抜群の信頼を誇るFXCC

FXCCとは、2010年に創設された会社で本拠地はキプロスにあり、キプロスとバヌアツ共和国のライセンスを取得している、正式に認可された海外のFX業者です。 

  

多くの投資家から支持されている理由として、投資家が預けている資産の管理方法や補償内容などが手厚いということがあげられます。そういった部分の詳しいことは、後ほど説明していきます。 

  

これから利用するかどうかで悩んでいるという投資家の方がいれば、ぜひこの記事を参考にしてみてください。 

  

FXCCを利用するメリット 

世界中の投資家に愛されているFXCCですが、利用するうえでどのようなメリットがあるのでしょうか。実際にトレードをするうえで大事になるポイントがたくさんあるので、しっかりと説明していきます。 

  

①約定の速さと安定性 

FXCCは、約定の速さと安定性にも定評があります。取引方式には2種類あって、DD方式とNDD方式があります。 

  

DD方式 

この方式では、投資家とインターバンクとの間にFXディーラーが仲介に入ります。投資家の注文を受けてから、ディーラーが一度決済をしなければ約定が確定されないので、約定までに時間もかかりますし、ディーラー側が損をする場合には注文自体が拒否されてしまうことも少なくありません。 

  

この方式は、主に国内のFX業者が採用しています。 

  

NDD方式 

この方式は、投資家とインターバンクが直接取引をすることができるので、注文自体が拒否されることもありませんし、約定までのスピードも桁違いに早くなります。なにより、投資家とインターバンクの間に仲介が入らないので、取引自体に透明性があります。 

  

この方式は、主に海外のFX会社で採用されています。 

  

FXCCは、NDD方式を採用している可能性が非常に高いので、約定の速さと安定性に期待ができます。 

  

②スキャルピングでの取引が可能 

スキャルピングとは、短時間の間に売りと買いの注文を繰り返すテクニックのことです。DD方式を採用しているFX業者であれば、ディーラー側の処理が間に合わずフリーズの原因にもなるので、禁止されている場合もあります。 

  

FXCCの場合は、スキャルピング行為を禁止されていないので、少額のレバレッジでスキャルピングによるトレードがしたい投資家にとっては、とても良い会社であるといえます。 

  

③ゼロカットシステムと追証なし 

ゼロカットシステムとは、投資家がトレードで賭けた額以上の負債が発生したとしても、FX会社側がはみ出た損失に関しては負担し、トレーダーは借金を背負わずに済むというものです。 

  

追証なしとは、元手以上の負債が発生した場合に、そのはみ出した分の負債に関して追加で入金をしなくてもいいというものです。 

  

この2つのシステムがあれば、もし仮に投資家側が大きなレバレッジを賭けて負けてしまったとしても、借金を背負う可能性がないので、安心してトレードをすることができます。 

  

④信託保全制度を採用している 

信託保全とは、FX業者がなんらかの理由で倒産した場合に、投資家が預けている資産が戻ってくる保険のことです。 

  

この信託保全制度を採用しているFX業者は実はとても少ないです。FXCCは、20,000ユーロ(約2億円)までの信託保全を採用しているので、安心して利用することができます。 

  

FXCCを利用するうえでのデメリット 

FXCCを利用するうえでデメリットとなる部分は、はたしてどのようなものがあるのでしょうか。実際に利用するうえで大事なポイントになるのでご紹介します。 

  

①日本語でのサポートがない 

FXCCは日本語でのサポートがなく、すべて英語でのサポートなります。外国語に関してある程度の知識があり、問題なく利用できる投資家にとっては問題ありませんが、そうでない投資家にとっては非常に大きなハンディキャップになるかもしれません。 

  

海外のFX業者では、日本語でのサポートを提供している会社が多いので、そういったポイントに関しては大きなデメリットと言わざるをえません。 

  

②レバレッジ倍率があまり高くない 

日本人の投資家が海外のFX業者を利用する一番の理由は、大きなレバレッジでトレードができるという点だと思いますが、FXCCで賭けることのできるレバレッジは、最大でも300倍とあまり高くありません。 

  

レバレッジの高い会社であれば、FBSの3,000倍やGEMFOREXの1,000倍、XMの888倍などがありますが、そう考えるとFXCCのレバレッジ倍率が低いことがわかります。 

  

少ない資産から初めて大きな利益を得たい投資家にとっては、レバレッジとは大きな武器になります。ですが、FXCCの場合はその武器がすこし頼りないので、少ないレバレッジでコツコツと勝ちを積み重ねなければいけません。なので、一攫千金を狙うことは難しいでしょう。 

  

FXCCのボーナス制度 

FXCCが投資家に対して提供しているボーナスは、200%デポジットボーナスというものです。このボーナスは、口座を開設して実際に取引を開始した時に、最大200%の金額をもらうことができて、上限は10,000ドルまでもらうことができるので、日本円に換算すると、およそ100万円までのボーナスを受け取ることができるということです。 

  

時期によっては、このほかにも魅力的なボーナスを開催していることもあるので、しっかりとチェックしておきましょう。 

  

FXCCのライセンスと信頼性 

FXCCは、しっかりとしたライセンスを取得して、FX会社として活動することを正式に認可されたFX業者です。 

  

会社名 所在地 登録番号
Central Clearing Ltd バヌアツ共和国 14576
FX Central Clearing Ltd キプロス HE258741

  

どちらもしっかりとしたライセンスで、公式に認可されているものです。 

  

バヌアツ共和国のライセンスは、現状取得している会社は3社のみとされていて、比較的マイナーなライセンスです。審査基準もあまり高くないので、ライセンス自体の信頼はあまり高いとはいえません。 

  

キプロスのライセンスに関しては、FCAと同様にとても審査基準が設けられており、資本金や資産の管理状況を登録前に細かくチェックされます。このような難関のライセンスを取得している会社は、海外のFX業者の中でも少ないので、その点はかなり評価できると思います。 

  

FXCCが選ばれる理由 

FXCCが多くの投資家に愛されている理由は、どのようなものがあるのでしょうか。そのポイントを考察してみたので項目に分けて説明します。 

  

①信頼性の高いライセンスの所有 

FXCCが選ばれる理由の大きな部分は、ライセンスの所有と会社としての信頼性の高さにあります。FX会社は大きな金額を扱うので、お金の管理などに関しては注目されてしまうのは当然です。 

  

その点において、FXCCはしっかりとライセンスを取得して実績を作っているので安心できます。 

  

②約定の速さと安定性 

NDD方式を採用したことによって、国内のFX会社にはない約定までの速さと安定性を実現しています。たとえ絶好のタイミングで注文をしたとしても、その注文自体がディーラー側の都合で拒否されてしまっては、たまったものではありません。 

  

③スキャルピングを利用しての取引が可能 

多くのFX会社で利用を禁止されているスキャルピング行為ですが、FXCCの場合は禁止されていません。なので、300倍というあまり大きくないレバレッジでも、しっかりと勝ちを積み重ねることで大きな利益を手に入れることは可能です。 

  

まとめ 

FXCCは、なんといっても会社としての信頼性の高さと、NDD方式を採用したことで実現した透明性の高さが大きなポイントだと思います。 

  

日本語でのサポートを受けることができないのは大きなマイナスポイントですが、英語に関しての知識がある人にとっては、十分利用する価値のある会社であるといえます。 

  

信頼できるFX業者がいいというトレーダーの方がいれば、ぜひFXCCをおすすめします。 

 

FXCCの関連記事
おすすめの記事