今回は「FXのメシウマ体験談」などを紹介していきます。
「成功秘話」ではなく、失敗談です。

FXのメシウマ体験談例と学ぶべきこと
では、FXのメシウマ体験談を挙げていきます。
併せて、「そういった事態を避けるためのポイント」も挙げていきます。

メシウマ1:1,300万円の損失
とある主婦の例ですが、

旦那さんに黙ってFX→1,300万円の損失

という結果になったそうです。

ちなみにこの1,300万円は「ただの投資金」であって、「ロスカットが間に合わず、元の資金以上の借金になった」という流れではないようです。(1,300万円用意できるのがスゴい)

この主婦の方は泣きながら友人に助けを求めたそう。
200万円貸してくれる知人が見つかったそうですが、焼け石に水ですね……。

回避するためのポイント

・失ってもいいお金だけ使う
・家族がいるなら全員に伝えてからFXをする

家族に黙っていると「負けを取り戻さないと」などと考えてしまい、判断能力が下がる恐れがあります。

メシウマ2:デモトレードで勝ちすぎて油断した例
デモトレードという、いわば「トレーニングモード」を用意しているFX業者が多いです。
1円も投資することなく、FXの訓練をすることができます。

そして、ある男性はデモトレードで大勝。
「これはいけるな」と確信し、会社を辞めてFXに専念。
借金を含めた色々な方法で2,000万円の資金を作りましたが、2週間ほどで資金をゼロにしています……。

回避するポイント
・デモトレードを過信しない
→お金を使わないので、「本番」とは精神状態が全く違います

・借金なんて論外です
→返せる保証がどこにあるのかという話ですよね。初期費用は10万円、極端に言えば数千円でも十分です

ただし、デモトレードで練習すること自体は悪いことではありません。

メシウマ3:完全に精神が壊れる
とある男性はFXで借金を背負い、匿名掲示板で「子どもを高校中退させるのが心苦しい」と愚痴を言っていました。
そこで、別の掲示板利用者に「ローンや奨学金で何とかなるんじゃない?行こうと思えば大学も」などとアドバイスしたところ、「私立は金がかかるんだよ!お前が養うか!?」とキレました。

回避するポイント
どのような経緯でFXで借金を作ったのかは分かりません。
ですが、こういった性格の人がFXに向かないのは確かです。
「負けを取り戻そう!」と必死になってしまいますからね。
FXで勝っている人ほど、冷静に取引しています。

メシウマ4:500万円→5,400円

どうやら、約1カ月間のFX生活で貯金を500万円→5,400円に減らしたようです。
しかも、5,400円で臨んだ最後の勝負でも負けています。
ホームレスになるかも……と言っていますが、最終的にどうなったのかは不明です。

回避するポイント
こういったメシウマ話を見ると錯覚しやすいですが、とにかく「失っていいお金」だけを使っていれば、これほど一気にお金が消える事はあり得ません。
逆に「どうせ勝てるから数百万円突っ込む!」などという事をしてしまえば、どうなるか分かったものではありません。

他にもいくらでもFXのメシウマ体験談が見つかるのですが、書いている私が暗くなりそうなので、この辺にしておきます。

FXのメシウマ体験談が楽しかった人は注意!
これからFXをする予定の人で、「メシウマ体験談、面白かったしもっと探そうかな」と感じた人は要注意です。

なぜなら、

・自分に悪影響が及ぶかも
・FXにのめり込む恐れがある
・時間がもったいない

からです。
詳しく見ていきましょう。

1:自分に悪影響が及ぶかも
「メシウマ」というのは「他人の不幸で飯が上手い」という言葉の略です。
人間は他人の不幸が好きであり、メシウマ体験談を漁っているうちに、「もっとひどい話を!」とどんどん深みにはまってしまうかもしれません。

そして、「自分より不幸な人」を見続けるうちに、「私なんてよくやっている方だ」と勘違いしてしまう可能性があります。
言うまでもありませんが、「他の一個人の成績」はあなたのFX取引に全く関係ありません。

まして「匿名掲示板への書き込み」をするようだと、

・他人にアドバイスして気が大きくなる
・攻撃的な性格になっていく(匿名なので)

という事もあり得ます。
ハッキリ言って、百害あって一利なしです。

2:FXにのめり込む恐れがある
「メシウマ体験談を漁る」というのは、つまり「FX取引をしていないときも、FXのことを考え続ける」という事ですよね。
そのままFXにのめり込んでしまう恐れがあります。

FXの落とし穴として「実はかなり楽しい」「ほぼ24時間できる」というものがあります。
レバレッジを効かせて大儲けすると非常にワクワクしますし、やろうと思えばいつでもトレード可能なわけです。
そして、休憩時間にメシウマ体験談を漁る……。

これではFXで利益を出す以前に、身体を壊してしまいます。
いくらFXで儲けようが、何もできなくなりますよね。

3:時間がもったいない
これは「休むな」と言っているわけではありません。
むしろ心身の健康をキープするためにもしっかり休むべきです。
しかし、「2」でお伝えしたとおり、メシウマ体験談収集で時間を潰すのは良くありません。

せっかくの休みなのですから、リフレッシュするためにFXとは全く関係のない趣味に打ち込むのがおすすめです。特にFXを本業とする方は運動不足になりがちなので、ウォーキングなどをする事を推奨します。

「FXに関わる事がしたい」というのであれば、普通に勉強や分析をしましょう。

他人のメシウマの種にならないために海外FX業者がおすすめ
あなた自身が誰かのメシウマの種にならないためには、
「国内」ではなく、海外FX業者を利用するのがおすすめです。

その理由は主にこのとおりです。

・ゼロカットシステムがある
・レバレッジ倍率が高い

では解説していきます。

1:ゼロカットシステム
ゼロカットシステムとは、「口座残高が負の数値になった際に0に戻してくれるシステム」のことです。これがあれば、「投資金額を超える借金」を背負う事はありません。
多くの大手の海外FX業者が、このシステムを設けています。

メシウマ体験談を探してみると、「この人、ゼロカットシステムがあれば大丈夫だったのに……」というものもチラホラ見つかります。

2:レバレッジ倍率が高い
国内FX業者は「最大レバレッジは25倍」と決まっています。
しかし、海外FX業者の中にはレバレッジ倍率を100倍~3,000倍にできるところが少なくありません。

「レバレッジ倍率を上げる=少ない資金でも大きなトレードができる」と言えますので、実はレバレッジ倍率が高いほうが、「無理矢理お金を作る(借金など)」という暴挙に出にくくなります。

ただ、もちろん「ハイレバレッジ取引にのめり込んで、大勝負するためにローンを組む」などの事をすれば破滅するだけなので気を付けてください。

まとめ:メシウマの種にならないように冷静なFX取引を!
FXのメシウマ体験談を紹介しました。
色々と学ぶべき部分はありますが、実は「メシウマ経験談からでないと勉強できない内容」はほぼありません。

・精神状態がおかしくなる恐れが
・FXにのめり込むかもしれない
・時間の無駄

などのデメリットしかないので、本記事を最後にして、メシウマ体験談を読むのはやめましょう!

そして海外FX業者を利用して、冷静な取引を継続していってくださいね。
一攫千金を狙うと破滅する恐れがあります。キーワードは「コツコツ」です。

おすすめの記事