうしても否定的なイメージを持ってしまいがちですが、優良FX業者を使えば、安心して取引をすることができるのです。

そのため、より大きく稼ぎたい人や、ボーナスを活用して効率的に稼ぎたいという人は、しっかりとFX業者について調べたうえで、海外FX業者を使ってみることをおすすめします。

おすすめの記事