FXでシストレを利用するメリットやデメリット

近年トレード時間や労力削減のため、システムトレードの利用を考える人が増えています。

システムトレードでは、機械的なトレードを継続的に行うことができます。人間のやることはルールを定めるだけです。あとは自動的にパソコンが取引を行ってくれます。

今回はFXのシステムトレードについて、詳しく解説していきます。この記事を読めば、これからシストレを開始する人が知っておきたい知識が身につくはずです。

 

システムトレードとは?

システムトレードとは自動売買取引のことです。例えば、「為替レートが前日の高値を上回ったら買う」というルールに基づいて取引していたとしましょう。

通常のトレードでは、エントリーしたり決済したりするのは人間です。FXの取引ツールを開いて、注文ボタンをクリックすることでしょう。

システムトレードとは、本来なら人間が行うルールに基づいた取引を自動化したものです。分かりやすく表すと以下の式のようになります。

 

システムトレード=売買ルール+自動トレード

 

システムトレードのメリットは?

システムトレードのメリットは以下の通りです。自動化することでのメリットというのは非常に大きなものと言えるでしょう。

 

メリット
  • 本来なら取引に使用していた時間を有効活用できる
  • 感情面が原因でトレードが乱れることがない
  • 市場がオープンしている時間帯すべてがチャンスになる
  • 複数の通貨ペアを運用しやすい

 

仕事が忙しくて取引する時間がない方、裁量トレードで上手くいかない方、すぐに感情的になってしまう方はシステムトレードを試してみる価値は大いにあるでしょう。

また裁量トレードでは高い技術が必要になる複数の通貨ペアのトレードも、システムトレードでは難なく行うことができます。複数の通貨ペア、複数のシステムを利用すれば、リスク軽減にもつながるでしょう。

 

システムトレードのデメリットは?

一方でデメリットは利益を伸ばしにくいという点にあります。利益確定決済の設定も事前に行われているため、相場の急変に合わせて臨機応変に対応することが難しくなります。

 

デメリット
  • 大きな相場で利益を伸ばしにくい
  • ルールの設定が難しい

 

さらに、ルールを設定することや戦略を選ぶことは意外に難しいものです。結局のところ、裁量トレードと同じように相場を予測する力や経験が大切になります。

 

シストレの種類

一口にシステムトレードと言っても、大きく3つに分類されます。

 

リピート注文型

リピート注文型の特徴は設定が簡単なことです。設定を行うのは値幅だけで、あとはシステムが自動で売買を行ってくれます。

レンジ相場で威力を発揮し、相場との相性が良ければ利益を繰り返し積み重ねていくことができます。

 

ストラテジー選択型

選択型では、あらかじめ用意されたストラテジーの中から自分好みのものを選びます。難しい知識は一切要りません。

すでに用意された優秀なプログラムを見て、勝てそうなものを選ぶだけです。ただし、相場に合わせて選ぶセンスは問われるので、簡単に勝てるというわけではありません。

 

ストラテジー開発型

開発型では自由自在に自分のストラテジーを設定することができます。

ただし、開発型は自分で自動売買プログラムを組まなくてはいけません。自動売買のプログラムは自分自身で組む必要があり、難易度は非常に高いと言えるでしょう。

 

シストレを始めるときに知っておきたいポイント

次にシストレを始めるとき、重要になるポイントを押さえておきましょう。

 

取引に必要な資金は?

前もっておおよその取引量を決めておく必要があります。取引量が決まれば、口座に入れる資金を用意します。

裁量トレードと同じように、システムトレードでもレバレッジをかけることはできますが、取引量に対する資金額は極端に小さくならないようにしましょう。

国内FX業者でも最大25倍のレバレッジをかけることができますが、10倍くらいのレバレッジになるように資金を用意するのがおススメです。

レバレッジ10倍ということで、300万円を取引するのであれば、最低でも30万円は口座に入金しておきたいものです。

 

スプレッドや売買手数料をチェックしよう

システムトレードでは、FX会社などが用意するプログラムを利用するため、取引する際に発生するコストが裁量トレードに比べると高くなりがちです。

 

取引コスト=スプレッド+売買手数料

 

取引コストはスプレッドの幅と売買手数料で決まるので、両方合わせてチェックしておくことが大切です。

特にリピート型では取引回数が多くなりがちです。わずかに思える金額でも、積み重なると非常に金額が大きくなるので要注意です。

 

海外FXという選択肢もおすすめ

システムトレードを行うなら海外FX業者を利用するという手もあります。海外FXのシストレを利用する大きなメリットにMT4を使うことが挙げられます。

世界的にMT4は裁量トレード、システムトレードともに圧倒的なシェアを誇っており、非常に高性能な分析ツールや取引ツールを利用することができます。

そのほか、海外FXのシストレを利用するメリットを紹介していきます。

 

ゼロカットシステムが採用

国内FX業者にはないメリットが海外FXではゼロカットシステムが採用されているという点です。

特に取引回数が多くなるシステムトレードでは、相場の急変に直面して追証が発生してしまうリスクが高くなります。

そんなときに、追証を帳消しにしてくれるゼロカットシステムは非常に心強い存在と言えるでしょう。

 

ハイレバレッジ取引が可能

FXに欠かせないレバレッジは国内FXの場合、最大25倍に規制されています。一方で海外FXの場合は数1,00倍というレバレッジは当たり前で、最大で1,000倍までレバレッジの設定を行うことができます。

ハイレバレッジと聞くとハイリスクであることをイメージされるかも知れませんが、同じロット数をより少ない証拠金でトレードすることが可能になります。強制ロスカットの確率を下げることもでき、資金管理もしやすくなるでしょう。

 

最先端のシステムトレードが使える

海外FX業者では、最先端のシステムトレードを使用することができます。中でも最近話題になっているのがソーシャルトレードです。

これはSNSのフォローと同じように、トレーダーをコピーすることで同じトレードを行うことができるシステムです。

ソーシャルトレードを利用できる海外FX会社をピックアップしてみました。

  • FBS
  • Traderstrust
  • HotForex
  • youtradeFX
  • LAND-FX
  • FxPro

 

まとめや注意点

今回はFXのシストレについて紹介しました。シストレは裁量トレードにないメリットがあります。裁量トレードでどうしても勝てないときは、システムトレードに挑戦してみるとよいでしょう。

また、自分のライフスタイルや資金、性格などを分析して、シストレへの参加や種類の選択を行う必要があります。

ただし、損益の設定やストラテジー選択といったことは人間が行わなければなりません。あまりにもシストレに頼りすぎるのは考え物です。常日頃から相場の流れやトレード中のシステムの損益を、なるべくこまめにチェックしておくことが大切です。

裁量トレードでもシステムトレードでも、損益のカギを握るのは人間の判断であるということを頭に入れておきましょう。

おすすめの記事