両建て取引はFXで人気の手法として知られています。この記事では、これからFXを始める人や始めたばかりの人でも分かりやすいように、両建てについての基礎知識やメリット・デメリットを紹介していきます。

両建てとは?
そもそも両建てとは何なのでしょうか?両建トレードの意味は次の通りです。

同じ通貨ペアの「売り」と「買い」のポジションを同時に持つこと。

これが両建ての意味です。両建てを行った場合、買いポジションと売りポジションの取引量が同じであれば、レートがどちらに動いてもプラスマイナスがゼロになります。

プラスマイナスがゼロになると聞くと、両建てをする意味がないように感じられるかも知れません。しかし、取引するタイミングによっては、かなり威力を発揮する手法でもあります。

FXで両建てを行うメリット
次に両建てすることのメリットを紹介していきます。

うねり取りが可能になる
両建てを行うメリットの一つは、長期的なトレンドの中で順張りと逆張りを同時に行えるということです。

例えば、上昇トレンドのときに買いポジションを持っているとします。上昇トレンドの最中には、ところどころで調整が入り、一時的に下落するポイントが発生します。

そこで、買いのポジションは持ち続けたまま、下落するポイントを狙って売りでエントリーすれば、長期的な上昇トレンドの利益に加えて、短期的な下落の利益も得られるというわけです。こうした取引はうねり取りと呼ばれます。

利益を固定して相場の様子見ができる
両建てを行うもう一つのメリットに、利益を固定することができることがあります。仮に予想が当たって順調に利益が出ていたとしましょう。

しかし、テクニカル分析などから、「そろそろ調整が入るかも知れない・・でもまだトレンドが続くかもしれない・・」という微妙な局面に突入したとします。

決済するともったいないし、ポジションを持ち続けるのも怖い。そんな時に効果を発揮するのが両建て取引です。トレンドの最中に、保有ポジションとは反対のポジションを持つことで、利益を固定することができます。

例えば、上昇トレンドのときに買いポジションを持っていたとします。順調に含み益が増えたところで、新たに売りポジションを保有します。

仮に下落したとしても、売りポジションがあるため、買いのポジションの含み益が減ることはありません。

さらにそのまま上昇が続きそうな場合、途中で売りポジションを決済してしまえば、さらに含み益を伸ばすことができます。

このように、含み益を固定したまま、相場を見守ることができるのが両建てを行うメリットと言えます。

FXで両建てを行うデメリット
次に両建てを行うデメリットはどんなことがあるのか見ていきましょう。

スプレッドや取引手数料が2倍になる
両方のポジションを持つということで、通常のトレードに比べるとスプレッドが2倍かかります。また取引手数料のかかる海外FX業者では、取引手数料は2倍になってしまいます。

両建てを行う際は、このデメリットを上回るメリットがあるのか慎重に判断する必要があるでしょう。

また、両建てを行うのであれば極端にスプレッドの広いFX業者は避けるようにしましょう。スプレッドの広さや取引手数料は、損益に直結してくるので、FX業者選びは慎重に行う必要があります。

両建てを禁止しているFX業者もある
両建てを禁止しているFX}業者もあるので要注意です。両建て行為すべてを禁止している場合、FX業者間の両建てを禁止している場合、同一FX業者内にて口座間の両建てを禁止している場合など、FX業者によって様々です。

禁止されている手法で両建てを行ってしまった場合、口座凍結や出金拒否などのペナルティが発生することもあるので要注意です。両建てを検討する場合、必ず公式サイトの利用規約をチェックするようにしましょう。

両建てを行うテクニックは?
ここからは、両建て取引について、実践的なテクニックを紹介していきます。ポイントを押さえておけば、効果を発揮してくれるでしょう。

指標発表前に両建てエントリー
ひとつ目は指標発表前に買いと売り、両方から同時にエントリーを行うトレード手法です。指標発表直後にどちらか一方のポジションはロスカットを行い、もう一方のポジションは持ち続けたまま、利益を伸ばそうという手法です。

指標発表前に両建てを行う手法について、手順を説明していきます。

雇用統計など発表直後に大きな値動きがある指標を見つける
指標発表の数分前に、買い売り両方でエントリーを行う
発表後に片方のポジションをロスカット
その後、もう片方のポジションの利益が伸びたところで利益確定の決済を行う

以上が指標発表時に行う両建ての手順です。重要なポイントになるのはロスカットしてから利益を確定させるまでの見極めです。

これらのタイミングがうまくいかなければ、片方のポジションをロスカットした後、もう片方のポジションが反転してダブルロスカットという最悪の事態に陥ってしまう可能性もあります。

これを防ぐためには、発表直後に大きく動く指標を選ぶ必要があります。さらにロスカット水準や指値水準をあらかじめ決めておくとよいでしょう。

指標発表直後は瞬時の値動きが発生するため、特にロスカットは裁量での取引が困難になります。エントリー時には逆指値注文を入れておくことをお勧めします。

スワップポイントで稼ぐ
FXで安定的な利益を出す方法に、スワップポイントを得るというものがあります。スワップポイントとは、通貨間の金利差から生じるものです。低金利通貨を売って、高金利の通貨を買ってポジションを持ち続けることで、毎日ポイントを得ることができます。

一見すると安定的に稼げるスワップポイントですが、相場変動のリスクがあります。そこで、相場変動のリスクをゼロにするため両建てを行います。

ただし同一口座で両建てを行った場合、相場変動リスクは抑えることができるものの、金利差もゼロになってしまい受取れるスワップポイントが支払うスワップポイントによって相殺されてしまいます。

そこで、FX業者間でスワップポイントが異なるという性質を活かして、両建てを行う必要があります。

・買いポジション⇒スワップポイントが高いFX会社でエントリー
・売りポジション⇒スワップポイントが低いFX会社でエントリー

このような取引を行えば、結果としてスワップポイント受け取り額が支払い額を上回ります。

スワップ受け取り>スワップ支払い

このような関係が成り立てば、毎日安定的な利益を生み出すことができます。

海外FXと国内FXで両建てしやすいのは?
両建て取引に限らず、FXを行うときは国内FXか海外FXか迷う人も多いのではないでしょうか?最後に両建て取引しやすいのはどちらなのか考えてみます。

スプレッドでは国内FXの方が有利
スプレッドコストが通常取引の2倍になる両建て取引において、スプレッドの狭さはとても重要です。

そのスプレッド面では、国内FX業者に分があります。ドル円0.2pipsを実現しているFX業者も多く、両建て取引を行っても負担が少ないでしょう。

一方で海外FX業者のスプレッドは1pips以上の場合が多く、狭くても取引手数料がかかってしまうことがほとんどです。

スワップポイントは海外FXの方が有利
スワップポイントでは、海外FXの方が有利になります。これは国内FX業者では取り扱っていないような、スワップポイントの高いマイナー通貨ペアを保有できることが要因として挙げられます。

また、国内FX業者でも取り扱っているマイナー通貨ペアのスワップポイントを比べると、海外FX業者の方が高くなっています。

ヒロセ通商 XM Trading
米ドル/トルコリラ 約85円 約423円
※1万通貨運用のとき、1日に得られるスワップポイント

まとめ
今回は両建て取引について紹介しました。メリット・デメリット両面ありますが、トレード手法を広げるためには、挑戦してみる価値のある手法と言えるでしょう。

判断のタイミングが難しい面もあるので、「FX取引の初心者を卒業したかな」と感じた辺りから挑戦を考えてみると良いのではないでしょうか。

おすすめの記事