挑戦前に見ておくべきFX取引の末路集

インターネット上のいわゆる「コピペ集」などを見るのが好きな方のなかには、「FXプレイヤーの末路」などを読んだことがある人が少なくないと思います。

ここではその末路の一例と、「そんな末路を迎えないための方法」を紹介していきます。

 

FXトレーダーの末路の一例

では、紹介していきましょう。
あくまで「インターネット上の書き込み」ですので、もしかしたら創作かもしれませんが、「実際にあり得ること」のみを挙げていきます。

 

末路1:月収の60倍のマイナスを出した例

Aさんは月収15万円でしたが、FX取引によりトータル880万円の損失を出しました。
二度とFXをしないように、口座を閉鎖したそうです。

 

末路2:ハイレバレッジ取引で380万円のマイナス

Bさんはアルバイトで貯めた資金を、FXのハイレバレッジ取引で溶かしたようです。
「ハイレバレッジ取引は絶対にするな」と語っています。

 

末路3:3,000万円→12万円へ

Cさんは約3,000万円のFX口座残高を、一晩で12万円にまで減らしました。
3,000万円貯めるまでに3年ほどかかったようですが、失ったのは一瞬です。
その日は会社を無断で休んだようです。

 

末路4:500万円を溶かす

Dさんは娯楽をほとんどせず、必死に貯金した500万円をFXでほぼ溶かしたようです。
(元は5ちゃんねるの書き込みですが、凄まじい悲壮感があります)

 

末路5:資金80~100倍から地獄へ

Eさんは、わずか6か月程度のFX取引で資金を80~100倍にしたようです。
そこで会社をやめて、色々なところから借金して2,000万円の資金を作り、FX一本での生活を始めました。
しかし、約2カ月で資金がゼロに。借金の分割返済が認められず奥さんとは離婚。
「人生終わった」とは言っていますが、その後借金をどうしたのかは不明です。

 

末路6:明確な犯罪行為

Fさんは集金した300万円(=自分のものではないお金)でFX取引をしてしまいました。
結果は不明ですが、2ちゃんねるの書き込みを見る限りはほぼ「発狂」しています。

 

A~FさんがFXでこんな末路を迎えた理由は?

ではA~Fさんが以上のような末路を迎えたワケを考えていきましょう。
主に4つの理由があります。

 

  1. ハイレバレッジ
  2. 強制ロスカット
  3. FX中毒
  4. 「失ってはまずいお金」を使っている

 

①ハイレバレッジ

レバレッジ倍率を例えば「25倍」にすると、自己資金が1万円でも、25万円分の取引をすることができます。

そして、25万円-1万円=24万円の借金を一時期的に抱えることになります。
その取引で勝てれば「利益で借金を返せば良い」ですが、負ければ膨大な借金だけが残ることになります。

……対処法があります(後述)。

 

②強制ロスカット

簡単に言うと、「レートがある程度まで下がると、それ以上損をさせないために、システムにより自動的にロスカットが発生する」仕組みを各FX業者が設けています。

ですから、FX取引においては「ギリギリまで粘る」という事がしにくいのです。
ですが、この強制ロスカットは考え方によっては「FXトレーダーの味方」です(後述)。

 

③FX中毒

A~Fさんのなかにはハッキリと「中毒だった」と言っている人はいませんが、「FX依存症」になっていた方もいるのではないかと思います。

FX取引のフィールドは「全世界」ですから、土日を除いてほぼ24時間取引することができます。

そして、

 

  • レバレッジを使えば一気に大儲けできるかもしれませんし
  • 自分が寝ている間にチャートが暴落して借金を背負うかもしれません

 

こういった事情がありますから、FX中毒になってもおかしくありません。
「FXのために会社をやめる」「正常な判断能力を失いFXのために借金をする」「身体が壊す」などの事もあり得ます。

④「失ってはまずいお金」を使う

「自分のものではないお金を使う」のは論外ですが、「借金してまでFX資金を作る」のも完全にアウトです。
そういった人は、負けたときの事を考えていません。
もしくは「絶対に勝てる」などとあり得ない錯覚をしてしまっています。

実際には、「『負けても生活に影響を及ぼさない金額』の2分の1」くらいまでをFX投資資金をすべきです。
「2分の1……?」と感じるかもしれませんが、それくらいでちょうどいいです。

 

FXで悲惨な末路を迎えないためのポイント

では、A~Fさんのような末路を迎えないための注意点・考え方を見ていきましょう。

 

  1. ゼロカットシステムがあるFX業者を使う
  2. むしろハイレバレッジ取引のほうがいい
  3. 強制ロスカットは味方です

 

①ゼロカットシステムがあるFX業者を使う

「口座残高が0未満になったら、0に戻してくれるシステム」のことをゼロカットシステムと呼びます。
これがあるだけで、「FX取引自体による借金」を背負う事はなくなります。

ただし、国内FX業者はゼロカットシステムを設けていないので、必然的に海外FX業者を使うことになります。また、海外FX業者だからといって、必ずしもゼロカットシステムがあるわけではないので気を付けてください(大手ならだいだいありますが)。

しかし、あくまで口座残高を0に戻してくれるだけです。
例えば「FX取引のために、借金をして1,000万円!!」などのことをしてしまえば、当然ですが、その1,000万円を全額失う可能性はあります。

ですから、先ほども言いましたが「失っても生活に支障をきたさない金額」の範囲で取引をしてください。
「言われなくても大丈夫!」と感じるかもしれませんが、FX依存症になってしまえば、「絶対勝てるし借金をしよう!」などという思考に陥ってもおかしくありません。

 

②むしろハイレバレッジ取引のほうがいい

ハイレバレッジ取引であれば少額で大きな取引ができるため「稼ぐ効率」が良いです。
取引回数も減らすことができますので、FX依存症に陥りにくくなります。
それでも危険なように思えるかもしれませんが、ゼロカットシステムがあるので「自己資金を超える借金」を背負うことはありません。

 

③強制ロスカットは味方です

強制ロスカットは「損失が大きくなり過ぎないようにしてくれる仕組み」ですから、冷静に考えれば「ユーザーの味方」という側面が強いと思います。
と言いますか、「強制ロスカットは敵!FX業者は酷い!」というような、考え方をする人は海外FX業者を利用しても負けやすいと感じます。

ただし、ロスカットライン(ロスカットを行う基準)が高過ぎると、すぐにロスカットが発生してしまって立ち行かなくなります。
ですから、ロスカットラインをきちんと調べてから、そのFX業者の口座登録をしましょう。

 

まとめ:海外FX業者を適切に使えば悲惨な末路にはならない

FXユーザーの末路を最初に紹介しました。
ゾッとするような内容でしたね。

ですが、

 

  • ゼロカットシステムがある海外FX業者を使う
  • ハイレバレッジ取引をする
  • 「失っていいお金」だけを使う

 

などの事を徹底していれば、そんな末路は迎えません。

むしろ一番怖いのは、「FX依存症」だと感じます。
FXで大勝したときなどに「他で味わえない快感」を覚えてしまえば、それを再び味わうためにFXにのめり込んでしまってもおかしくありません。
万が一「FXをやめたほうが幸せになれると分かっているのに、やめられない」などの状態になった場合は、病院で診断してもらう事をおすすめします。

と、少し脅かしてしまいましたが、適切な方法でFX取引をすれば、諸々のリスクを抑えながら健全に利益を狙うことができます。
まずは口座登録をしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事