元手がいくらあればFX取引ができる?実は0円でもOK

元手がいくらあればFX取引ができる?実は0円でもOK

FXに興味がある方の多くが「いくら元手を準備すればいいのか」と感じているはずです。
ここでは、そんな「FXの元手」について解説していきます。

 

結論:FXの元手は0円でも大丈夫です

なぜ、元手が0円でもFX取引ができるのでしょうか?
それとも、FX業者にお金を借りるのでしょうか?

いいえ違います。
FX業者のなかには「新規登録ボーナス」を用意しているところがあり、それを利用すれば自分で元手を準備する必要がないのです。

元手ナシでFXをスタートするのに向いているFX業者は以下の3つです。

 

  1. ゲムフォレックス(GEMFOREX)
  2. is6com
  3. エックスエム(XM)

 

では、それぞれを見ていきましょう。

 

①ゲムフォレックス

ゲムフォレックスの新規登録ボーナスはマックス3万円です。
「どうして3万円も……」と不安になるかもしれませんが、それは単純に「ユーザーを増やすため」だと思います。
もしもゲムフォレックスを気に入ることができなければ、「3万円消費したら後は放置」ということも可能です。

 

金融ライセンス

ニュージーランド金融ライセンスを2019年に獲得しています。これにより信頼感がアップして、さらに新規登録者が多くなったそうです。

 

レバレッジ倍率が高い

最大1,000倍のレバレッジで取引できます。例えば3万円の資金があれば、3,000万円分のFX取引ができるということです。

 

②is6com

is6comの新規登録ボーナスは1万円となっています。
ゲムフォレックスよりは少ないですが、かなり魅力的です。

 

入金ボーナス(200パーセント)

例えば10万円入金すれば、その200パーセントにあたる20万円のボーナスが獲得できます。入金ボーナスを100パーセント以下に設定しているFX業者が多いなか、かなり豪華です。

 

レバレッジ倍率が高い

ゲムフォレックスと同じく1,000倍です。

 

③XM

XMの新規登録ボーナスは3,000円です。
is6comよりもさらに少ないですが、レバレッジを効かせるのであれば十分かと思います。

 

日本人利用者数第1位(海外FX業者において)

「とりあえず使っている人が多い海外FX業者を……」という人におすすめです。

入金ボーナス100パーセント

レバレッジ888倍

他2業者よりはやや低いですが、それでも業界最高水準です。

※新規登録キャンペーンなどを行っていない時期もあるかもしれません。開催中に登録して、確実にボーナスをゲットすることをおすすめします。

 

ボーナス抜きで考えるなら元手はいくら必要?

ただ、「ボーナスだけでは不安」「ボーナスだけじゃ足りないのでは」と感じる人もいるかと思います。
そこでここからは、「ボーナスがないものとすると、元手がいくらいるのか」について解説していきます。

 

取引するだけなら0.5~1万円で十分です

先ほど紹介した海外FX業者などは特にレバレッジ倍率が高いため、元手は0.5~1万円ほどあればOKです。
ただし、これだけではさすがに「慣れていない段階で、いきなり連敗」などすると、あっさり元手が消えてしまいます。

ですが、「毎日のジュースをちょっと我慢して数千円用意して、毎月ちょっとずつFX取引をする」というスタイルもありかと思います。

 

余裕を持ってFX取引するなら5~10万円

ある程度のゆとりを持ってFXトレードをしたいのであれば、5~10万円くらいの元手を用意しましょう。

そして、

 

  • 買いすぎない(資金が底をつかないように)
  • レバレッジ倍率を高くする(取引金額を大きくする)
  • きちんと損切りをする(いくら元手があっても重要ですが)

 

などの事を心掛けてください。
「損切りはしたくない……」などと変にこだわってしまうと、資金があっという間に消えてしまってもおかしくありません。
また、「もっと稼げる!」などと欲張らずに、自分で決めたラインで利確をすることも大事です。

 

専業FXトレーダーなら元手は1,000~2,000万円くらいが目安

専業FXトレーダー、つまり「他の仕事を持たない(他に収入源がない)トレーダー」の場合は、元手は最低でも1,000~2,000万円ほど準備したいところです。

FXの上級者であれば、月間利益率は10~15パーセントほどになります。
1,000万円を元手とするのであれば、月間100~150万円ほどの利益が出ます。

「月収なんて30万円くらいで大丈夫」と感じるかもしれませんが、専業FXトレーダーには、

 

  • 社会的信用が低い(ほぼ無職のため)
  • ローンが組めない可能性がある
  • 福利厚生がない
  • 一般職と比べると収入が安定しない

 

などのリスクがあるため、少なくとも月収50万円、できれば100万円を目安としましょう。

 

Q:結局元手はいくらあると安心?→A:いくらでも!

ここまで金額別に解説してきましたが、もちろん元手が多ければ多いに越したことはありません。

極端な例ですが、
「10万円の利益」を目指すとして、

 

  • 元手1万円→利益率1,000パーセントが必須
  • 元手1,000万円→利益率1パーセントでOK

 

となります。
「低い利益率でいい」のであれば、リスクを背負う必要がなくなります。
逆に「何とか劇的に儲けたい」のであれば、高いリスクに立ち向かうことが避けられません。

もちろん無理をする必要はありませんが、できるだけ元手を多めに用意してからFX取引にチャレンジすることをおすすめします。

 

補足:レバレッジ倍率はいくらでも高くしてOK

先ほどの解説で「無理にレバレッジ倍率を上げたら、大きな借金を背負うかもしれない。だから少額資金で大きな取引をするのは無謀だ」
と感じたかもしれません。

ですが、海外FX業者のなかには「ゼロカットシステム」を設けているところが多いです。

 

ゼロカットシステム:口座残高が0未満にならない仕組み

 

口座残高が0を切ってしまったら、業者側が0にまで戻してくれます。
つまり、借金を背負う事はありえないのです。
それは、レバレッジ倍率を1,000倍にしようが3,000倍にしようが一緒です。

ただし、ハイレバレッジ取引には以下の注意点があります。

 

  1. 自己資金は当然消える可能性がある
  2. 依存しないとは言い切れない

 

①自己資金は消えるかもしれません

ゼロカットシステムはあくまで、「残高を0に戻すシステム」です。
ですから、例えば「自己資金を1,000万円突っ込んだ」のであれば、その1,000万円が丸々消える可能性はあります。

したがって、「どうせ勝てるから借金をする」などの考え方は最悪だと言えますね。

 

②依存しないとは言い切れない

元手1万円でレバレッジ1,000倍にして、1,000万円分の取引をする。
これは、他の事ではなかなか味わえない「楽しさ」「興奮」です。
たとえ負けたとしても、楽しく感じる人が多いくらいです。

そのため、知らず知らずのうちに「FX依存」になる人が少なくありません。
FX取引はほぼ24時間できますので、最終的には「1日中FXをして、気絶して、また1日中FXをして~」という事になりかねません。

心配な方は、「FXは1日○時間」「○時~○時までFXをする」などと決めておくことをおすすめします。

 

まとめ:FXの元手は0~10万円!できればいくらでも!

FXの元手に関しては、

 

  • 0円でもOK(新規登録ボーナスがあるため)
  • ただ取引したいだけなら0.5~1万円
  • 余裕を持ちたいなら5~10万円
  • 専業になるなら1,000~2,000万円

 

といったところです。

そのため現実的には「5~10万円」用意したいところですが、
海外FX業者であればボーナスが獲得できるので、「自分で準備するお金」はもっと少なくて済みます。

おすすめの記事