FXで勝つには毎日勝ち逃げをすればいいだけ?初心者がやりがちなミスとは?

FXで勝つのは難しいことだと思っている人が多いです。
確かに、何の知識もない人がギャンブルトレードで勝ち続けるというのは難しいかもしれません。

しかし、ある程度FXの知識があり、経験もあるのであれば、FXで勝つのはそこまで難しいことではありません。
そこで、この記事では、シンプルなFXの勝ち方と、初心者がやりがちなミスについて詳しく解説していきます。

 

FX初心者がやりがちなミスとは?

FX初心者がやりがちなミスには、いくつかのパターンがあります。
このようなミスを経験して、学習していく人もいるため、ミスが悪いことというわけではありません。
しかし、できればミスを最小限に抑えて、利益をできるだけ早く出したいですよね。

そのためには、初心者がやりがちなミスを理解して、そのようなミスをしない取引を実践していく必要があるのです。

 

負けるまでやる

まずは負けるまでやるというミスです。
FXというのは、利益の上限が決まっていません。
そのため、1度の取引で何十万円も利益を出すことも可能となるのです。

このような仕組みがあるため、初心者は一度の取引でいくら勝てても、満足することができません。

「もっと利益を増やすぞ」

と思って、更にポジションを増加させてしまう人もいます。

つまり、負けるまでやり続けてしまうということです。

 

熱くなりギャンブルトレードをする

FXは、ギャンブルだと言われることもありますが、場合によっては本当にギャンブルになってしまうことがあります。
初心者が何も知識を持たずにFXを始めた場合、それはギャンブルトレードです。
しかし、経験者が相場などの情報を分析して、エントリーした場合は投資です。

この違いが分かっていないと、負けた場合も熱くなってしまい、更に資金を追加してしまったり、損切をしてすぐに相場の動きと同じ方向のポジションを持ってしまったりするのです。
また、仮に含み損が出ている場合も、初心者はすぐに損切をすることができないことが多いです。

「もう少し待てばまた上がるだろう」
「このまま損を確定させるのはいやだ」

という心理でそのまま持ち続け、結果強制ロスカットになってしまったり追証が必要になってしまったりするのです。

 

FXは金持ちのゲームだと思い込んでいる

FXというのは、ゼロサムゲームです。
負ける人がいるから勝つ人がいるのです。

このような仕組みから、

「FXは金を持っている人の遊びだ」

と考える人もいます。

しかし、FXを専業としているトレーダーが聞けば、

「ふざけるな」

と思うはずです。

というのも、FXというのは、少額から始めることができ、少ない元手からFXで成功した人もたくさんいるのです。
確かに、最初から潤沢な資金があれば、有利にトレードをすることができます。

しかし、仮に初心者が1,000万円や1億円で取引をしても、ほとんどの確率で大損するでしょう。
つまり、大事なことは、どれだけ知識と経験があるか、どれだけ失敗をしているかということなのです。

 

FXで勝つ方法はシンプル!毎日少し実勝ち逃げをすればいい

では、FXで勝つためにはどのような方法を試せばいいのでしょうか。
それは、毎日少しずつ勝ち逃げをすればいのです。
毎日3,000円勝ち逃げすることができれば、1か月で9万円の利益になります。

もちろん、30日連続で勝ち逃げするということは難しいですが、勝ち逃げを意識すれば、損切をすることができたり、一定のところで利確することができたりする場合があります。

 

勝ち逃げをするには目標設定が必要?

毎日勝ち逃げをするためには、明確な目標を立てる必要があります。
FXで負ける人の多くは、目標設定をしていないことが多いです。
中には、目標を決めている人もいますが、曖昧な目標である場合もあります。

FXは、どれだけ利益を出しても、上限はありません。

「○○円稼いだからあなたはFX市場から出ていってください」

ということはないわけです。

しかし、負けには上限があります。自分の資金以上の損失を出してしまうと、

「もうお金がないのだから、市場から退場させます」

といって、強制ロスカットされてしまうのです。

このようなことから、毎日勝ち逃げをするためには、どれくらいの利益を上げるのかを細かく決める必要があります。
例えば、9万円を毎月FXで稼ぎたいとなれば、1日3,000円の利益で勝ち逃げればいいわけです。
ただ、30日全部勝ち逃げすることは、かなり難しいため、3,000円ではなくもう少し高い目標を決めることもできるでしょう。

また、3,000円の利益なんて無理だよと思ったのであれば、その目標は自分に適していません。
つまり、月に9万円を稼ぐために必要な資金が用意されていないということになります。
その場合は、目標金額をもっと下げて、達成可能な数字に変更することが大事になってきます。

 

いくらを目安に勝ち逃げをすればいい?

では、具体的に1日いくらを目安に勝ち逃げをすればいいのでしょうか。
これは、自分の理想で決めるのではなく、用意できる資金によって決めることが大切です。
ただ、

「自分の資金額でどれくらいの利益が出せるのか想像もできない」

という人もいるでしょう。

そのような人は、合計資金の2%を目安に勝ち逃げをしていくことをおすすめします。

元手が10万円なのでれば、1日2,000円。
元手が100万円なのであれば、1日2万円です。

「そんな少なかったら全然稼げないじゃん」

と思う人がいるかもしれません。

しかし、実際に計算してみると、そこまで少ないとは感じないはずです。
大事なことは、利益が出たら、その利益も資金に回してしまうということです。
間違っても、利益分を出金して私利私欲のために使うということは避けましょう。

そうすれば、自己資金額がどんどん増えて、それに対する2%の資金も増えていきます。
それを長期間続けることができたら、と考えれば、決して安すぎるとは感じないはずです。

 

FXで勝ち逃げをし続けると大金になる理由は?

FXで毎日勝ち逃げをすると、自己資金がどんどん増えていきます。
これによって、少額な資金を大金にすることができます。

これには、複利が大きく関係しています。
複利というのは、

10万円を元手に合計20万円稼ぐ→20万円を元手に40万円稼ぐ

というようなダブルアップのイメージです。

現実の世界では、このようにトントン拍子で進むことは中々ありませんが、少なくとも少しずつ利益を残していければ、複利の効果に期待が持てるのです。

 

FXで一攫千金を狙うと一瞬で地獄に落ちる

FXで大事なことは、現実的に考えるということです。
一発のトレードで大金を稼ごうとすればするほど、ドツボにはまっていきます。
もっといえば、FXは、そのような無知なカモからお金を巻き上げるゲームだといっても過言ではないでしょう。

自分がカモにならないようにするためには、具体的な目標を設定して、それに向けてルールを定め、徹底していくことが大事になるのです。

 

まとめ

FX初心者は、負けるまで続けてしまったり、感情に任せてトレードをしたりするため、負けやすくなってしまうのです。
しかし、意識を少しだけ変えて、毎日少しずつ勝ち逃げをするようにすれば、複利の効果も相まって気づけば自己資金がかなり増えているという状態にすることもできます。

そのため、最初のうちは利益が出たとしても、それを引き出すことなく、資金に加えて複利を狙うということがとても大事になってくるのです。

おすすめの記事