MT4とMT5のどちらでFX取引をすべき?

今回はFX取引などのプラットフォームであるMT4とMT5の違いについて解説していきます。どちらを使おうか迷っている方はぜひご覧ください。

 

MT4とMT5の違い1:動作速度

これはMT5のほうが明らかに速いです。
MT5をしばらく使い続けた人がMT4に戻ると多少遅く感じるかもしれません。
(とはいえ、MT4でも取引に支障をきたすほど遅くなる事はまずありません)

そのため、MT5はMT4に比べるとメモリ量が大きいです。
ですが、近年のパソコンであればMT5でもほぼ問題なく使えるのでご安心を。
情報が古いサイトだと「MT5は高性能パソコンでないと使いにくい」などと書かれているかもしれませんが、今となってはさすがにそんな事はありません。

 

MT4とMT5の違い2:時間足の種類

MT4の時間足→9タイプ
MT5の時間足→21タイプ

 

とかなりの差があります。
特にMT5限定の「12時間足」「8時間足」などはFX取引をする上で使いやすいと思います。

また、「MT4にはあったのに、MT5でなくなっている時間足」は存在しないので、これは明確な進化だと言えます。

 

MT4とMT5の違い3:気配値ウィンドウ

それぞれの気配値ウィンドウですが、

 

MT4→ティックチャート、通貨ペアリストのみ閲覧可能
MT5→ティックチャート、通貨ペアリスト、詳細、プライスボードが閲覧可能

 

詳細でさらに「直近価格」「安値」「高値」をチェックすることができますよ。
これはFX取引を進める上でかなり役立つと思います。

 

MT4とMT5の違い4:ナビゲーターウィンドウ

ナビゲーターウィンドウとは「EA(自動売買ツール)」やインジゲーターなどを出すときに使う表示窓のことです。
MT4の場合は縦にズラッと並んでしまって慣れるまで少し大変でした。
しかし、MT5の場合はきちんと項目分けされており見やすいです。
また、自分でフォルダを作成することも可能です。

ただ、これについては単に「表示の分かりやすさ」だけの問題ですから、FX取引そのものに影響を与えることはもちろんありません。

 

MT4とMT5の違い5:EA(自動売買ツール)

MT4とMT5で使えるEA(自動売買ツール)ですが、

 

MT4→非常に多い
MT5→多いとは言えない

 

という差があります。
EAによるFX取引をしたいのであれば、MT4を利用することを強く推奨します。

ちなみに「EAの使用を許可している国内FX業者」は少ないので、国内FXをしたい方はここにこだわる必要はないかと思います。

ただ、EAのことを抜きに考えても、
海外FX業者は最大レバレッジ倍率が400倍~3,000倍程度であったり(国内FX業者は25倍まで)、
「口座残高がゼロを切った場合にゼロに回復させること」をしてくれたりするので(国内FXにはないシステムです)、海外FX業者を使うことをおすすめします。

 

MT4とMT5の違い6:カスタムインジケーター

MT4のほうがカスタムインジケーターが多いです。
ただ、MT5でもオーソドックスなインジケーターはだいたい使えますので、あまり困ることはないはずです。

 

MT4とMT5の違い7:開発側のスタンス

MT4→開発終了
MT5→開発に力を入れている

 

という差があります。
MT4の最終アップデート日は2017年ですが、最後の2年くらいは「MT5のアップデート回数」の半分くらいとなっていました。

今後もMT5のアップデートが進んでいくのではないかと思われます。

ちなみに、開発側のオフィシャルサイトからMT4をダウンロードすることができなくなっています(他の場所からダウンロードする必要がある)。

 

MT4とMT5の違い8:FX業者側の対応状況

「MT5未対応」の国内FX業者・海外FX業者が多いです。
ただ、これについてはだんだん対応業者が増えていくと予想しています。

どの程度のペースで増加していくは分かりませんが、MT4の開発が終了している以上はいずれ「MT5優勢」の時代が来ると思います。

 

結局MT4とMT5のどちらでFX取引をするべき?

