FXの魅力でレバレッジがあります。
レバレッジは、国内FXであれば最大25倍、海外FXであれば400~1,000倍超の大きなレバレッジをかけることも出来て、ハイレバレッジのトレードは一攫千金の取引ができて魅力的ですよね。

しかし実際のところ、利益を出しているFXトレーダーは、レバレッジ1倍(なし) など、意外と低いレバレッジを使っている事をご存知でしょうか?
多くのFXトレーダーがハイレバレッジで手っ取り早く利益を求めてしまいますが、それとは逆にレバレッジを掛けないという方法もあるんですよ!

今回はレバレッジなしFXのメリットデメリットについてまとめました。
またレバレッジなしは外貨預金とはどう違うの?という疑問に、レバレッジなしの基本ポイントから抑えてご紹介します。

レバレッジなしとは?
レバレッジなしのFXはどのようなトレードになるのでしょうか?
そもそもレバレッジとは、元ある証拠金にレバレッジをかける事で、本来ある金額より何倍もの取引が出来る制度です。
国内FXを例に表すと、25倍のレバレッジを掛けられるFXなら100万円の証拠金(入金高)で2,500万円(100万円×25倍)もの大きなお金でトレードが可能になります。
この証拠金と取引高のギャップ(差)というのが、FX最大の魅力であるレバレッジです。

つまり、レバレッジなしになると100万円の証拠金に対し、レバレッジなしなので1倍となり、そのままの金額である100万円の取引をするということになります(レバレッジなし=レバレッジ1倍)。

持っている金額でそのままトレードするなら、外貨預金とは違うの?と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。
では、外貨預金とレバレッジなしのトレードとの違いはどんなことがあるのでしょうか?

外貨預金との違い
そもそも外貨預金とは、日本円ではなく外国の通貨で預金をする事を指します。
日本と外国では金利が違い、外国の通貨の方が円よりも金利が高い傾向にあるために、もちろん金利が高いほうが、もらえる利息が多くなる預金です。
また外貨預金はもらえる利息だけでなく、預入時と払戻時の「為替レート」=「円と外貨の両替の価格」により入金時と出金時の差により儲けることができます。

FXのレバレッジなしということは自己資金をそのまま運用することになるので、「FXではなく外貨預金でもいいのでは?」と思った人も多いのではないでしょうか?
FXと外貨預金は様々な点で違います。

同じ外貨を扱うFXと外貨預金でも、手数料や金利などにそれぞれ大きな違いがあります。
そのため、それらの違いを知らないまま、ただ何となく外貨預金を選択していると損をしてしまうかもしれません。

ではFXと外貨預金の違いをまとめました。

手数料が安い
空売りが可能
預金保護がある
金利が高い

FXは様々な利点があるのですね。
ではレバレッジなしのトレードに関するメリットとデメリットはあるのでしょうか?

レバレッジなしのメリットデメリット

レバレッジなしのメリット

ロスカットなし
ロスカットとは、レバレッジをつけたトレードにて、証拠金以上の損失が発生しないようにするために行われる強制決済のことを指します。

しかし、レバレッジなしの取引の場合は、自己資金(証拠金)以上の損失が発生することがないためロスカットは行われません。
そのため、一時的に値段が下がったりしてしまっても、また得が出るまで気長に回復するまで待つことができるので安心です。

長期運用可能
上記に記載しましたように、ロスカットが行われないのでゆっくりと取引をする事が可能です。
為替差益を狙ったデイトレードなどの取引方法のほか、スワップポイントという金利差を狙った取引方法がおすすめトレード方法になります。
スワップポイントを狙った取引は、長期的に運用するのが前提であるため為替変動によるリスクを抑えてくれます。

証拠金がゼロにはならない
レバレッジなしでは、元本が0になるということは外貨の価値が0になることを意味するため絶対に証拠金はゼロになりません。
また、元本割れの可能性はありますが、0になるリスクがないため安心して取引を行うことができるでしょう。

レバレッジなしのデメリット

すぐに大きく儲けられない
小さな証拠金しかない場合はコツコツと利益を積み上げていく必要があります。
例えばハイレバレッジの取引なら、1万円しか証拠金がなくてもレバレッジ1,000倍なら一気に儲けることができます。
そのようなポイントを考えると、レバレッジを利用するほうが手っ取り早く儲けられますよね。

以上のことからゆっくりとトレードしたい初心者の方や、副業の方にはトレードしやすい方法だと分かりました。

レバレッジなしの取引は海外FXがおすすめ
レバレッジなしの取引を選択した場合には、資金効率が悪くなるなどのデメリット生まれる一方で、ロスカットと呼ばれる強制決済を行われずに済むほか、元本が0にならないなどのメリットがあるところはとても魅力ですよね。

しかしFXのレバレッジなしは、外貨預金に似ていますが、FXの方が取引を行う際の条件に優れています。

このようなレバレッジなしの魅力の、たまにはレバレッジありの取引を楽しみたいという人には、ぜひ海外FXをおすすめします!
海外FXはレバレッジなしのトレードもハイレバレッジのトレードも自由自在に設定できて取引が可能です。

海外FXレバレッジなしの取引ポイント
利用通貨は南アフリカランド/円、メキシコペソ/円、トルコリラ/円などを利用
買い注文を入れて数か月から数年で利益が出たら決済をする(長期保有)

エントリーポイントが勝利へのキーポイントになり、通貨をいくらで買うのか?が大切な点です。
初心者さんにおすすめしたい簡単なポイントは、過去1年のチャートの中で最安値になるべく近い価格帯で、買い注文をレバレッジなしで入れるだけをおすすめします。
あとは利益が出るまで放置をして損失が出る可能性がありますが、過去1年の最安値より通貨の価格が高くならないことはほとんどないのでそこまで心配することはありません。

まとめ
ハイレバレッジの取引もFXの面白さですが、レバレッジなしでもコツコツと安全に儲けられることがわかりました。
とくにおすすめしたいのが、レバレッジなしで長期保有をする方法は初心者がうまく儲けられるポイントになります。
そして、エントリーポイントを過去1年間の最安値が出た時点ですかさず、エントリーする事でほぼ間違いなしに儲けられるでしょう!
ぜひレバレッジなしのFXトレードでコツコツと利益を上げていきましょう!

おすすめの記事