FXのキャリートレードは稼ぎやすい取引形式なのか?

ここではFXのキャリートレードについて解説していきます。

 

FXのキャリートレードとは?

キャリートレードは、他のトレード形式(デイトレード、スキャルピングトレードなど)に比べると知名度が低いと思います。

このキャリートレードですが、

 

広い意味では→
「資金繰りにかかる費用を超える運用収益」を継続的・安定的に得られる取引

 

のことを指します。

そして

 

FX的な意味では→
「政策金利の低い通貨で集めた資金を、政策金利が高い通貨に換えるトレード形式」

 

のことを指します。
FXの場合は「スワップポイントで稼ぐ」のがメインとなるでしょう。

 

FXのキャリートレードで重要なことは?

続いてFXのキャリートレードにおける要点を紹介していきます。

 

  1. 金利差が大きい通貨を狙う
  2. 金利差だけは判断できない
  3. レバレッジ倍率を上げる

 

①金利差が大きい通貨を狙う

おおざっぱに言えば「金利差で稼ぐ」ことになるので、当然金利差が大きい通貨を狙う必要があります。

 

②「金利差の大きさ」だけでは判断できない

しかし、その金利差がいつまでも一定であるとは限りません。
将来的に小さくなってしまう恐れがあります。
ですから、ある程度の段階で買い替えるキャリートレーダーも少なくありません。

 

③レバレッジ倍率を上げる

通常の「購入時のレートと、売却時のレートの差によって利益を出す取引」と比べると、利益が小さくなりやすいです。ですから、レバレッジ倍率をできるだけ上げてトレードすることをおすすめします。

そのためにも海外FXを利用することを推奨します。
国内FXのレバレッジ倍率は最大でも25倍までです(そのうち10倍になるという話もあります)。ですが、海外FXであればレバレッジ倍率を500~1000倍以上にすることも可能です。

もちろん他のFX戦略との兼ね合いで「レバレッジ倍率を1~10倍くらいにしたい」というタイミングも来るかもしれません。ですが、その場合はそのとおりにレバレッジ倍率を下げればいいだけですので、海外FXを使っていても全く問題ありません。
あくまで最大レバレッジ倍率が500~1000倍なのであって、「ずっと500~1000倍でしか取引できない」わけではありません。

 

最近のキャリートレード事情

「円と他の通貨の組み合わせ」のキャリートレードとしては、平成19年頃が最も盛んだったと言われています。
この時期の日本円の政策金利は0.5パーセント前後であり、オーストラリアは6パーセントほど、ユーロが4パーセントほど、ドルが5パーセントほどとなっていました。
この金利差を利用して、キャリートレードで稼ぐトレーダーが多かったわけです。
ですがその後、リーマンショックなどの影響で色々な国の金利がダウンしたため、「日本円との金利差」もダウンして、「円と他の通貨によるキャリートレード」はしにくくなりました。

ですが、最近のFX業者のなかには「政策金利の高いマイナー通貨(トルコリラ:20パーセント程度、など)」を扱うところが触えてきました。
そのため、やろうと思えばいつでもキャリートレードができると言えます。
ただし、いわゆる「新興国通貨」は金利が高いですが不安定なので、注意していないと一気にマイナスになる恐れもあります。

 

FXのキャリートレードはやるべき?やらないべき?

結局のところFXのキャリートレードに挑戦すべきなのでしょうか。
結論から言いますが、筆者としてはおすすめしません。
「キャリートレード自体がものすごくダメ」というわけではありませんが、
「他にももっと稼ぎやすい・やりやすいトレード形式(戦略)がある」と感じます。

いくつか具体的に見ていきましょう。

 

  1. デイトレード
  2. スキャルピングトレード
  3. スワップポイント狙い
  4. EAの使用

 

①デイトレード

「その日のうちに買って、その日のうちに売る」という形式のトレードです。

 

ポジションを持ち越さないから精神衛生上いい
短期予想ができればいいのでファンダメンタルズ分析は基本不要
スワップポイントの事を考えなくていい

 

などのメリットがあります。
私としては、FX初心者はまずデイトレードに挑戦すべきだと考えています。

 

②スキャルピングトレード

「数秒~数分で完結するトレード」のことをスキャルピングトレードと言います。
もちろん1回や2回程度では大した利益にならないので、1日に何回も行います。

 

すぐ結果が分かるためモチベーションが続きやすい
「今日は時間がないから20分だけやる」なども可能
もちろんポジションを持ち越さない

 

などのメリットがあります。
テクニカル分析が上達すると、スキャルピングトレードで稼ぎやすくなります。
ただし、高い集中力や判断力、そして「FXへの慣れ」が必要なので初心者の方にはあまりおすすめしません。
ですが、FX中級~上級者は一度はチャレンジすると良いでしょう。

 

③スワップポイント狙い

FX業者ごとに「スワップポイントが付与されるタイミング」があります。

「スワップポイント狙い」の手順例です。

 

  1. スワップポイントがつく前のタイミングで金利差の大きい通貨ペアを買う
  2. スワップポイントを獲得する
  3. 場合によっては買う・売る

 

という感じです。
もちろん「売り買い」もするのでそこで損をしないようにする必要があります。
(損をしてもいいが、スワップポイント以上の損は避ける)

しかし、きちんと戦略を練って、順調に行けばスワップポイントだけで生活する事も可能なくらいです。

さて、「結局スワップポイント狙いなら、キャリートレードとは変わらないのでは?」と感じるかもしれません。
ですが、

 

キャリートレード:ポジションを2~3か月持ち続ける人が多い
スワップポイント狙い:状況に応じてすぐに売る

 

という明確な差があります。

 

④EAの使用

EAとは「自動売買ツール」のことです。
設定どおりに自動で売買を進めてくれるわけですが、キャリートレードのように長期的にポジションを持ち続ける取引形式ではあまり意味を成しません。
しかし、特にスキャルピングトレードやデイトレードにように取引頻度が多くなる取引に関しては、絶大な効果を発揮する場合もあります。

ただし、国内FX業者に関してはEAの使用を禁止しているところが多いので気を付けましょう。ちなみに、スキャルピングトレードをNGとしている業者もあります。

ですが、海外FX業者についてはおおよそどこでもEAを使うことができます。
もちろんスキャルピングトレードも可能です。

海外FX業者は「何でもいいからどんどん取引をして、手数料で稼がせてくれ」という意思が強いように思えます。

 

まとめ:FXのキャリートレードはおすすめしません

ここまでFXのキャリートレードに関して紹介しました。

 

  • 金利差が稼ぐトレード形式
  • 2~3か月ポジションを持ち続けるのが普通
  • レバレッジ倍率を上げて利益を上げる

 

などがキャリートレードの基本戦略となります。

しかし、

 

  • デイトレード
  • スキャルピングトレード
  • スワップポイント狙い
  • EAを使う

 

など、「キャリートレードよりも他の手法のほうがいい」と筆者は感じています。

そう感じているのは恐らく私だけではありません。
「FX キャリートレード」などで検索しても、別のトレード形式に比べてあまり情報が出てきません。つまりは「他を参考にして戦略を立てる」という事もしにくいわけです。

ですから、初心者向けのデイトレードなどから始めることを推奨します。

おすすめの記事