FXを始めたい人必見!国内FX業者を使うメリット・デメリットとは?

FXを始めるためには、FX取引サービスを提供している業者に登録しなければなりません。
FX業者には、国内業者と海外業者があるのですが、中には、「最初は国内業者から始めてみたい」と思っている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、国内業者を使うメリットとデメリットについて、詳しく解説していきます。

 

FX業者は国内にも海外にもたくさんある

冒頭でも解説したように、FX業者は国内にも海外にもたくさんあります。
もちろん、国内業者と海外業者では特徴が大きく異なり、その人の目的に合わせて使い分ける必要があります。

FX初心者の中には、「国内業者は安全で、海外業者は危険」という考えを持っている人もいます。

しかし、はっきり言ってしまうと、このような考えを持ってしまっている人は、FXに関する知識がかなり低いと言えます。
海外FX業者でもたくさんの日本人が利用している、優良サービスがたくさんあります。

とはいえ、FXデビューでいきなり海外業者を使うことに不安を覚える人もいるでしょう。
そこで、次の段落からは、国内FX業者を使うことのメリットを詳しく見ていきましょう。

 

国内FX業者を使うメリットとは?

国内FX業者を使うメリットはいくつかあります。
それでは詳しく見ていきましょう。

 

税率が低い

まずは税率が低いということです。
国内FX業者は、海外FX業者と比べると税率が低めに設定されています。
具体的には、どれだけ利益を上げても、20.315%しか税金が取られません。
また、繰越控除や損益通算も可能となっているのです。

一方海外FX業者の場合は、累進課税となっているため、最大で55%の税金が取られてしまう場合があるのです。

 

海外業者と比べると比較的スプレッドが狭い

そして、海外FX業者と比べてスプレッドが狭くなっていることが多いです。
スプレッドというのは、買値と売値の差額のことです。
基本的に、国内業者ではスプレッドの狭さを競争していますので、できるところまで下げているFX業者が非常に多いです。

ただし、国内FX業者の場合は、見た目的にスプレッドが狭いように見えて、実はそうでもないということも良くあります。
一方海外FX業者の場合は、約定方式という透明性が高い方法を導入しているため、複雑なスプレッドの拡大などはほとんどないと言えます。

 

入出金が簡単

国内業者を使うと、入出金が非常に簡単です。
スマホやパソコンからいつでもどこでも、気軽に行えることがほとんどなのです。

一方海外業者の場合には、海外送金をしなければならなかったり、時間がかかってしまったりと手間がかかってしまう場合があります。
また、出金の手順なども複雑になっていることが多く、最初のうちは手間取ってしまうかもしれません。

 

国内業者を使うデメリットは?

続いて国内FX業者を使うデメリットについてです。
国内と海外の場合、「国内を選択した方がよい」と無条件に決めつけてしまっている人もいますが、実際はデメリットもあるのです。

このデメリットについて詳しく理解していないと、思わぬトラブルや思いもしなかった壁が立ちふさがってしまう場合もあります。
それでは詳しく見ていきましょう。

 

追証が発生する場合もある

まずは追証です。
国内FX業者の場合には、追証が発生する場合があります。
追証というのは、追加で証拠金を入金することです。

これが国内FX業者を使う最大のデメリットだと言っても過言ではありません。

FXを始める場合は、最初に証拠金としていくらかの資金を入金すると思います。
しかし、相場が急変してしまったり、自分のミスで証拠金をマイナスにしてしまったりすると、マイナス分はFX業者に返済しなければならなくなるのです。

基本的に一定の証拠金を下回ると、強制ロスカットが行われるのですが、急激な変動などによって強制ロスカットがうまく行われないと、預けている証拠金以上に損失を被ってしまう事があるのです。

この追証について、甘く考えている初心者もいるのですが、驚くほど高額な追証に首が回らなくなってしまったという人もたくさんいるのです。
そのため、国内FX業者を利用する場合には追証に十分注意して、慎重に取引を行っていくことが大事になってきます。

一方海外FX業者の場合は、ゼロカットシステムを導入していることも多いです。
ゼロカットシステムというのは、入金した資金以上のマイナスをFX業者が負担してくれるという仕組みです。
つまり、どれだけ損を出しても、入金した金額以上の負債を抱える心配はないということです。

このようなことがあるため、レバレッジを高く設定して取引をすることができるのです。

 

レバレッジが低い

国内FX業者は、レバレッジが最大25倍となっています。
これは法律で決められているため、どの業者を使ってもこれ以上のレバレッジを設定している所はありません。

そのため、大きな利益を出したいと思っても、証拠金の額が低いとレバレッジを最大までかけたとしても、そこまで大きな利益を狙いに行くことが難しくなってしまうのです。

しかし、海外FX業者の場合は、先ほども解説したように数百倍~数千倍のレバレッジをかけることができます。
ゼロカットシステムを導入しているFX業者であれば、負債を抱える心配が少なく、尚且つ大きな利益を狙って取引をすることが可能となるのです。

 

取引ツールが業者によってバラバラ

国内のFX業者は、取引ツールがバラバラであることが多いです。
なぜなら、自社で取引ツールを作成して提供していることが多いからです。
もちろん、1つのFX業者しか使う予定がないのであれば、そのFX業者のツールになれればいいだけですが、いくつかのFX業者を同時に使いたい、他のFX業者に乗り換えたいと思った場合に、慣れないツールに苦戦することが多いです。

しかし、海外FX業者の場合は、基本的にMT4を使っていることが多いです。
そのため、FX業者を変更したり、他のFX業者に登録したりしても、MT4に慣れて入ればスムーズに取引をしていくことができるのです。

 

FX業者はどう選べばいいの?

これからFX業者を始めるのであれば、まずは自分に合ったFX業者を探すことが大事です。
そのためには、とりあえず国内FX業者を使うのか、海外FX業者を使うのかを決めなければ、先に進むことができません。

初心者の中には、国内FX業者が良くて、海外FX業者は悪いと考えてしまっている人もいますが、決してそんなことはないのです。
ただ、国内FX業者、海外FX業者共に、「合う合わない」がありますので、自分の手法や目的に合わせて慎重に選ぶことをおすすめします。

 

FX初心者が勘違いしがちな事と、正しい解釈

では、最後にFX初心者が勘違いしがちなことをいくつか紹介していきます。

 

海外FXは危険、詐欺、怪しい

この記事で何度も解説していますが、海外FXは危険、詐欺、怪しいという固定観念を持っているのであれば、今すぐ捨てるべきです。
確かに、詐欺を働いたりする悪質なFX業者もいますが、全てが該当するわけではありません。

優良FX業者を利用することで、日本人でも快適に、そして安心して利用することができるのです。

 

海外FXは大損をする可能性がある

レバレッジがかなり高いことから、海外FX業者を使うと大損すると考えている人もいます。
しかし、海外のFX業者の多くはゼロカットシステムを導入していることが多く、入金した資金以上の損失を被らない場合もあるのです。

そう考えると、追証が発生する国内業者よりも安心して使える場合もあるのです。

 

まとめ

国内のFX業者のメリットや、デメリットについて解説してきましたが、必ずしも国内FX業者が良いということではありません。
もちろん、国内FX業者にもいい所はたくさんありますし、初心者にとって利用しやすい場合もあるでしょう。

しかし、メリットがあれば当然デメリットもあります。
これからFXを始めるのであれば、しっかりとメリットやデメリットについての知識を付けたうえで、FX業者を選んでいくことをおすすめします。

おすすめの記事