ここでは国内FX・海外FXで行えるスキャルピングトレードについて解説していきます。

 

スキャルピングトレードとは?

数秒~数分で完結するトレード形式のことをスキャルピングトレードと言います。
初心者にとっては難しい側面もありますが、知識だけは持っておくべきだと感じます。

 

FXのスキャルピングトレードの主な利点

では、FXのスキャルピングトレードの主な利点を紹介していきます。

 

  1. リスクが低い
  2. FXトレードの経験値を積みやすい
  3. ある意味気楽

 

それでは解説していきます。

 

①リスクが低い

スキャルピングトレードではすぐにポジションを手放しますから、ロスカットが発生することがまずありません。
また、日をまたがずに購入・売却をするデイトレードにも同じことが言えますが、スワップポイントなどを気にする必要もありません。

 

②FXトレードの経験値を積みやすい

案外大きいのが「どんどんスキャルピングトレードをするので、FXの腕が上達しやすい」というメリットです。

いきなり長期トレードをすると、「方法論自体は知っていても、なかなか活かせない(活かす機会がない)」という事になりやすいですが、スキャルピングトレードであればその心配はありません。

 

③ある意味気楽

「そんな慌ただしいFXトレードはしたくない」と感じるかもしれませんが、「すぐに損益が出るから精神的に楽」と思っている人も少なくありません。

「いや、それでも自分にスキャルピングトレードは向いていない」と思うかもしれませんが、やってみないと分かりません。FXという特殊なフィールドですから未知数です。

デイトレードについても「その日のうちに完結するから気楽」と語る人が少なくありません。
ですが、スキャルピングトレードであればもっと気楽かもしれません。
例えば、「何となく疲れているし、今日は30分で終わりにする」などの事もスキャルピングトレードであれば可能です。

 

スキャルピングトレードの主な欠点

続いてスキャルピングトレードの主な欠点を紹介します。

 

  1. ポジションを無駄に買い過ぎる人が多い
  2. 気楽に感じない人も当然います
  3. スキャルピングトレードができないFX業者もある

 

①ポジションを無駄に買い過ぎる人が多い

特にビギナーの方がスキャルピングトレードをすると、「いつ決済すればいいんだろう……」と混乱してしまって、ポジションを無駄に買ってしまう可能性が高いです。
(この現象を「ポジポジ病」と呼びます。スキャルピングトレードでなくても発生しがちです)

短期決戦ですから、何となく「感覚で乗り切るのかな……?」と感じるかもしれませんが、そんな事はありません。
きちんと裏付けのあるトレードをして着実に利益を積み重ねていく必要がありますし、スキャルピングトレード以外のトレード形式と同様に、損切りも欠かせません。

 

②気楽に感じない人も当然います

スキャルピングトレードは取引のペースが速いですから「連敗する時期」が頻繁に訪れます。
そういった状況になると「追い込まれた!取り返さなくては!」という心境になって、必死に売ったり買ったりしてしまう恐れがあります。
逆に「ものすごく勝ってる!」という事で油断する場合もあるかもしれません。

きちんとトレードルールを作った上でスキャルピングトレードを行っている人でさえ、感情に支配される場合があるので気を付けてください。

 

③スキャルピングトレードができないFX業者もある

そもそもスキャルピングトレードを禁じているFX業者もあるので注意しましょう。
国内FX業者に関しては特にそれが当てはまります。

ですが、海外FX業者についてはスキャルピングトレードOKのところが多いです。

また、

 

国内FX:最大レバレッジ25倍
海外FX:最大レバレッジ数百~数千倍

 

という差があるので、そういった点でも海外FXがおすすめです。
「一回一回の取引の利益が少額」というのがスキャルピングトレードの性質ですが、レバレッジ倍率を上げればそれをカバーできます。

 

FXのスキャルピングトレードのポイントは?

スキャルピングトレードで利益を出すための主なポイントは以下のとおりです。

 

  1. 1分足欲張らない
  2. テクニカル分析をする
  3. 午後9時以降がおすすめ
  4. どの通貨ペアがいい?
  5. レバレッジを使って資金の減少を抑える
  6. 環境を整える

 

①1分足

「1分足チャート」をメインとして使っていくことになります。
すぐに購入・売却しますからね。
あとは、もっと長い時間足も見ながら「相場全体はどう動いているのか」を把握することも大事です。

 

②欲張らない

スキャルピングトレードですが、含み益が1~10pips(1銭~10銭)に達したら利確するのがおすすめです。慣れないうちは1~5pipsでもいいくらいです。
欲張って利確(損切りも)を遅らせると酷い結果になるかもしれないので気を付けてください。

 

③テクニカル分析をする

最低でも

 

  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • 移動平均線

 

を使ってテクニカル分析ができるようになりましょう。

また、スキャルピングトレードだけをするのであれば、ファンダメンタルズ分析は基本的に不要です。

 

④午後9時以降がおすすめ

早朝でも深夜でもFXのスキャルピングトレードはできますが、特におすすめなのは午後9時以降のタイミングです。この時間帯はNY市場とロンドン市場が開くので、相場が変動しやすいんですよね。

ただ、絶対のこの時間帯でないとダメという事はありません。
「スキャルピングトレードで安定して稼げるようになってきたら、午後9時から取引する生活リズムに変える事を検討する」などでも構いません。

 

⑤どの通貨ペアがいい?

スキャルピングトレードに限らずFXビギナーの方には「円ドル」を推奨します。
流動性も十分ありますし、各種情報も得やすいからです。
次点としては「ユーロドル」をおすすめしますが、とりあえず一つの通貨ペアに絞ったほうが無難だと思います。

 

⑥レバレッジを使って資金の減少を抑える

海外FX業者を使ってレバレッジ倍率を上げれば、「少ない資金で、大きな取引」ができるのでおすすめです。資金が減少しにくくなりますよ。

これは当然スキャルピングトレード以外のトレード形式においても言えることですので、やはり国内FX業者ではなく海外FX業者を使うことを推奨します。

 

⑦環境を整える

数秒の勝負になりますから、古いパソコン(2015年以前くらい)を使っているのであれば買い替えることをおすすめします。
また、ネット回線は有線にしておく事を推奨します(スキャルピングトレード以外であれば無線でも構いません)。

ですが、これくらいでとりあえず大丈夫です。
焦って色々揃えすぎないようにしましょう。

例えば、「マルチディスプレイ環境(複数のモニターを使える環境)」を作るに越したことはありません。しかし、お金がかかりますので、「スキャルピングトレードを始めてみて必要性を感じたら」でOKです。

 

まとめ:スキャルピングトレードに挑戦する価値はある

FXのスキャルピングトレードについて解説しました。

 

  • 数秒~数分で完結するFXトレード
  • 精神的に楽に感じる場合もあれば、その逆もある
  • テクニカル分析が必須
  • 細かく利益を積み重ねる
  • スキャルピングトレードができる海外FX業者を使う

 

などのポイントがあります。

「初心者向け」とは言えないトレード形式ですが、挑戦する価値は十分あると思います。

おすすめの記事