FXや株のトレーダーを目指す方であれば、誰でも気になる年収のお話をしていきます。
「劇的に稼げる夢の職業」と感じている人もいるかもしれませんが、実際にはどうなのでしょうか。

トレーダー全体の年収について
もちろん全トレーダーが年収を公開しているわけではないのであくまで推測ですが、トレーダーの年収の平均は600万~700万円であると言われています。
そして、FXトレーダーに比べると、株トレーダーや証券トレーダーの平均年収はやや高いと見られています。

ただし、「平均」について考える事にあまり意味はありません。
なぜなら、トレーダー界には年収1億円を超える人が数千人以上いるからです。
そういった層が平均を押し上げています。

現実には、例えばFXであれば「1年通じてトレードをして、プラスになっている人」の割合は30%台だと言われています。

つまり、「何も考えずにトレードして勝てるほど甘くはない」という事ですね。

ですが、逆に言えばFXについてきちんと勉強していれば、「稼ぐ」ことは十分可能です。
もちろん、あなた自身が億トレーダーになることもできます!

個人トレーダーになるのが現実的です
一口にトレーダーと言っても、

・個人トレーダー
・企業に在籍するトレーダー

の2種類があります。

個人トレーダーは文字通り、自分だけで取引をするトレーダーです。
取引口座さえ作ることができれば、特別な資格や肩書きなどがなくても、その日から個人トレーダーになることが可能です。

一方、企業に在籍するトレーダーになりたいのであれば、
まず証券企業や投資銀行などで働き、そこで「取引部門」に入る必要があります。
そういった企業はいわゆる「エリート」でないと門前払いされる可能性が高いため、ほとんどの方にとって現実的ではありません。

ですから、今からトレーダーを目指すのであれば個人トレーダーになるのがおすすめです。

「企業在籍トレーダーのほうが安定するのでは?」と感じるかもしれません。
確かにそういった側面もありますし、個人トレーダーに比べれば社会的信用も圧倒的に高いです。
ですが、基本的に「成果主義」ですから、結果を残せなければ悲惨な事になるかもしれません。

その点、個人トレーダーであれば気楽です。
特に「兼業トレーダー(別に本職があるトレーダー)」の場合は、もっと穏やかにトレードができるはずです。

年収を高くしやすいのは株トレーダーとFXトレーダーのどちら?
「個人トレーダーになる」と考えたとき、多くの日本人の頭に浮かぶのは

・株トレーダー
・FXトレーダー

の2種類だと思います。

そして、「年収を高くしたい」という観点で言えば、FXトレーダーになるのがおすすめです。

その主な理由は以下のとおりです。

・最大レバレッジ倍率が全く違う
・取引可能時間が違う
・FXトレードなら倒産のリスクがない
・取引料金が安い
・投資対象が少ない
・FXのほうが情報収集が楽

1:最大レバレッジ倍率が全く違う
FXのレバレッジ倍率は、海外業者を利用すれば数百倍~3,000倍ほどにする事ができます。
一方、株トレードの場合は、最大でおよそ3.3倍までとなっています。

資金が1万円あるとすれば、

株:約3.3万円
FX:数百万~1千万円ほど

の取引ができるという事です。
ですから、FX取引のほうがトレーダーにとって圧倒的に時間効率が良いです。

2:取引可能時間が違う
「取引できる時間」ですが、基本的に

株取引:平日9~11時半、平日12時半~平日15時
FX取引:平日の24時間

となっています。

株取引についても、条件次第ではこれ以外の時間にも注文できます。
ただ、その場合は「次の日の注文」とみなされる事になります。

ですから、例えば「日中フルタイムで働いている人」などは、「株トレーダーを副業にして年収をアップさせたい」という目標を叶えるのはなかなか困難です。

しかし、FX取引の場合は「いつでも世界のどこかでトレードがある」ため、ほぼいつでもトレードすることが可能です。
ですから、昼間働いている人でも無理なくFXで年収を上げることができます。
また、特に「22時~26時」はNY市場がオープンしてチャート変動が大きくなるので、稼ぎやすいタイミングだと言えます。

3:FXトレードなら倒産のリスクがない
株式投資では「一企業が発行している株」を購入することになります。
ですから、その企業が万が一倒産すれば株を持っている意味が消えてしまいます。
また、「その企業が何らかの問題を起こして、株価が急落する」という可能性もあります。
確率としては低いですが、FXトレーダーの頭を悩ませていることは確かです。

一方、FXトレードの場合、投資対象は「国の通貨」です。
ですから、価値がゼロになる確率は限りなくゼロに近いです。

4:取引料金が安い
FXにおける取引料金のことを「スプレッド」と言います。
このスプレッドですが、安いところでは「アメリカ$/円で0.3銭以下」としているところもあります。この場合、10万通貨のトレードをしても手数料は300円以下となります。

一方、株の場合は「勝った株のトータル金額」に応じて手数料が高くなります。
通常の規模の取引であれば、数百円~数千円となるはずです。

そもそもの投資形式が違うので単純に比較するのは難しいですが、FXトレードの方が手数料が低いことは明らかです。

5:投資対象が少ない
FXでは「通貨の組み合わせ」を選んで投資する事になりますが、実は数十~数百種類程度しかありません。
中でも「メジャーな組み合わせ」に絞れば、20~30種類くらいとなります(どこからをメジャーとするかにもよりますが)。

「そんなに少ないと稼ぎにくいのでは?」と感じるかもしれませんが、実際には「初心者FXトレーダーはとりあえずアメリカ$/円にしておこう」などと言われているくらいであり、「選択肢の少なさ」はむしろメリットでしかありません。

一方、株式投資の場合は、東証に限って考えても3,500種類以上の投資対象(銘柄)が存在します。ですから、ビギナートレーダーにとってはまず「選ぶこと」が非常に大変です。
一応「初心者向けの銘柄」もあるのかもしれませんが、それも見解が分かれそうです。

6:FXの方が情報収集が楽
FXの場合は、基本的に各国の経済指標、政策金利、情勢などを調べればいいので、情報を集めるのが案外楽です。インターネット環境があれば十分です。

ですが、株の場合は「各企業の経営状態」など、マニアックな情報もチェックする必要があるので情報集めの難易度が高いです。
こだわるのであれば「四季報」なども確認する必要があります。

まとめ:FXトレーダーになって高年収を目指しましょう
トレーダーの年収はまさに「ピンからキリまで」といったところであり、「トレードによる年収に限ればマイナス」という人もいれば、年収1億円を超えている人もいます。
ですが、きちんと勉強し、適切な方法でトレードをすればあなたも年収1億円以上を目指せます。

おすすめはFXトレーダーです。
株トレーダーという選択肢もありますが、

FX取引には

・ハイレバレッジ
・取引時間が長い
・手数料が低い
・選択肢が少ないからかえってやりやすい
・情報が集めやすい

などのメリットがあるので、FXトレーダーのほうが年収を高くしやすいです。
しかも、取引時間も長いので、「FXを副業にして、年収をちょっと上げたい」という人にも向いています。

おすすめの記事