これに関しては「絶対にこっち!」などと言うことはできません。
そこで「MT4がおすすめのケース」と「MT5がおすすめのケース」をまとめてみました。

 

MT4がおすすめのケース

  • 今MT4を使っている人(MT5が必須というわけではありません)
  • EA(自動売買ツール)を使いたい人
  • 非常に古いパソコンを使っている人(5~7年以上前)
  • そもそもMT5未対応の海外FX業者、国内FX業者で取引する人

 

MT5がおすすめのケース

  • これからFXを始める人
  • スキャルピング取引メインの人(細かい取引にサクサク動作が役立ちます)
  • MT5に対応している海外FX業者、国内FX業者で取引する人
  • 現状のFX取引があまりうまく行っていない人

 

「時間足が多い」など、MT5のほうがシンプルに勝っている部分もあります。
そのため、「今のFX取引に限界を感じている」「今の自分のトレードルールを改良したい」などと考えている方は、MT5を導入することで状況が変わるかもしれません。

また、言うまでもありませんがMT5非対応のFX業者のなかにも良質なところはたくさんあります。ですから、「今使っているFX業者ではMT5が使えない!MT5が使えるところに切り替えよう!」と考えるのはナンセンスです。
「MT4かMT5か」よりも、「どのFX業者を使うか」のほうが圧倒的に重要です。

 

MT4(MT5)のインストール手順

では、MT4のインストール手順を紹介していきます。

 

①ダウンロードページにアクセス

開発者のオフィシャルサイトからのダウンロードはできませんが、各FX業者(XMなど)のサイトからダウンロードすることができます。
ちなみに、基本的にその「FX業者での取引口座」を持っていなくてもダウンロードすることが可能です。

 

②WindowsかMacか選ぶ

WindowsかMacか選んでクリックしましょう。
また、「PC対応MT4」や「android対応MT4」「iPhone対応MT4」がありますが、まずは「PC対応MT4」をチョイスしてください。
スマホ対応のMT4は後に必要に応じてダウンロードすれば十分だと感じます。

 

③ダウンロード開始

「ダウンロード」を選択してください。

 

④ダウンロードしたファイルを開く

ダウンロードしたファイルを開きます。

 

⑤「実行」→「はい」を選択

「このファイルを実行しますか?」などのメッセージが出るので、「実行」をチョイスしましょう。
そして、「次のプログラムに~許可しますか?」などのメッセージが出るので、「はい」をチョイスします。

 

⑥「次へ」を選択

メッセージが出るので「次へ」をチョイスしてください。

 

⑦待機

インストールが完了すると、「キャンセル」という表示が「完了」に変わります。
「完了」になったら、それをクリックしましょう。
これでインストールは終わりです。

※MT5のインストール手順もほぼ同じですので省略します。
※MacのパソコンはWindowsに比べてセキュリティが厳重です。どこかの手順で止まってしまう場合は、セキュリティ設定などを確認してみましょう。

 

まとめ:MT4とMT5。使いたいほうを使いましょう!

ここまでMT4とMT5の違いや、MT4(MT5)のインストール手順を紹介しました。

 

  • MT5のほうが基本的に高性能(動作性など)
  • 今のパソコンならMT5も問題なく使える(『ハイスペックでないとダメ』は数年前までの話です)
  • EAを使うならMT4がおすすめ
  • MT5に対応していないFX業者が少なくない
  • 開発側はほぼ完全に「MT5開発」に切り替えている

 

といったところです。

MT5が使える状況にあるのであれば、一度は試してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、「MT5に対応しているかどうか」だけで使う海外FX業者を決めるのはおすすめしません。「あ、MT5に対応している!ラッキー!」くらいに考えていても問題ありません。

おすすめの記事